23 Folgen

FMラジオJ-WAVE(81.3FM)にてオンエア中の『TAKRAM RADIO』ポットキャスト版!(J-WAVEでは毎週木曜日 深夜2時30分On Air!)東京とロンドンを拠点に、人工衛星から和菓子まで 幅広くものづくりに取り組むデザインファームTakramの渡邉康太郎が、 毎月様々なゲストを迎えてトークセッション。 そこで生まれたアイディアやインスピレーションをもとに Takramが「カタチ」にして発信する、創造的・実験的なプログラムです。ポッドキャストではゲストとのトークセッションをノーカットでお届けします。

TAKRAM RADIO PODCAST J-WAVE

    • Philosophie

FMラジオJ-WAVE(81.3FM)にてオンエア中の『TAKRAM RADIO』ポットキャスト版!(J-WAVEでは毎週木曜日 深夜2時30分On Air!)東京とロンドンを拠点に、人工衛星から和菓子まで 幅広くものづくりに取り組むデザインファームTakramの渡邉康太郎が、 毎月様々なゲストを迎えてトークセッション。 そこで生まれたアイディアやインスピレーションをもとに Takramが「カタチ」にして発信する、創造的・実験的なプログラムです。ポッドキャストではゲストとのトークセッションをノーカットでお届けします。

    Vol.23 現代美術家から学ぶメディアを超える表現

    Vol.23 現代美術家から学ぶメディアを超える表現

    渡邉が敬愛する現代美術家:杉本博司さんと行ったトークイベントの模様を交えながら 「現代美術家から学ぶメディアを超える表現 」をテーマにトークセッションを展開します。

    <ゲストプロフィール>
    杉本博司(スギモト・ヒロシ)
    現代美術家
    1948年生まれ。1970年渡米後、1974年よりニューヨークと日本を行き来しながら制作を続ける。代表作に「海景」、「劇場」シリーズがある。 2008年に建築設計事務所「新素材研究所」 、2017年には構想から10年をかけて建設された文化施設「小田原文化財団 江之浦測候所」を開設。演出と空間を手掛けた『At the Hawkʼs Well / 鷹の井戸』を2019年秋にパリ・オペラ座にて上演。著書に『苔のむすまで』、『現な像』、『アートの起源』など。2001年ハッセルブラッド国際写真 賞、2009年高松宮殿下記念世界文化賞(絵画部門)受賞、2010年秋の紫綬褒章受章、2013年フランス芸術文化勲章オフィシエ叙勲。2017年文化功労者に選出。

    Vol.22 TakramのブランドデザインとJ-WAVE

    Vol.22 TakramのブランドデザインとJ-WAVE

    Takramメンバーでリードデザイナーの弓場太郎さんを迎えて「TakramのブランドデザインとJ-WAVE」 をテーマにトークセッションを展開します。

    <ゲストプロフィール>
    弓場太郎(ユミバ・タロウ)
    Takramリードデザイナー
    ロードアイランド・スクール・オブ・デザインを卒業後、 デザインスタジオ「tha ltd.」を経て、 2015年からTakramに参加。 ブランディングを中心としながら、CIデザイン、WebサイトやアプリのUI/UX、映像や誌面の制作などにも広く携わる。 主な仕事に、日本経済新聞社のブランディングのアートディレクション、 コーポレートロゴ、題字デザインや、経済産業省選定の「地域未来牽引企業」、帝国データバンクのデータベースを用いて可視化をするウェブサイト 「LEDIX(レディックス)」の制作、メルカリのコーポレートロゴ制作、 コーポレート書体のディレクションなどがある。

    Vol.21 未来を覗き見する「文化人類学」と「発酵」をめぐる旅

    Vol.21 未来を覗き見する「文化人類学」と「発酵」をめぐる旅

    発酵デザイナーの小倉ヒラクさんを迎えて 「未来を覗き見する『文化人類学』と『発酵』の力」「発酵をめぐる地球の旅・出版の旅」をテーマにトークセッションを展開します。

    <ゲストプロフィール>
    小倉ヒラク(オグラ・ヒラク)
    発酵デザイナー。1983年、東京生まれ。
    「見えない発酵菌たちのはたらきを、デザインを通して見えるようにする」ことを目指し、全国の醸造家や研究者たちと発酵・微生物をテーマにしたプロジェクトを展開。 東京農業大学で研究生として発酵学を学んだ後、山梨の山の上に発酵ラボをつくり 日々菌を育てながら微生物の世界を探求している。 アニメ『てまえみそのうた』でグッドデザイン賞2014を受賞。 著書に10数年の活動の集大成である書籍『発酵文化人類学』などがある。

    Vol.20 ウェルビーイングと2020年の教育

    Vol.20 ウェルビーイングと2020年の教育

    慶應義塾大学SFC特別招聘教授であり楽天株式会社の常務執行役員兼チーフ・ウェルビーイング・オフィサー(CWO)小林正忠さんを迎えて 「ウェルビーイングと2020年の教育」をテーマにトークセッションを展開します。

    <ゲストプロフィール>
    小林正忠(コバヤシ・セイチュウ)
    1994年、慶應義塾大学SFCを第1期生として卒業。
    1997年、創業メンバーとして楽天に参画し、ショッピングモール事業責任者を務める。
    営業本部、大阪支社、マーケティング部門、国際事業等の立ち上げを行う過程で、
    6人の日本人組織が20,000人に拡大し、80ヶ国を超える多国籍の人財を有し、
    国内18支社のみならず世界30の国と地域に拠点を展開した際のマネジメントの 手法の違いを体験。
    2012年4月よりアメリカ本社社長、 2014年よりシンガポールへ移住しアジア本社社長を歴任。
    現在は人々を幸せにする役割を担う「CWO:チーフ・ウェルビーイング・オフィサー」 を務める。
    また、母校の慶應義塾大学に「正忠奨学金」を創設するなど、 若者の育成にも力を入れている。

    Vol.19 日本ならではのD2Cとその未来

    Vol.19 日本ならではのD2Cとその未来

    Takramディレクターでビジネスデザイナーの佐々木康裕さんを迎えて「日本ならではのD2Cとその未来」をテーマにトークセッションを展開します。

    <ゲストプロフィール>
    佐々木 康裕 (ササキ・ヤスヒロ)
    Takram ディレクター / ビジネスデザイナー
    クリエイティブとビジネスを越境するビジネスデザイナー。ユーザリサーチから、コンセプト立案、エクスペリエンス設計、ビジネスモデル設計を手掛ける。デザイン思考に加え、認知心理学やシステム思考を組み合わせた領域横断的なコンサルティングプロジェクトを展開。 Takram参画以前は、総合商社でベンチャー企業との事業立ち上げ等を担当。経済産業省では、Big dataやIoT等に関するイノベーション政策の立案を担当。 早稲田大学政治経済学部卒業。イリノイ工科大学Institute of Design修士課程(Master of Design Method)修了。
    初の著書『D2C「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略』(NewsPicksパブリッシング)が2020年1月10日に発売予定。

    Vol.18 ファッションD2Cとサステナビリティ

    Vol.18 ファッションD2Cとサステナビリティ

    ビジネスウェアのカスタムオーダーサービスを行うFABRIC TOKYO代表の森雄一郎さんを迎えて「招待制D2Cブランドとコンテクストデザインの共通点」「ファッションD2Cがサステナビリティに取り組む理由」をテーマにトークセッションを展開します。

    <ゲストプロフィール>
    森 雄一郎(モリ・ユウイチロウ)
    株式会社FABRIC TOKYOの代表取締役社長
    1986年、岡山県出身。 国立香川大学・工学部在学中、国内外コレクションのメディアを立ち上げる。 卒業後、ファッションプロデュース企業で大手アパレル企業や海外ブランドの コンサルティング・プロデュースに従事。その後、ベンチャー業界へ転向。 不動産ベンチャー「ソーシャルアパートメント」の新規プロジェクトを担当 したほか、フリマアプリ「メルカリ」の創業期に参画し、事業開発に携わる。 2012年株式会社FABRIC TOKYOを創業。 2014年2月にカスタムオーダーのファッションレーベル 「FABRIC TOKYO」をリリース。

Top‑Podcasts in Philosophie

Zuhörer haben auch Folgendes abonniert: