25 Min.

アブラムの救いから日本の福音宣教を考え‪る‬ Kobe Haruki

    • Christentum

みなさんこんにちは。本日は、死後の魂について、そして私達の務めについて、アブラムの救いを確認しながらお話させていただいておきたいと思います。
正しい福音を確実に聞いたことがあったかどうか分からず、ですので福音に対して信じる応答をできたのか、信じなかったのか、そもそも福音を聞かずして亡くなられたのか、そのような方々の魂の行き先がどうなったのか、私たちは、安易に論じることができないのではないかなあ、と僕は思っています。
というのは、福音を信じなくて旅立たれたように見える方がいたとしても、神様は、人に直接啓示を与えることができるので、その方が死ぬ1秒前にその啓示によって信仰を持つことだってあり得ると思うんですね。だから、最終的にどうなったかは天国に行かないと分からない。ですので、僕たちは断定的に魂の行き先を論じることはできないんじゃないかなあというのが僕の立場なんですね。
私たちが天国に行った時、思いがけない人に再会できる可能性があると思うんですね。え?いつの間に信じてたの?って。
だから、出会った全ての人の救いのために祈っていくということは、とても大切なことなのではないかなと思うんですね。
一方、信仰を持った者としての務めは、あらゆる人に正しい福音をのべ伝えていくことだと思うんですね。そのために私たちは、周りの家族や友人より先に救われたんじゃないでしょうか?
あらゆる人に正しい福音を宣べ伝えるという言い方をしているのは、未信者の方だけでなく、信者と思われている方に対しても正しい福音を宣べ伝えていく必要があるのではと私は思っているんですね。
それには2つ理由があって、1つは、正しい福音を聞いて信じてその人は救われていても、その人が必ずしも正しい福音のバトンパスができるとは限らないから、正しい福音、正しい救いの教理を確認することは非常に大事なのではないかなと思うからなんですね。
もう1つは、自分は洗礼も受けたしクリスチャンだと思っていたのに、死んでみるとそこは天国じゃなかった、という方がめちゃめちゃたくさんいる可能性があると僕は思うからなんですね。
救いにおいて重要なことは、洗礼を受けたかどうかではないんです。神様を信じたかどうかでもないんです。
キリストが私たちの罪のために死なれて、葬られて、3日目によみがえられ、今も生きておられるそのような救い主なるお方だと信頼するかどうかが救いの分かれ道なんですね。
つまり、ただ単に神を信じるとかではなくて、キリストが何をされたどのようなお方なんだという信仰の内容があるということが重要なんですね。キリスト教でいう救いに至るためには、救いに至るための信仰の内容が必要なんですね。
言葉が悪くて申し訳ないですが、内容のない信仰のことは妄信とか、狂信と言うんですね。
聖書信仰というのは、聖書の1巻目の創世記から始まって、常に信仰には内容があるんですね。内容とは神様の言葉です。
例えば、アブラハムが、名前がアブラムだった当時、創世記15章の話です。15章の5ー6節で、天のパパに数えきれない満天の星空の下に連れて行かれて、空の星の数のようにあなたの子孫を増やすという

みなさんこんにちは。本日は、死後の魂について、そして私達の務めについて、アブラムの救いを確認しながらお話させていただいておきたいと思います。
正しい福音を確実に聞いたことがあったかどうか分からず、ですので福音に対して信じる応答をできたのか、信じなかったのか、そもそも福音を聞かずして亡くなられたのか、そのような方々の魂の行き先がどうなったのか、私たちは、安易に論じることができないのではないかなあ、と僕は思っています。
というのは、福音を信じなくて旅立たれたように見える方がいたとしても、神様は、人に直接啓示を与えることができるので、その方が死ぬ1秒前にその啓示によって信仰を持つことだってあり得ると思うんですね。だから、最終的にどうなったかは天国に行かないと分からない。ですので、僕たちは断定的に魂の行き先を論じることはできないんじゃないかなあというのが僕の立場なんですね。
私たちが天国に行った時、思いがけない人に再会できる可能性があると思うんですね。え?いつの間に信じてたの?って。
だから、出会った全ての人の救いのために祈っていくということは、とても大切なことなのではないかなと思うんですね。
一方、信仰を持った者としての務めは、あらゆる人に正しい福音をのべ伝えていくことだと思うんですね。そのために私たちは、周りの家族や友人より先に救われたんじゃないでしょうか?
あらゆる人に正しい福音を宣べ伝えるという言い方をしているのは、未信者の方だけでなく、信者と思われている方に対しても正しい福音を宣べ伝えていく必要があるのではと私は思っているんですね。
それには2つ理由があって、1つは、正しい福音を聞いて信じてその人は救われていても、その人が必ずしも正しい福音のバトンパスができるとは限らないから、正しい福音、正しい救いの教理を確認することは非常に大事なのではないかなと思うからなんですね。
もう1つは、自分は洗礼も受けたしクリスチャンだと思っていたのに、死んでみるとそこは天国じゃなかった、という方がめちゃめちゃたくさんいる可能性があると僕は思うからなんですね。
救いにおいて重要なことは、洗礼を受けたかどうかではないんです。神様を信じたかどうかでもないんです。
キリストが私たちの罪のために死なれて、葬られて、3日目によみがえられ、今も生きておられるそのような救い主なるお方だと信頼するかどうかが救いの分かれ道なんですね。
つまり、ただ単に神を信じるとかではなくて、キリストが何をされたどのようなお方なんだという信仰の内容があるということが重要なんですね。キリスト教でいう救いに至るためには、救いに至るための信仰の内容が必要なんですね。
言葉が悪くて申し訳ないですが、内容のない信仰のことは妄信とか、狂信と言うんですね。
聖書信仰というのは、聖書の1巻目の創世記から始まって、常に信仰には内容があるんですね。内容とは神様の言葉です。
例えば、アブラハムが、名前がアブラムだった当時、創世記15章の話です。15章の5ー6節で、天のパパに数えきれない満天の星空の下に連れて行かれて、空の星の数のようにあなたの子孫を増やすという

25 Min.

Top‑Podcasts in Christentum