直木賞作家・馳星周 第3回 未来授業 Vol.1900 未来授業

    • Courses

今週の講師は、小説家の馳星周さん。

小説「少年と犬」で、第163回直木賞を受賞しました。



馳さんは、北海道浦河町の出身です。

学生時代は、新宿ゴールデン街の文学好きが集うバーでアルバイト。



大学卒業後は、編集者やゲームライターを経験し、

その後、1996年、31歳のときに、

「不夜城」で小説家デビューしました。



未来授業3時間目、

テーマは『不夜城の枷、小説家として生きるということ』





◆馳星周(はせ・せいしゅう)

1965年、北海道生まれ。

横浜市立大学卒業。出版社勤務、書評家などを経て、96年『不夜城』で小説家デビュー。

同作で吉川英治文学新人賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。

98年『鎮魂歌 不夜城2』で日本推理作家協会賞、

99年『漂流街』で大藪春彦賞受賞する日本を代表する作家。

2020年「少年と犬」で直木賞を初受賞。

人生の無常と犬の神秘性を描く感動作。

今週の講師は、小説家の馳星周さん。

小説「少年と犬」で、第163回直木賞を受賞しました。



馳さんは、北海道浦河町の出身です。

学生時代は、新宿ゴールデン街の文学好きが集うバーでアルバイト。



大学卒業後は、編集者やゲームライターを経験し、

その後、1996年、31歳のときに、

「不夜城」で小説家デビューしました。



未来授業3時間目、

テーマは『不夜城の枷、小説家として生きるということ』





◆馳星周(はせ・せいしゅう)

1965年、北海道生まれ。

横浜市立大学卒業。出版社勤務、書評家などを経て、96年『不夜城』で小説家デビュー。

同作で吉川英治文学新人賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。

98年『鎮魂歌 不夜城2』で日本推理作家協会賞、

99年『漂流街』で大藪春彦賞受賞する日本を代表する作家。

2020年「少年と犬」で直木賞を初受賞。

人生の無常と犬の神秘性を描く感動作。

Top Podcasts In Courses

More by TOKYO FM