30 集

東京大学学術俯瞰講義 2009 「死すべきものとしての人間」 この講義では、哲学・宗教・文芸等において「生と死の思想」がどのように展開してきたか、主として西洋を素材として考察する。それは、死をめぐる現代の論議の背景を照らし出すことにもなる。そこからさらに、日本文化を背景とする者として、自らの死生観を省み、育てていくための手がかりを得ていただくことを願っている。

「死すべきものとしての人間」—学術俯瞰講義2009 The University of Tokyo

    • 哲學

東京大学学術俯瞰講義 2009 「死すべきものとしての人間」 この講義では、哲学・宗教・文芸等において「生と死の思想」がどのように展開してきたか、主として西洋を素材として考察する。それは、死をめぐる現代の論議の背景を照らし出すことにもなる。そこからさらに、日本文化を背景とする者として、自らの死生観を省み、育てていくための手がかりを得ていただくことを願っている。

    • video
    第1回(1):島薗 進/村松 眞理子 「宗教学の革新、死生学の創生をリードする/イタリア中世か

    第1回(1):島薗 進/村松 眞理子 「宗教学の革新、死生学の創生をリードする/イタリア中世か

    現代人と死生観――死生学とは何か? 死生学は1970年頃から世界各地でその必要性が認識されてきたものだ。死を問うこと、死生を問うことが学問の課題と考えられるようになったのは、なぜだろうか。現代人は死を遠ざける傾向があると言われるが、それはどのような意味においてか。現代人は、どのようにして死とともに生きる姿勢をとりもどすことができるのだろうか。

    • 17 分鐘
    • video
    第1回(2):島薗 進/村松 眞理子 「宗教学の革新、死生学の創生をリードする/イタリア中世か

    第1回(2):島薗 進/村松 眞理子 「宗教学の革新、死生学の創生をリードする/イタリア中世か

    現代人と死生観――死生学とは何か? 死生学は1970年頃から世界各地でその必要性が認識されてきたものだ。死を問うこと、死生を問うことが学問の課題と考えられるようになったのは、なぜだろうか。現代人は死を遠ざける傾向があると言われるが、それはどのような意味においてか。現代人は、どのようにして死とともに生きる姿勢をとりもどすことができるのだろうか。

    • 17 分鐘
    • video
    第1回(3):島薗 進/村松 眞理子 「宗教学の革新、死生学の創生をリードする/イタリア中世か

    第1回(3):島薗 進/村松 眞理子 「宗教学の革新、死生学の創生をリードする/イタリア中世か

    現代人と死生観――死生学とは何か? 死生学は1970年頃から世界各地でその必要性が認識されてきたものだ。死を問うこと、死生を問うことが学問の課題と考えられるようになったのは、なぜだろうか。現代人は死を遠ざける傾向があると言われるが、それはどのような意味においてか。現代人は、どのようにして死とともに生きる姿勢をとりもどすことができるのだろうか。

    • 17 分鐘
    • video
    第1回(4):島薗 進/村松 眞理子 「宗教学の革新、死生学の創生をリードする/イタリア中世か

    第1回(4):島薗 進/村松 眞理子 「宗教学の革新、死生学の創生をリードする/イタリア中世か

    現代人と死生観――死生学とは何か? 死生学は1970年頃から世界各地でその必要性が認識されてきたものだ。死を問うこと、死生を問うことが学問の課題と考えられるようになったのは、なぜだろうか。現代人は死を遠ざける傾向があると言われるが、それはどのような意味においてか。現代人は、どのようにして死とともに生きる姿勢をとりもどすことができるのだろうか。

    • 17 分鐘
    • video
    第1回(5):島薗 進/村松 眞理子 「宗教学の革新、死生学の創生をリードする/イタリア中世か

    第1回(5):島薗 進/村松 眞理子 「宗教学の革新、死生学の創生をリードする/イタリア中世か

    現代人と死生観――死生学とは何か? 死生学は1970年頃から世界各地でその必要性が認識されてきたものだ。死を問うこと、死生を問うことが学問の課題と考えられるようになったのは、なぜだろうか。現代人は死を遠ざける傾向があると言われるが、それはどのような意味においてか。現代人は、どのようにして死とともに生きる姿勢をとりもどすことができるのだろうか。

    • 16 分鐘
    • video
    第2回(1):島薗 進/村松 眞理子 「宗教学の革新、死生学の創生をリードする/イタリア中世か

    第2回(1):島薗 進/村松 眞理子 「宗教学の革新、死生学の創生をリードする/イタリア中世か

    生と死の思想――その多様性と相互理解 生と死は表裏一体のものだ。死を適切に受け止めることができてこそ、充実した生を送ることができるだろう。だからこそ、諸文化において「生と死の思想」は豊かに展開されてきた。西洋の死生観の伝統を学ぶに先立ち、死生観をめぐり文化間の相違がどのように意識されるのか、また異文化の死生観に学ぶとはどのようなことなのかについて考える。

    • 17 分鐘

關於哲學的熱門 Podcast

聽眾還訂閱了

The University of Tokyo的更多節目