17 episodes

東京大学学術俯瞰講義 2006 「学問と人間」 この講義は、「学術俯瞰講義」シリーズのひとつとして、人文・社会・心理の分野、とりわけ思想・宗教や学問論の分野において広い視野をもった本学関係者が講師を担当します。

「学問と人間」—学術俯瞰講義2006 The University of Tokyo

    • Philosophy

東京大学学術俯瞰講義 2006 「学問と人間」 この講義は、「学術俯瞰講義」シリーズのひとつとして、人文・社会・心理の分野、とりわけ思想・宗教や学問論の分野において広い視野をもった本学関係者が講師を担当します。

    • video
    第1回(1):佐伯胖「人間を科学する」

    第1回(1):佐伯胖「人間を科学する」

    「心」の科学は可能か 人間を科学的に探求するということについて、20世紀初めには物理学をモデルにして心理学が生まれたが、認知心理学、認知科学に発展する中で、コンピュータ科学や人類学、社会学などを取り込み、しだいに状況論的・関係論的視点を取り入れるにいたってきた経緯を解説する。最後に、ヒトを「ヒトとして見る」ことの意味を考える。 全5回の配信を行います。

    • 15 min
    • video
    第1回(2):佐伯胖「人間を科学する」

    第1回(2):佐伯胖「人間を科学する」

    「心」の科学は可能か 人間を科学的に探求するということについて、20世紀初めには物理学をモデルにして心理学が生まれたが、認知心理学、認知科学に発展する中で、コンピュータ科学や人類学、社会学などを取り込み、しだいに状況論的・関係論的視点を取り入れるにいたってきた経緯を解説する。最後に、ヒトを「ヒトとして見る」ことの意味を考える。 全5回の配信を行います。

    • 14 min
    • video
    第1回(3):佐伯胖「人間を科学する」

    第1回(3):佐伯胖「人間を科学する」

    「心」の科学は可能か 人間を科学的に探求するということについて、20世紀初めには物理学をモデルにして心理学が生まれたが、認知心理学、認知科学に発展する中で、コンピュータ科学や人類学、社会学などを取り込み、しだいに状況論的・関係論的視点を取り入れるにいたってきた経緯を解説する。最後に、ヒトを「ヒトとして見る」ことの意味を考える。 全5回の配信を行います。

    • 15 min
    • video
    第1回(4):佐伯胖「人間を科学する」

    第1回(4):佐伯胖「人間を科学する」

    「心」の科学は可能か 人間を科学的に探求するということについて、20世紀初めには物理学をモデルにして心理学が生まれたが、認知心理学、認知科学に発展する中で、コンピュータ科学や人類学、社会学などを取り込み、しだいに状況論的・関係論的視点を取り入れるにいたってきた経緯を解説する。最後に、ヒトを「ヒトとして見る」ことの意味を考える。 全5回の配信を行います。

    • 14 min
    • video
    第1回(5):佐伯胖「人間を科学する」

    第1回(5):佐伯胖「人間を科学する」

    「心」の科学は可能か 人間を科学的に探求するということについて、20世紀初めには物理学をモデルにして心理学が生まれたが、認知心理学、認知科学に発展する中で、コンピュータ科学や人類学、社会学などを取り込み、しだいに状況論的・関係論的視点を取り入れるにいたってきた経緯を解説する。最後に、ヒトを「ヒトとして見る」ことの意味を考える。 全5回の配信を行います。

    • 17 min
    • video
    第2回(1):佐伯胖「人間を科学する」

    第2回(1):佐伯胖「人間を科学する」

    人間を「関係」の中で見る 人間を科学的に探求するということについて、20世紀初めには物理学をモデルにして心理学が生まれたが、認知心理学、認知科学に発展する中で、コンピュータ科学や人類学、社会学などを取り込み、しだいに状況論的・関係論的視点を取り入れるにいたってきた経緯を解説する。最後に、ヒトを「ヒトとして見る」ことの意味を考える。 全6回の配信を行います。

    • 17 min

Top Podcasts In Philosophy

Listeners Also Subscribed To

More by The University of Tokyo