35 episodes

東京大学学術俯瞰講義 2007 「社会から見たサステナビリティ」 人類社会・人類文明のサステナビリティ(持続可能性)について私たちが真剣に考えるようになってから、まだ1世代ほどしか経っていない。1972年、国連人間環境会議が開かれ、環境汚染の問題を中心に議論がなされ、「かけがえのない地球」が人類共有財産であることが謳われた。同じ年には『成長の限界』が刊行されている。こうして、無限の発展の可能性は否定され、「持続可能な開発」が大きな課題として浮かび上がり、92年には国連環境開発会議(地球環境サミット)が開かれた。 目をマクロな地球からミクロな人間に転じると、開発から取り残された人々は貧困に苦しんでいるだけでなく、生命や尊厳が脅かされる極限的状況に置かれている。個々人の開発(発展)を実現する方策として、1994年「人間の安全保障」が提唱された。そして、開発(貧困からの脱却)と平和(紛争や抑圧からの自由)とが結びつけられ、「持続可能な平和」も大きな課題として認識されるようになった。さらには、重大な人権侵害に対しては「保護する責任」も謳われるようになった。今や、サステナビリティの問題は一人ひとりの人間にとっての平和・開発・人権の問題として私たちの前に横たわっているのである。 本講義では、従来は地球環境問題として捉えられてきた「サステナビリティ」を、人類社会にとっての基本的・本質的な将来テーマとして捉え直し、「持続可能な開発」、「持続可能な平和」そして国際人権保障の観点から、「新しい社会と学問との関わり方」について俯瞰する。

「社会から見たサステナビリティ」—学術俯瞰講義2007 The University of Tokyo

    • Philosophy

東京大学学術俯瞰講義 2007 「社会から見たサステナビリティ」 人類社会・人類文明のサステナビリティ(持続可能性)について私たちが真剣に考えるようになってから、まだ1世代ほどしか経っていない。1972年、国連人間環境会議が開かれ、環境汚染の問題を中心に議論がなされ、「かけがえのない地球」が人類共有財産であることが謳われた。同じ年には『成長の限界』が刊行されている。こうして、無限の発展の可能性は否定され、「持続可能な開発」が大きな課題として浮かび上がり、92年には国連環境開発会議(地球環境サミット)が開かれた。 目をマクロな地球からミクロな人間に転じると、開発から取り残された人々は貧困に苦しんでいるだけでなく、生命や尊厳が脅かされる極限的状況に置かれている。個々人の開発(発展)を実現する方策として、1994年「人間の安全保障」が提唱された。そして、開発(貧困からの脱却)と平和(紛争や抑圧からの自由)とが結びつけられ、「持続可能な平和」も大きな課題として認識されるようになった。さらには、重大な人権侵害に対しては「保護する責任」も謳われるようになった。今や、サステナビリティの問題は一人ひとりの人間にとっての平和・開発・人権の問題として私たちの前に横たわっているのである。 本講義では、従来は地球環境問題として捉えられてきた「サステナビリティ」を、人類社会にとっての基本的・本質的な将来テーマとして捉え直し、「持続可能な開発」、「持続可能な平和」そして国際人権保障の観点から、「新しい社会と学問との関わり方」について俯瞰する。

    • video
    第2回(1):佐藤 安信「持続可能な平和の課題」

    第2回(1):佐藤 安信「持続可能な平和の課題」

    「人間の安全保障」と平和構築 国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)人権担当官としての体験を交えて、人間の安全保障と平和構築の学術上の位置づけを俯瞰し、その両概念の出自、発展、関係の理論的な背景を具体的な事例を示しながら議論する。また、人間の安全保障概念による平和と開発を、包括的統合的に研究する新たな平和構築研究のパラダイムを提案する。特に、その核としての人権・難民研究に光を当て、研究と実務の循環型の実践研究を提唱する。実務者などを招き、現在進行形の平和構築支援のあり方について、国際機関や政府、企業、大学のそれぞれのアプローチの可能性と課題を検討、討論する。

    • 16 min
    • video
    第2回(2):佐藤 安信「持続可能な平和の課題」

    第2回(2):佐藤 安信「持続可能な平和の課題」

    「人間の安全保障」と平和構築 国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)人権担当官としての体験を交えて、人間の安全保障と平和構築の学術上の位置づけを俯瞰し、その両概念の出自、発展、関係の理論的な背景を具体的な事例を示しながら議論する。また、人間の安全保障概念による平和と開発を、包括的統合的に研究する新たな平和構築研究のパラダイムを提案する。特に、その核としての人権・難民研究に光を当て、研究と実務の循環型の実践研究を提唱する。実務者などを招き、現在進行形の平和構築支援のあり方について、国際機関や政府、企業、大学のそれぞれのアプローチの可能性と課題を検討、討論する。

    • 14 min
    • video
    第2回(3):佐藤 安信「持続可能な平和の課題」

    第2回(3):佐藤 安信「持続可能な平和の課題」

    「人間の安全保障」と平和構築 国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)人権担当官としての体験を交えて、人間の安全保障と平和構築の学術上の位置づけを俯瞰し、その両概念の出自、発展、関係の理論的な背景を具体的な事例を示しながら議論する。また、人間の安全保障概念による平和と開発を、包括的統合的に研究する新たな平和構築研究のパラダイムを提案する。特に、その核としての人権・難民研究に光を当て、研究と実務の循環型の実践研究を提唱する。実務者などを招き、現在進行形の平和構築支援のあり方について、国際機関や政府、企業、大学のそれぞれのアプローチの可能性と課題を検討、討論する。

    • 14 min
    • video
    第2回(4):佐藤 安信「持続可能な平和の課題」

    第2回(4):佐藤 安信「持続可能な平和の課題」

    「人間の安全保障」と平和構築 国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)人権担当官としての体験を交えて、人間の安全保障と平和構築の学術上の位置づけを俯瞰し、その両概念の出自、発展、関係の理論的な背景を具体的な事例を示しながら議論する。また、人間の安全保障概念による平和と開発を、包括的統合的に研究する新たな平和構築研究のパラダイムを提案する。特に、その核としての人権・難民研究に光を当て、研究と実務の循環型の実践研究を提唱する。実務者などを招き、現在進行形の平和構築支援のあり方について、国際機関や政府、企業、大学のそれぞれのアプローチの可能性と課題を検討、討論する。

    • 16 min
    • video
    第2回(5):佐藤 安信「持続可能な平和の課題」

    第2回(5):佐藤 安信「持続可能な平和の課題」

    「人間の安全保障」と平和構築 国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)人権担当官としての体験を交えて、人間の安全保障と平和構築の学術上の位置づけを俯瞰し、その両概念の出自、発展、関係の理論的な背景を具体的な事例を示しながら議論する。また、人間の安全保障概念による平和と開発を、包括的統合的に研究する新たな平和構築研究のパラダイムを提案する。特に、その核としての人権・難民研究に光を当て、研究と実務の循環型の実践研究を提唱する。実務者などを招き、現在進行形の平和構築支援のあり方について、国際機関や政府、企業、大学のそれぞれのアプローチの可能性と課題を検討、討論する。

    • 14 min
    • video
    第2回(6):佐藤 安信「持続可能な平和の課題」

    第2回(6):佐藤 安信「持続可能な平和の課題」

    「人間の安全保障」と平和構築 国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)人権担当官としての体験を交えて、人間の安全保障と平和構築の学術上の位置づけを俯瞰し、その両概念の出自、発展、関係の理論的な背景を具体的な事例を示しながら議論する。また、人間の安全保障概念による平和と開発を、包括的統合的に研究する新たな平和構築研究のパラダイムを提案する。特に、その核としての人権・難民研究に光を当て、研究と実務の循環型の実践研究を提唱する。実務者などを招き、現在進行形の平和構築支援のあり方について、国際機関や政府、企業、大学のそれぞれのアプローチの可能性と課題を検討、討論する。

    • 19 min

Top Podcasts In Philosophy

More by The University of Tokyo