20エピソード

消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

オーディオドラマ「ライトハンド」 健介

    • 趣味

消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

    最終回

    最終回

    消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

    • 19分
    第19回

    第19回

    消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

    • 20分
    第18回

    第18回

    消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

    • 22分
    第17回

    第17回

    消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

    • 17分
    第16回

    第16回

    消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

    • 20分
    第15回

    第15回

    消すことの出来ない傷跡。ただ汚いばかりの現実。私は一人、安心出来る居場所を探していただけだった。行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。そう、彼と出逢うまでは。停止した思考。ただ過ぎゆくばかりの毎日。俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。そう、あいつと出逢うまでは。この出逢いが偶然なのか必然なのかなんて分からなかった。でもこれだけは分かる、二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。分かりたくて伝えたくて届けたくて。汚くて酷くて後悔して。嫌になって傷ついて失って。それでもやめることが出来なかった。二人の音が響きあうまでは。これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。

    • 16分

カスタマーレビュー

発達途中のキリン

良いぞ

感動ものだ!
いままでのとは、格が違う

中野のお兄ちゃん

最高に面白い

こんなに面白いオーディオドラマは初めてです。
ドキドキするしりほの揺れ動く感情が面白い!
三田はばかで愚かででも最高です
とにかく聴いてみて下さい!

野本翔平

リアルな表現

今までの作品と違って、表現が少し生々しいしリアルだと思う、しかしそれを音だけで感じられるこの作品は素晴らしいと思う。人間の喜怒哀楽も細かく表現されている。生々しい表現とは裏腹に恋愛場面はとてもきれいで純粋に描かれている。健介さんの作品は人間誰でも持っている心の闇を上手く表現し、そんなくせのある人々をどう変えていくか、その人間が変わっていくのを聴くのがとても楽しい。聴く時の自分の心の心境によっても登場人物の色々な人目線になれる。耳で聴くだけで頭の中で自分が描く登場人物や背景は人それぞれ違うというのもオーディオドラマの良いところだと思う。健介さんの新作に期待したい。

趣味のトップPodcast

他のリスナーはこちらのサブスクリプションにも登録しています

健介のその他の作品