169エピソード

この番組は、本を書きたい方、本を読むのが好きな方に向けてお届けしています。この番組を毎週聞くことによって、もしかしたらあなたは1年後、作家として本を書いて、出版デビューしているかもしれません。

また、本好きな方がますます本を好きになり、その輪が日本中に広まっていけばこんなに嬉しいことはありません。

この番組では、毎週1冊、おすすめの本を取り上げて内容について深くお話しします。あなたが本を書くときのテーマのヒントも、必ず見つかると思います。たった一度の人生です。ぜひ、作家デビューにチャレンジしてください。

◆インタビュアー:倉島麻帆 NHKなどフリーアナウンサーとして活動。 夫の失業が転機となり、スピーチコンサルタントに。話し方・コミュニケーション研修を全国で実施しており、個人レッスンも大好評。著書『引きつける話し方が身につく本』など多数あり。

ジャイアン吉田の「本を出して夢を叶える」 天才工場

    • ビジネス
    • 4.8 • 11件の評価

この番組は、本を書きたい方、本を読むのが好きな方に向けてお届けしています。この番組を毎週聞くことによって、もしかしたらあなたは1年後、作家として本を書いて、出版デビューしているかもしれません。

また、本好きな方がますます本を好きになり、その輪が日本中に広まっていけばこんなに嬉しいことはありません。

この番組では、毎週1冊、おすすめの本を取り上げて内容について深くお話しします。あなたが本を書くときのテーマのヒントも、必ず見つかると思います。たった一度の人生です。ぜひ、作家デビューにチャレンジしてください。

◆インタビュアー:倉島麻帆 NHKなどフリーアナウンサーとして活動。 夫の失業が転機となり、スピーチコンサルタントに。話し方・コミュニケーション研修を全国で実施しており、個人レッスンも大好評。著書『引きつける話し方が身につく本』など多数あり。

    第163回 ゆるヤセ(大上まりあ著)

    第163回 ゆるヤセ(大上まりあ著)

    著者はジャイアン出版塾7期生で、一般社団法人ヘルスアップダイエット協会の代表です。

    自身が1年半で20キロのダイエットに成功した経験から、ダイエットアドバイザーとしても活躍しています。

    今回、本書で著者が紹介しているのは、仕事をしながら、最低限のストレスで結果が出るダイエット法です。

    「ダイエットは辛い!」と思っていませんか?

    過度なダイエットはリバウンドのもとになります。

    1ヵ月に20キロも痩せたとしたら、体にもかなりの負担がかかります。

    著者の提案する「ゆるヤセメソッド」では、辛い運動や食事制限、面倒なカロリー計算もありません。

    体の仕組みやダイエットのメカニズムを生物学的観点から見つめ直し、わかりやすく説明しているため、この本を読めば、「魔法のように一気に」痩せることはできなくても、「健康的に、かつ当たり前に」痩せることができます。

    無理なダイエットは健康を阻害し、さらには、精神も疲弊させてしまいます。

    著者のメソッドは徹底的に読者に寄り添った内容となっており、今まで様々なダイエットに挑戦し、挫折してきた方でもがんばらずにゆるく続けることができます。

    日本中で健康や外見への意識が高まっている今、「痩せたい!でも時間もないし、辛い思いはしたくない!」そんな方にぴったりのこれまでにないダイエット本です。

    運動や食事制限による辛いダイエットにさよならしたい方は、ぜひポッドキャストを聞いてください。

    • 16分
    第162回 願いが叶う 幸せの小びんワーク(幸運しあわせ著)

    第162回 願いが叶う 幸せの小びんワーク(幸運しあわせ著)

    著者はジャイアン出版塾4期生で、その名の通り、願いを叶える方法を探求する幸せ研究家です。

    今回、本書で著者が紹介しているのは小びんを使って夢を叶える「小びんワーク」です。

    この「小びんワーク」ですが、方法は至って簡単です。

    お気に入りのガラスの小びんに嬉しいことや幸せなことなど、プラスのことを紙に書いて入れる、たったそれだけです。

    これは、引き寄せの法則の考え方が基になっており、同じエネルギーは引き寄せあうことから、「喜びの感情」が「喜べる出来事」をどんどん引き寄せてくれるのです。

    そんな簡単に願いが叶うの?と不思議に思うかもしれません。

    ですが、様々な心理学を研究した知識と、自身がこれまでのつらい人生を抜け出した経験から導き出された、確かなメソッドです。

    願いを叶えるために必要なものは「喜ぶ力」だと著者は言っています。

    きれいなガラスの小びんに嬉しいこと、楽しかったこと、あなたの喜びのエネルギーをどんどん貯めることで、本当に欲しいものが向こうから寄ってきます。

    叶えたい願いがある方、幸せな出来事を引き寄せたい方は、ぜひポッドキャストを聞いてください。

    • 15分
    第161回 えんとつ町のプペル(にしのあきひろ著)

    第161回 えんとつ町のプペル(にしのあきひろ著)

    著者はお笑いコンビ・キングコングとしてデビューし、作家としても活躍されている西野亮廣さんです。

    舞台は、周りを高い崖に囲まれたえんとつだらけの町。

    ある日、配達屋が落とした心臓から、ゴミ人間は生まれました。

    町はハロウィンの真っ只中、ゴミ人間は仮装した少年たちに人間ではないことが知られ、汚い言葉を浴びせられて、追い出されてしまいます。

    一人ぼっちになってしまったゴミ人間は、えんとつ掃除屋の少年・ルビッチと出会います。

    名前の無いゴミ人間に、なんだか懐かしさを感じたルビッチは彼を「ハロウィン・プぺル」と名付け、二人は毎日遊び、絆を深めていきました。

    そんな中、死んでしまったお父さんが話していた、煙だらけのこの町では見えない「ホシ」の存在を信じるルビッチに、プペルがあることを思いつき、物語は動き出します。

    本書は、内容が無料公開されたことでも話題となりました。

    「周りと違う」ことで迫害されてしまったプペルと、周りの意見に流されながらも、自分を信じたいという気持ちの間で揺れるルビッチの切なくも温かい物語です。

    また、この作品は絵と脚本を完全分業制で制作しており、35人もの作家さんが関わっているそうです。

    ストーリーはもちろん、たくさんの方が心を込めて描いたイラストや背景の美しさも見どころです。

    大ヒットを生み出すことが難しい絵本業界でベストセラーを叩き出したこの本について知りたい方は、ぜひポッドキャストを聞いてください。

    • 15分
    第160回 日本村100人の仲間たち -The HOPE-(吉田浩著)

    第160回 日本村100人の仲間たち -The HOPE-(吉田浩著)

    今回紹介する書籍は、天才工場吉田浩の新作童話です。

    2002年に出版し、45万部突破のベストセラーとなった『日本村100人の仲間たち』の次回作として、『日本村100人の仲間たち-TheHOPE-』を今年8月4日に出版しました。

    現在も世界に大きな混乱をもたらしているコロナウイルス。

    本書では、世界の国々を「村社会」という小さな共同体で語ることによって、彼らの慌てぶりをユーモラスに描いています。

    コロナ危機を乗り越える唯一の武器は、人々の希望「HOPE」です。

    コロナは奪っていくだけではなく、私たちに、今を「どう生きるか」という大切なことを教えてくれました。

    希望は人間だけが持っている感情です。

    そして、希望は「笑い」の中に存在します。

    日本初のコロナ童話で、笑って、泣いて、そして困難な時代を生き抜いていく勇気を持つことが本書の狙いです。

    コロナで今、苦しい思いをされている方はもちろん、希望を持って前に進んでいる方の背中を押す一冊になっています。

    みんなで希望を持ってこの危機を乗り越えていくために、ぜひポッドキャストを聞いてください。

    • 17分
    第159回 【契約率76.2%】営業・即アポ~6万5026時間の会話分析からわかった!~(堀口龍介著)

    第159回 【契約率76.2%】営業・即アポ~6万5026時間の会話分析からわかった!~(堀口龍介著)

    著者はジャイアン出版塾の3期生で、株式会社即決営業の代表を務めています。

    著者は会社員時代からセールスの手腕を発揮し、どの会社でも売上1位の成績を出してきました。

    そんな著者が提案するのが「即アポ」メソッドと呼ばれるもので、根性やセンス、人柄などの個人の素質に頼らずに誰でも、すぐに、楽にアポ取りができる手法です。

    もちろん、著者の体験や勘によるものではなく、著者の会社で約9年の間に行われた営業の会話時間数、6万5026.178時間を分析し作り上げた科学的根拠のある手法です。

    これまで当たり前に行われてきたひたすら電話をかける「根性営業」をしなくても、本書を読んでセールストークや営業のメソッドを学べば、誰でも効率よくアポを取り、契約まで取ることができます。

    アポ取りは3回押すと獲得確率が上がるなど、アポイントの上手な取り方から、実際に営業を行う時の心構えやトーク術、振る舞い方まで、幅広い内容が盛り込まれています。

    営業のお仕事をされている方はもちろん、膨大な会話データの分析に基づく鬼のセールストークに興味のある方は、ぜひポッドキャストを聞いてください。

    • 15分
    第158回 乗務員室からみたJR 英語車掌の本当にあった鉄道打ち明け話(関大地著)

    第158回 乗務員室からみたJR 英語車掌の本当にあった鉄道打ち明け話(関大地著)

    著者はジャイアン出版塾の7期生で、元JR東日本の車掌です。

    著者は在職時、電車の社内英語アナウンスを始めた「英語車掌」として話題になりましたが、昨年、17年務めたJR東日本を退職し、現在はYouTube等でも活躍しています。

    著者は高校卒業後、車掌を志しJR東日本に就職しましたが、最初に配属されたのは新幹線の保線を担当する職場でした。

    車掌になるためにはいくつかの段階を踏むのがセオリーですが、著者は何度も試験を受け、異例の人事で車掌となります。

    その熱意の裏側には、著者がある方とした「約束」がありました。

    そんな異例の経歴を持つ著者が車掌になるまで、

    車掌になってからのエピソードが本書にはたくさん盛り込まれています。

    また、車掌というポジションからしか見られない鉄道業界の「リアル」な打ち明け話を読むことができます。

    鉄道会社を志している方、鉄道がお好きな方はもちろん、普段何気なく利用している鉄道の舞台裏を覗いてみたい方はぜひポッドキャストを聞いてください。

    • 15分

カスタマーレビュー

4.8/5
11件の評価

11件の評価

ビジネスのトップPodcast

他のリスナーはこちらのサブスクリプションにも登録しています