30エピソード

ブログ安心問答(浄土真宗の信心について)の音声版です。浄土真宗の教え、信心、その他についていろいろと話をするpodcastです。

ネットラジオ版安心問答(浄土真宗の信心について) yamamoyama

    • 仏教
    • 5.0 • 7件の評価

ブログ安心問答(浄土真宗の信心について)の音声版です。浄土真宗の教え、信心、その他についていろいろと話をするpodcastです。

    #030「ただ今助けるという阿弥陀仏の本願を『許諾する』『受け入れる』『聞き受ける』等のニュアンスが分かりません」(頂いた質問)

    #030「ただ今助けるという阿弥陀仏の本願を『許諾する』『受け入れる』『聞き受ける』等のニュアンスが分かりません」(頂いた質問)

    #030

    今回は質問箱に頂いた質問

    「ただ今助けるという阿弥陀仏の本願を『許諾する』『受け入れる』『聞き受ける』等という表現がされますが、そのニュアンスがよくわかりません。

    自分の心でただ単に『許諾した』と思い込むことでもないですよね?」

    について話をしました。

    質問箱はこちら

    関連したブログ記事

     「『南無阿弥陀仏を南無阿弥陀仏と聞く』というのは、南無阿弥陀仏の謂れ(善導大師・親鸞聖人・蓮如上人等の六字釈等)を思い出しながら、念仏を称え、それを聞くことでしょうか?」(Peingで頂いた質問)

    • 25分
    #029「自力を捨てるとは、自力が問題にならなくなることですか?それとも自力が意識から消えるのでしょうか?」(頂いた質問)

    #029「自力を捨てるとは、自力が問題にならなくなることですか?それとも自力が意識から消えるのでしょうか?」(頂いた質問)

    質問箱に頂いた質問

    「自力を捨てるとは、自力が問題にならなくなることですか?それとも自力が意識から消えるのでしょうか?」

    について話をしました。



    話の中で出てきたご文

    自力のこころをすつといふは、やうやうさまざまの大小の聖人・善悪の凡夫の、みづからが身をよしとおもふこころをすて、身をたのまず、あしきこころをかへりみず、ひとすぢに具縛の凡愚・屠沽の下類、無碍光仏の不可思議の本願、広大智慧の名号を信楽すれば、煩悩を具足しながら無上大涅槃にいたるなり。(唯信鈔文意 註釈版浄土真宗聖典P707)

    http://ur2.link/RYIS



    ブログ安心問答−浄土真宗の信心について−

    https://anjinmondou.hatenablog.jp/

    • 25分
    #028 信後には安心がありますか?(頂いた質問)

    #028 信後には安心がありますか?(頂いた質問)

    質問箱に頂いた質問について話をしました。

    「信後には安心がありますか?」



    話の中で出てきたご文


    弥陀の名号称えつつ 信心まことにうるひとは 憶念の心つねにして 仏恩報ずるおもひあり(浄土和讃)
    http://ur0.work/znv3



    ブログ

    安心問答−浄土真宗の信心について

    • 25分
    #027 逆謗の死骸である機を見つめよとか、機はほっといて法の尊さに目をつけよとか言いますが、どららが正しいのでしょうか?

    #027 逆謗の死骸である機を見つめよとか、機はほっといて法の尊さに目をつけよとか言いますが、どららが正しいのでしょうか?

    質問「逆謗の死骸である機を見つめよとか、機はほっといて法の尊さに目をつけよとか言いますが、どららが正しいのでしょうか?どちらもそんなに気にせずに聴聞すればいいのでしょうか?」

    についての話をしました。



    話の中に出てくる親鸞聖人の御言葉

    摂取不捨の真言、超世希有の正法聞思して遅慮することなかれ。(教行信証 総序)

    http://urx.space/Ue4Z

    浄土真宗聖典註釈版P132



    https://anjinmondou.hatenablog.jp/

    • 26分
    #026 お寺に行って聴聞すること、ネットでの法話を聴聞すること、本を読むことの違いについて

    #026 お寺に行って聴聞すること、ネットでの法話を聴聞すること、本を読むことの違いについて

    パロディ (id:parotan) 2019-08-20

    交通の便が悪い田舎に住んでいることや、自分の体調のこともあり、なかなかお寺へ参ることができません
    そのため本を読んだりネットで法話の動画を見て浄土真宗の勉強をしているのですが、聴聞をしないものは救われないのでしょうか。について、思ったことをラジオ版で話してみました。

    • 21分
    #025「阿弥陀仏の本願に対する疑いがどうしても晴れません。悩んでいます。救うと誓われているのになぜ獲信者が少ないのでしょうか 」について

    #025「阿弥陀仏の本願に対する疑いがどうしても晴れません。悩んでいます。救うと誓われているのになぜ獲信者が少ないのでしょうか 」について

    今回は、頂いた質問

    「阿弥陀仏の本願に対する疑いがどうしても晴れません。悩んでいます。救うと誓われているのになぜ獲信者が少ないのでしょうか」

    について話をしました。

    −−−

    今回出てきた和讃は、以下

    正像末和讃

    (67)
    自力諸善のひとはみな

    仏智の不思議をうたがへば

    自業自得の道理にて

    七宝の獄にぞいりにける

    (68)
    仏智不思議をうたがひて

    善本・徳本たのむひと

    辺地懈慢にうまるれば

    大慈大悲はえざりけり
    https://bit.ly/2JFKyWN

    −−−

    番組に対する感想・質問があれば、ブログ安心問答コメント欄または、yamamoyama@gmail.comまでお願いします。


                              

    • 24分

カスタマーレビュー

5.0/5
7件の評価

7件の評価

まこと4579

宮田さんの阿弥陀様講和

ありがたく拝聴させていただきます

仏教のトップPodcast

他のリスナーはこちらのサブスクリプションにも登録しています