5エピソード

ストックボイスは、インターネットTVとwebラジオで毎日市況情報をお届けしています。
「今日の株式 明日の株式」ではストックボイスメインキャスターの倉澤良一と岩本秀雄が株式市況の今日と明日を語ります。
「今日の株式 明日の株式」は東京証券取引所アローズのスタジオから毎日生放送でお送りしています。
放送時間は16:30頃〜17:00まで、Podcastはそのダイジェスト版です。詳しくは以下のwebサイトをご覧ください。
https://www.stockvoice.jp/

今日の株式 明日の株式:ストボ!Podcas‪t‬ STOCKVOICE Inc.

    • 投資
    • 3.5 • 177件の評価

ストックボイスは、インターネットTVとwebラジオで毎日市況情報をお届けしています。
「今日の株式 明日の株式」ではストックボイスメインキャスターの倉澤良一と岩本秀雄が株式市況の今日と明日を語ります。
「今日の株式 明日の株式」は東京証券取引所アローズのスタジオから毎日生放送でお送りしています。
放送時間は16:30頃〜17:00まで、Podcastはそのダイジェスト版です。詳しくは以下のwebサイトをご覧ください。
https://www.stockvoice.jp/

    03/01 今日の株式明日の株式

    03/01 今日の株式明日の株式

    1日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、全業種が上昇。上昇率上位は、紙パルプ、情報通信、建設、小売、機械など。
     前週末の米国市場はダウが1.5%安だったものの、SP500は0.5%安、ナスダックは0.5%高。長期金利は概ね1.4%台で推移し、金利急騰による警戒感は一旦和らぎました。
    週明けの東京市場は日経平均が453円高でスタート。金曜に大幅安した反動に加え、上海、香港も堅調に推移し、終始買いが先行。3万円には届かなかったものの、金曜割り込んだ25日移動平均線(2万9216円付近)を回復しました。
    個別銘柄では、トヨタ、ソニー、任天堂など主力株がしっかり。みずほ、三菱UFJなど銀行株も強含みました。半面、京急、小田急など電鉄株の一角が冴えず。

    • 34分
    02/26 今日の株式明日の株式

    02/26 今日の株式明日の株式

    26日の東京市場は大幅安。TOPIX業種別騰落率は、全業種が下落。下落率上位は、その他製品、電機、紙パルプ、不動産、ガラス土石など。
     前日の米国市場は3指数とも下落。景気回復期待とインフレ期待が交錯する中、7年物国債入札の不調が伝わり、10年債利回りは一時1.6%台に上昇。ハイテク株に売りがかさみました。
    これを受けた東京市場は日経平均が415円安、3万円割れでスタート。上海、香港などアジアも軟調に推移し、終始売りが先行。週末・月末とあってポジション調整の売りも重なり、大引けにかけて下げ幅を広げました。足元では前場下げても日銀がETFを購入しないケースが続いており、この連想が後場の売りに拍車をかけたようです。日経平均の下落幅(1202円26銭)は歴代10位。
    個別銘柄では、225銘柄のうち花王、出光、携帯子会社ソフトバンクを除く222銘柄が下落。ファストリが163円分、ソフトバンクGが101円分、日経平均を下押ししました。半面、HIS、エアトリなど観光関連の一角が逆行高。

    • 23分
    02/25 今日の株式明日の株式

    02/25 今日の株式明日の株式

    25日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、小売、電力ガス、薬品の3業種のみ下落。上昇率上位は、ゴム、その他製品、金属、その他金融、海運など。
     前日の米国市場は3指数とも上昇。長期金利が1.4%を超え、序盤は警戒売りが先行しましたが、一巡後は買いが先行。パウエル議長が下院証言でも緩和継続を強調したうえ、食品医薬品局がジョンソン・エンド・ジョンソン製ワクチンの緊急使用を支持する方針を示し、材料視されたようです。
    東京市場は日経平均が406円高でスタート。前日売られたアジア市場も堅調で、東京も終始高止まり。日経平均は再び3万円台に乗せました。為替相場が概ね1ドル=106円付近で安定推移したことも、相場の支援材料となったようです。
    個別銘柄では、トヨタ、ソニー、東京エレクなど主力株が堅調。みずほ、三菱UFJなど銀行株も買われました。半面、セブン&アイ、関電など内需系の一角が冴えず。

    • 25分
    02/24 今日の株式明日の株式

    02/24 今日の株式明日の株式

    24日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、空運、不動産、倉庫、石油石炭、鉄鋼など6業種が上昇。電機、精密、情報通信、紙パルプ、金属など27業種が下落。
     前日の米国市場はまちまち。長期金利の上昇からハイテク株比率の高いナスダックは一時4%超の下落となりましたが、パウエル議長の議会証言で金融緩和の継続が確認されると、下げ幅を縮小。ダウとSP500は小幅高で終えました。
    東京市場は日経平均が136円安でスタート。香港政府が株式投資関連税の引き上げを提示し、ハンセン指数が大幅安。上海、韓国、台湾も下げ、東京も売りが先行。日経平均終値は2月12日以来の3万円割れとなりました。
    個別銘柄では、村田製、アドバンテスト、日本電産などハイテク関連が軟調。第一生命、三菱UFJなど金融株も冴えませんでした。半面、ワクチン期待からANA、HIS、オリエンタルランドなど観光関連が上昇。

    • 25分
    02/22 今日の株式明日の株式

    02/22 今日の株式明日の株式

    22日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、空運、海運、非鉄、金属、ゴムなど27業種が上昇。精密、薬品、食品、その他製品、機械など6業種が下落。
     前週末の米国市場は3指数とも小動き。長期金利が1.3%台後半まで上昇し、IT、ハイテク株は弱含みました。東京市場は日経平均が264円高でスタート。週末に3日続落した反動から、終始買いが先行。ただ、連休の谷間とあって終盤は上げ幅を縮小しました。
    個別銘柄では、ANA、郵船など運輸株が強含み。アドバンテスト、東京エレクなど半導体株も買われました。半面、武田、アステラスなど薬品株が弱含み。

    • 34分

カスタマーレビュー

3.5/5
177件の評価

177件の評価

jurdfg

音が小さい

前から他の番組や途中で入るcmに比べて音が小さいなと思っていたが、直近特に小さくなったように思う。
番組終わりの曲になると耳が痛くなるくらいの音量なので、本編も上げて欲しい。

話の中身は概ね満足です。
誰でもできる様なアナリストの後付け説明より、肌感覚という感じのこういうトークの方が好き。

たかしまひでた

昔の株屋

どうしても騰がるほうにこじつける。昔の株屋となんら変わらない。じゃあ何故日経平均がバブル期の半値なの?説明してほしい。

minatokuko

声が小さい

いつもありがとうございます。通勤中に聞いています。声が小さいので、配信時に大きくする調整できないものでしょうか?

投資のトップPodcast

他のリスナーはこちらのサブスクリプションにも登録しています