5エピソード

ストックボイスは、インターネットTVとwebラジオで毎日市況情報をお届けしています。
「今日の株式 明日の株式」ではストックボイスメインキャスターの倉澤良一と岩本秀雄が株式市況の今日と明日を語ります。
「今日の株式 明日の株式」は東京証券取引所アローズのスタジオから毎日生放送でお送りしています。
放送時間は16:30頃〜17:00まで、Podcastはそのダイジェスト版です。詳しくは以下のwebサイトをご覧ください。
https://www.stockvoice.jp/

今日の株式 明日の株式:ストボ!Podcas‪t‬ STOCKVOICE Inc.

    • 投資
    • 3.5 • 179件の評価

ストックボイスは、インターネットTVとwebラジオで毎日市況情報をお届けしています。
「今日の株式 明日の株式」ではストックボイスメインキャスターの倉澤良一と岩本秀雄が株式市況の今日と明日を語ります。
「今日の株式 明日の株式」は東京証券取引所アローズのスタジオから毎日生放送でお送りしています。
放送時間は16:30頃〜17:00まで、Podcastはそのダイジェスト版です。詳しくは以下のwebサイトをご覧ください。
https://www.stockvoice.jp/

    04/13 今日の株式明日の株式

    04/13 今日の株式明日の株式

     13日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落は、鉄鋼、証券、ガラス土石、小売、保険など20業種が上昇。空運、電力ガス、陸運、鉱業、海運など13業種が下落。
     前日の米国はまちまち。大きな手掛かり材料もなく、3指数とも週末終値付近で保ち合いました。東京市場は日経平均が67円高でスタート。外部環境が落ち着き、終始買いが先行しましたが、国内のコロナ拡大が敬遠され、買い一巡後は伸び悩み。東証1部の上昇、下落銘柄数はほぼ拮抗しました。
    個別銘柄では、大和、野村など証券株が強含み。神戸鋼、JFEなど鉄鋼株も物色されました。半面、JAL、JR東など運輸株が冴えず。

    • 26分
    04/12 今日の株式明日の株式

    04/12 今日の株式明日の株式

     12日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落は、倉庫、電力ガス、鉄鋼、不動産、繊維など14業種が上昇。海運、非鉄、その他金融、鉱業、石油石炭など19業種が下落。
     前週末の米国は3指数とも上昇。引けにかけて上げ幅を拡大し、ダウは史上最高値を更新しました。
    週明けの東京市場は日経平均が106円高でスタートしましたが、中国市場や米株先物が不安定な動きを見せ、東京も冴えず。3都府県で「まん延防止等重点措置」の適用が始まったことも、投資家心理を冷やしました。
    個別銘柄では、郵船、川崎汽船など海運株が軟調。INPEX、ENEOSなど原油株も売られました。半面、三菱地所、関西電力など内需関連の一角が強含み。

    • 26分
    04/09 今日の株式明日の株式

    04/09 今日の株式明日の株式

     9日の東京市場は小幅反発。TOPIX業種別騰落は、精密、海運、その他金融、電力ガス、農林水産など24業種が上昇。鉱業、鉄鋼、非鉄、小売、石油石炭など9業種が下落。
     前日の米国は3指数とも小幅高。パウエルFRB議長が金融緩和の長期化を示唆し、概ね買いが先行しました。
    東京市場は日経平均が157円高でスタート。3万円に乗せる場面もありましたが、買い一巡後は尻すぼみ。中国が不安定な動きをみせたうえ、都内でコロナ変異種の感染が増加と伝わり、日経は安値引けでした。
    個別銘柄では、郵船、川崎汽船など海運株に買いが先行。東電、関電など電力株も強含みました。半面、JFE、日本製鉄など鉄鋼株が冴えず。

    • 37分
    04/08 今日の株式明日の株式

    04/08 今日の株式明日の株式

     8日の東京市場は小幅反落。TOPIX業種別騰落は、海運、その他製品、機械、精密の4業種が上昇。空運、銀行、繊維、電力ガス、陸運など29業種が下落。
     前日の米国は小幅まちまち。バイデン大統領の記者会見を控え、様子見ムードでした。
    東京市場は日経平均が55円安でスタート。為替やアジア市場が落ち着いた動きをみせ、東京は売り一巡後に戻り歩調。ただ、コロナ再拡大への懸念もあり、積極的な買いは入りませんでした。
    個別銘柄では、JR東、JALなど運輸株が軟調。みずほ、三菱UFJなど銀行株も売られました。半面、任天堂、コーエーテクモなど巣ごもり関連の一角が強含み。

    • 27分
    04/07 今日の株式明日の株式

    04/07 今日の株式明日の株式

     7日の東京市場は小反発。TOPIX業種別騰落は、鉄鋼、海運、金属、非鉄、鉱業など29業種が上昇。薬品、陸運、証券、保険の4業種が下落。
     前日の米国は3指数とも小幅安。史上最高値付近で利益確定売りが出たようです。
    東京市場は日経平均が47円高でスタート。中国が不安定な動きをみせると一時はマイナス転落しましたが、後場はプラス圏に浮上。ただ、国内のコロナ感染者数が増加傾向にあり、買い意欲は極めて限定的でした。
    個別銘柄では、日本製鉄、郵船、DOWAなど景気敏感株が強含み。英ファンドによる買収が報じられた東芝はストップ高でした。半面、みずほ、野村など金融株が弱含み。

    • 27分

カスタマーレビュー

3.5/5
179件の評価

179件の評価

jurdfg

音が小さい

前から他の番組や途中で入るcmに比べて音が小さいなと思っていたが、直近特に小さくなったように思う。
番組終わりの曲になると耳が痛くなるくらいの音量なので、本編も上げて欲しい。

話の中身は概ね満足です。
誰でもできる様なアナリストの後付け説明より、肌感覚という感じのこういうトークの方が好き。

たかしまひでた

昔の株屋

どうしても騰がるほうにこじつける。昔の株屋となんら変わらない。じゃあ何故日経平均がバブル期の半値なの?説明してほしい。

minatokuko

声が小さい

いつもありがとうございます。通勤中に聞いています。声が小さいので、配信時に大きくする調整できないものでしょうか?

投資のトップPodcast

他のリスナーはこちらのサブスクリプションにも登録しています