10エピソード

日本は横笛の種類が多く、様々な種目で広く愛好されている証拠ともいえる。

雅楽には龍(竜)笛(りゅうてき)、高麗笛(こまぶえ)、神楽笛(かぐらぶえ)の三種があるが、代表的なものは龍笛で、唐楽や催馬楽(さいばら)などで用いられる。 能楽の笛は能管(のうかん)と呼ばれ、「のど」という独特な構造を持つため、音階が不規則である。 歌舞伎や民俗芸能で用いられる篠笛(しのぶえ)は素朴な竹製で、竹笛とも呼ばれるが、様々な長さのものがある。 歌舞伎音楽では三味線の旋律に合わせる際は篠笛、効果音的旋律は能管という具合に、複数の笛を場面によって使い分ける。 龍笛と能管は七孔、高麗笛と神楽笛は六孔で、篠笛には六孔のものと七孔のものがある。

日本の笛には唱歌(しょうが)という、メロディを歌って覚えるための方法があり、オヒャーラーなどの唱え方をする。

伝統音楽デジタルライブラリー:「笛」 Senzoku Gakuen College of Music

    • 音楽
    • 5.0、4件の評価

日本は横笛の種類が多く、様々な種目で広く愛好されている証拠ともいえる。

雅楽には龍(竜)笛(りゅうてき)、高麗笛(こまぶえ)、神楽笛(かぐらぶえ)の三種があるが、代表的なものは龍笛で、唐楽や催馬楽(さいばら)などで用いられる。 能楽の笛は能管(のうかん)と呼ばれ、「のど」という独特な構造を持つため、音階が不規則である。 歌舞伎や民俗芸能で用いられる篠笛(しのぶえ)は素朴な竹製で、竹笛とも呼ばれるが、様々な長さのものがある。 歌舞伎音楽では三味線の旋律に合わせる際は篠笛、効果音的旋律は能管という具合に、複数の笛を場面によって使い分ける。 龍笛と能管は七孔、高麗笛と神楽笛は六孔で、篠笛には六孔のものと七孔のものがある。

日本の笛には唱歌(しょうが)という、メロディを歌って覚えるための方法があり、オヒャーラーなどの唱え方をする。

    • video
    演奏:1.名乗り笛

    演奏:1.名乗り笛

    能管独奏。 能の舞台で曲の最初にワキ方が登場する時に演奏される。

    • 1分
    • video
    演奏:2.乱序と獅子狂い

    演奏:2.乱序と獅子狂い

    乱序 / 元は雅楽の用語であったが、能や歌舞伎で獅子が登場する際に演奏される豪壮な序奏。

    獅子狂い / 能や歌舞伎舞踊の石橋(しゃっきょう)ものや小鍛治(こかじ)もので、獅子や狐が遊び狂う様子を表す。

    • 3分
    • video
    演奏:3.通り神楽

    演奏:3.通り神楽

    太神楽(だいかぐら)が通りを流して歩く様子を取り入れた囃子。祭りや年明けのめでたい雰囲気をあらわす。篠笛(竹笛)と桶胴という民俗的な太鼓で演奏される。

    • 1分
    • video
    演奏:4.田舎笛と空笛

    演奏:4.田舎笛と空笛

    篠笛(竹笛)の自由な演奏による歌舞伎舞踊の背景音楽。田舎笛はゆったりとした郷愁、空笛は悲哀感をかもし出す。

    • 2分
    • video
    小話:1.能管

    小話:1.能管

    小話:1.能管

    • 1分
    • video
    小話:2.唱歌

    小話:2.唱歌

    小話:2.唱歌

    • 4分

カスタマーレビュー

5.0/5
4件の評価

4件の評価

日本ヴァンパイア協会

伝統ある神楽

伝統ある神楽が聴きたくてAppleミュージックで探しましたが見つからず、ここでやっと見つけました。

音楽のトップPodcast

他のリスナーはこちらのサブスクリプションにも登録しています

Senzoku Gakuen College of Musicのその他の作品