27本のエピソード

毎年「終戦の日」前に集中する報道を見て、 『火垂るの墓』を見て、 「戦争は惨い、二度と起こしてはいけない」 と心に決めつつも8月16日からはまた忙しい日常。 そんな繰り返しだったけれど、終戦68年の今年。 節目の年ではないのに、 『風立ちぬ』『終戦のエンペラー』『永遠の0』と 戦争をテーマにした映画の公開が なぜか多いと感じるのは僕だけでしょうか。 インタビュアーとして、 世界で初めて原爆が投下された広島に住む者として このテーマと向き合わなければならない。 ずっと心のどこかで思っていました。 けれど、重い腰があがらない……。 そんな中で複数の方から今夏、 こう言われました。 「インタビュアーなら、戦争体験者のインタビューをしてほしい。 ポッドキャストなら肉声を50年後も100年後も残すことができるのでは?」 終戦から70年近く経ち、 戦争体験を語れる方は年々少なくなってきています。 だからこそ、彼ら彼女らの思いを 「肉声のまま」伝えなければならない。 一刻も早く。 「戦争の記憶」は番組ではありませんし、 特定の思想へ煽動するものでもありません。 ただ、戦争の時代を生きた方々の肉声を、 ポッドキャストというしくみを借りて 大切に残していきたい。 2013年を生きるすべての世代の人へ。 国内外の人へ。 これから地球に生まれ続けてくるまだ見ぬ僕らの子孫へ。 平和とは何かを考える、 そんなきっかけとなれば幸いです。

【体験者の証言】戦争の記憶(Memories of War‪)‬ KIQTASチャンネル

    • 社会/文化
    • 3.9 • 23件の評価

毎年「終戦の日」前に集中する報道を見て、 『火垂るの墓』を見て、 「戦争は惨い、二度と起こしてはいけない」 と心に決めつつも8月16日からはまた忙しい日常。 そんな繰り返しだったけれど、終戦68年の今年。 節目の年ではないのに、 『風立ちぬ』『終戦のエンペラー』『永遠の0』と 戦争をテーマにした映画の公開が なぜか多いと感じるのは僕だけでしょうか。 インタビュアーとして、 世界で初めて原爆が投下された広島に住む者として このテーマと向き合わなければならない。 ずっと心のどこかで思っていました。 けれど、重い腰があがらない……。 そんな中で複数の方から今夏、 こう言われました。 「インタビュアーなら、戦争体験者のインタビューをしてほしい。 ポッドキャストなら肉声を50年後も100年後も残すことができるのでは?」 終戦から70年近く経ち、 戦争体験を語れる方は年々少なくなってきています。 だからこそ、彼ら彼女らの思いを 「肉声のまま」伝えなければならない。 一刻も早く。 「戦争の記憶」は番組ではありませんし、 特定の思想へ煽動するものでもありません。 ただ、戦争の時代を生きた方々の肉声を、 ポッドキャストというしくみを借りて 大切に残していきたい。 2013年を生きるすべての世代の人へ。 国内外の人へ。 これから地球に生まれ続けてくるまだ見ぬ僕らの子孫へ。 平和とは何かを考える、 そんなきっかけとなれば幸いです。

    「特攻隊からの生還」中村優さん【戦争の記憶27】

    「特攻隊からの生還」中村優さん【戦争の記憶27】

    本インタビューはYouTubeで「映像付き」でご覧いただけます。 https://youtu.be/r6QN6BWTzoo ▼今回のインタビュー 戦時中に特攻隊員として出撃の命令がくだるも 期せずして命をつなぎ止めた中村優さん。 大正11年11月23日生まれの100歳。 逝ってしまった仲間たちを想い続ける人生とは──(2023年4月取材) ▼「戦争の記憶」とは 戦争体験者の声を肉声で残すプロジェクト。 2013年より早川洋平が全国各地でお話をうかがい、映像や音声で配信。 http://memories-of-war.com/ ■証言者ご応募ページはこちら http://memories-of-war.com/witness-and-volunteer/ ▼【聞き手・早川洋平プロフィール】 はやかわ・ようへい/新聞記者等を経て2008年キクタス株式会社設立。羽生結弦、髙田賢三ら各界のトップランナーから市井の人々まで広くインタビュー。近年は欧州を中心に海外取材を本格化するいっぽうで、戦争体験者の肉声を発信するプロジェクト『戦争の記憶』にも取り組む。公共機関・企業・作家などのメディアプロデュースも手がけ、キクタス配信全番組のダウンロード数は毎月約200万回。累計は3億回を数える。『石田衣良「大人の放課後ラジオ」』『横浜美術館「ラジオ美術館」』などプロデュース多数。 近年はユニクロやP&GなどのCMのインタビュアーとしても活動している。 https://linktr.ee/yoh.haya sensou27_NakamuraMasaru_20230620.mp3

    「飛び込むことで生きのびた」深谷誠さん【戦争の記憶26】

    「飛び込むことで生きのびた」深谷誠さん【戦争の記憶26】

    本インタビューはYouTubeで「映像付き」でご覧いただけます。 https://youtu.be/axzR_uKlZpc ▼今回のインタビュー 戦時中は東京・永代2丁目に在住、当時15歳だった深谷誠さん。 昭和4年12月13日生まれ。 東京大空襲で家や家族のほとんどを亡くし「写真どころか何も残ってない」という。 生きのびるために深谷さんがとった行動とは。(2021年7月取材) ▼「戦争の記憶」とは 戦争体験者の声を肉声で残すプロジェクト。 2013年より早川洋平が全国各地でお話をうかがい、映像や音声で配信。 http://memories-of-war.com/ ■証言者ご応募ページはこちら http://memories-of-war.com/witness-and-volunteer/ sensou26_FukayaMakoto_20210807.mp3

    【記憶25】手島清美さん/Memories25_Kiyomi Teshima「少年の眼に映った満州」

    【記憶25】手島清美さん/Memories25_Kiyomi Teshima「少年の眼に映った満州」

    ▼今回のインタビュー 昭和18年(1943年)。当時6歳だった清美さんは、満州の「鉄の都」鞍山に家族5人で移り住んだ。当初は「家は3階建てアパート、愛犬はベローとアミー。楽しいことの連続だった」。しかし翌年の昭和19年(1944年)7月、暮らしはB29の空襲により一変した。生還して帰国の途につくまでの約3年間。手島少年は何を眼にし、何を感じたのか──75年前の記憶をたどった。 (2020年8月13日オンライン取材) ▼手島さんの著書『少年の眼に映った満州 鞍山・七嶺子村の出来事』 https://amzn.to/31KqR9a sensou25_teshimakiyomi_20200813.mp3

    【記憶24】栃原ツヤさん/Memories24_Tsuya Tochihara

    【記憶24】栃原ツヤさん/Memories24_Tsuya Tochihara

    【記憶24】栃原ツヤさん/Memories24_Tsuya Tochihara sensou24_tochiharatsuya_201912.mp3

    【記憶23】秋元武夫さん/Memories23_Takeo Akimoto

    【記憶23】秋元武夫さん/Memories23_Takeo Akimoto

    【記憶23】秋元武夫さん/Memories23_Takeo Akimoto sensou23_akimotosan_kan_20181220.mp3

    【記憶22】八杉康夫さん/Memories22_Yasugi Yasuo

    【記憶22】八杉康夫さん/Memories22_Yasugi Yasuo

    【記憶22】八杉康夫さん/Memories22_Yasugi Yasuo sensou22_yasugisan_20160506.mp3

カスタマーレビュー

3.9/5
23件の評価

23件の評価

からすたろう

思い出

今は亡き祖父の戦争体験。
家族の会話では聞くことのできなかった深い話を聞いてくださってありがとうございます。
もう、一生聞くことのできない話を祖父の声で語ってくれるこのpodcastは宝物です。

本物の記憶、素晴らしい企画だと思います。

社会/文化のトップPodcast

となりの雑談
TBS RADIO
kemioの言わせて言うだけEverything
UNICORN.inc
The Austin and Arthur Show
Arthur Zetes
武田鉄矢・今朝の三枚おろし
文化放送PodcastQR
東京ポッド許可局
東京ポッド許可局
HOMEGIRL
Meg and Hina

KIQTASのその他の作品

本田健の人生相談 〜Dear Ken〜
アイウエオフィス
石田衣良の大人の放課後ラジオ
KIQTAS
心屋仁之助の「ホントの自分を見つけるラジオ」
心屋仁之助
姿勢が変わると、人生が変わる。
姿勢治療家(R)仲野孝明
小阪裕司の、商売の極意と人間の科学
オラクルひと・しくみ研究所
ライフトラベラーカフェ「時間」と「場所」にとらわれない生き方と働き方
マツダミヒロ