6エピソード

平日ほぼ毎日配信。BLOG月間10万PVのクリエイターのんびりデイズが、コンテンツクリエイティブについて語る番組です。子育て、お仕事、趣味など、日常風景のひとコマをカメラ、音声、文章で残したいという方にお聴きいただけると嬉しいです。

ご質問、メッセージは Twitter : @hatamoto_s

BLOG:https://note.com/aoneko

何気ない日常の残し方|コンテンツクリエイティブのヒント のんびりデイズ

    • 技術ニュース

平日ほぼ毎日配信。BLOG月間10万PVのクリエイターのんびりデイズが、コンテンツクリエイティブについて語る番組です。子育て、お仕事、趣味など、日常風景のひとコマをカメラ、音声、文章で残したいという方にお聴きいただけると嬉しいです。

ご質問、メッセージは Twitter : @hatamoto_s

BLOG:https://note.com/aoneko

    タブレットiPadで Adobe illustrator は、どんな感じ?

    タブレットiPadで Adobe illustrator は、どんな感じ?

    今回は Adobe MAX 2020 で発表の Apple iPad で使える Adobe Illustrator のお話です。

    :::

    今日もnoteに投稿している「朝のカメラ情報メモ」から一つとりあげて書いていきます。

    今回は、Adobe MAX 2020 のイベントで楽しそうな発表があったので、その中から一つ取り上げます。

    iPad版 illustrator

    以前から話題になってた iPad で使えるイラストレーターのお話。

    イラストレーターってわかりますか?

    線で絵を作っていくようなソフトです。

    デスクトップ版は昔からあって、ロゴタイプを作ったり

    、イラストとか筆じゃない感じ、そういう感じのものを作れるソフトがあるんです。

    iPad 版が出るってことで、ちょっと前に話題になってたんです。

    それがいよいよダウンロード

    もう今できるのかな?

    という情報があって今回取り上げています。

    iPad なんでタブレットです。

    タブレットでスタイラスペンを使って書いていく。

    ベジェ曲線

    イラストレーターってベジェ曲線っていって

    ちょっと扱いが難しいんですよ。

    線で書くんですけど、その線を曲げたり伸ばしたり、直線にしたり曲線にしたり。

    扱いが難しくて

    タブレットでそれをどういう風にできるのかなーって

    イメージがちょっと分かんないんです。

    ベジェ曲線をもともと知らない人がタブレットで、そのベジェ曲線をどう扱っていくのか。

    今まで使ってた人は

    今まで通りに使おうとする頭があるんで、使いにくそうかなというイメージになっちゃうんですけど、今までベジェ曲線を使ったことがない人が、そのペンタブレットで使うとなると、また別の発想が、新しい発想が生まれてくるかもしれないなーと思って。

    楽しみにしてます。

    昔のイラストレーター

    わたし、イラストレーターね。

    最初に触ったのが…

    確かね

    バージョン3の終わり頃だったような気がします。

    だいぶ昔ですよ。

    で、仕事場でね

    デザインの場所

    仕事で使うようになった頃がちょうどバージョン5が出てきたぐらいなのかな。

    まったく何をしたらいいのか、よくわからないソフトでした。

    まぁなんとか使えるようにして

    自分で覚えて、誰も教えてくれないんでね。

    本もあったんで、それを読みながら覚えた。

    見ながら覚えたというよりも触って

    何か作ろうと

    とりあえず「これでなんか作ろう」ということで覚えていったという記憶がありますね。

    「これ、お仕事で使えるようにしたい」と。

    で、そのあと5.5にバージョンアップして

    それまでデザイナーの机の上には

    パソコンなんかなかったんですよ。

    ドラフターというものがドンと机の上の全面にのっかってたんです。

    で、そのイラストレーターがバージョンアップした頃、いつのまにかデザイナーさんの机の上にパソコンが乗っかってるっていう不思議な状況。

    今やったら当たり前なんですけど

    その当時からすると不思議な感じに一気に変わりましたね。

    もう大昔の話です。

    今のイラストレーター

    今は、デスクトップ版のイラストレーターはバージョン24。

    24なんですね。

    すごい進化しましたよね。

    もうイラストレーターあれば何でも書けるぐらいの

    直線を扱うものなんですけど、なんか筆のような感じにも使えたり、立体とかも出来るのかな。

    進化し

    • 9分
    動画が苦手で動画に有利な富士フイルムミラーレス一眼カメラ

    動画が苦手で動画に有利な富士フイルムミラーレス一眼カメラ

    日常カメラの話。

    写真用は大きなフルサイズ、映像用は軽い方が良いのでAPS-C。となると、フルサイズ用レンズ、APS-C用レンズ、2種類ずつ必要になるかもしれない。

    富士フイルムのカメラなら、APS-C用のレンズだけでOKというお話です。

    :::

    noteに投稿してる「朝のカメラ情報メモ」から一つニュースを取り上げて投稿しています。

    映像向け一眼カメラの時代です

    先日、富士フイルムから発表された X-S10 のお話しをしました。

    カメラは、だんだん小さくなってきてます。

    サイズの進化もあるんですが、

    最近出てくるカメラ、

    いろいろ各メーカーあるんですが、

    映像向け、動画用

    自撮りとか

    ブイログとか

    そういった方向のカメラに力を入れてきてるのかなと

    時代の流れですね

    仕方ないかなとは思います。

    1台のカメラで何でもできた方がいいっていう、そういう需要はあると思うので。

    動画が苦手な富士フイルムだけど、動画に有利なこともある。

    動画は苦手とされてきた富士フイルムのカメラ。

    だんだん改善してきてるようです。

    今回もだいぶ X-S10で

    映像に向けて開発した部分もあるみたいです。

    手ぶれ補正もそのひとつ。

    液晶モニターがバリアングルになってるというのもそうですね。

    ブイロガーのカメラは小さく軽く

    ブイログする人って重たいカメラ、大きいカメラはあまり使わない。

    使いたがらない。

    ちっちゃく軽いっていうのは、富士フイルムのカメラとしても有利な点があると思う。

    富士フイルムのカメラは、センサーがちっさい。

    ちっさいって言ったら怒られそうですけど

    最近よく売れてるようなソニーさんのカメラ。

    キャノンさんのカメラ。

    これはいわゆるフルサイズっていうサイズのセンサーを積んでる。

    富士フイルムAPS-Cのカメラは若干不利な点があるのは否めない。

    一段小さいんですよ。

    小さい言うたら怒られますけど。

    大きいんですよ。

    十分大きいんですけど

    フルサイズと比べると

    まあそういうことでなので

    フルサイズはレンズ含めると巨大化する

    カメラ持った人はフルサイズのカメラを持ちたがるというのはあります。

    静止画、スチルを撮る人は特に。

    映像となるとやっぱり小さくて軽い方がいいっていう。

    フルサイズになるとカメラセンサーが大きくなるだけじゃなくて、カメラが大きくなったぶんレンズが巨大化するんですよ。

    これはどうしても仕方なくて

    センサーが大きくなれば、レンズはそのぶん巨大化する。

    これはもうたぶん光学的なものなんで、この先改善しようと思っても大きな発明がない限り小さくするのは難しいかな。

    映像向けカメラ、富士フイルムの強み

    その点、富士フイルムのカメラは、レンズがちっさくできる

    なので

    映像向けのカメラを今後、作っていく

    映像向けでしかも写りの良いものを作っていくという

    方向性を富士フイルムがやっていけば、かなり強みになるんじゃないのかなーと思ってるんです。

    今は確かに映像に弱いっていうイメージがありますけど、ここ強めていってもいいのかもしれないなと。

    他のメーカーもAPS-Cで映像向け作っていくのだろうと思うんでね。

    そうなったら

    また競争になっちゃいますけど。

    でもソニーだったら

    映像

    • 11分
    加工写真と加工なし写真、どちらのニュースを信じますか?

    加工写真と加工なし写真、どちらのニュースを信じますか?

    「そりゃ加工してない写真のニュースでしょ」と思うかもしれません。

    加工してなければ真実?

    それ信じて良いのでしょうか?

    実際は、加工していない写真に騙されていることが多いのかもしれません。

    フェイクニュース、写真の真偽より使い方が大きな問題

    スマホで撮られた写真の真偽を証明する技術が開発されるかもしれない。それがフェイクニュースへの対策につながるのか?

    今回は、写真のフェイクニュース対策についてのお話です。

    :::

    カメラに関する情報をnoteに平日ほぼ毎朝投稿しています。

    前回から

    noteに投稿した、朝のカメラ情報メモからひろって、音声配信に投稿する。

    そういうことをやり始めています。

    「スマートフォンのカメラがフェイクニュース対策になる画像の真正性(しんせいせい)を証明する技術は浸透するのか」

    というWIRED.jpのニュースを見ての投稿でした。

    最近、ニュースが本物かどうかわかりにくくなってきてますよね。

    それに写真が影響してるんじゃないかという流れもあります。

    加工された写真

    本当の写真じゃなくて

    作られた写真。

    修正された写真とか。

    そういうものを使ってフェイクニュースを作られる。

    そういうのが問題になってきているという。

    その写真

    いつでもどこでも撮れるじゃないですか。

    スマートフォンで。

    最近、誰もが持ってて。

    その写真があちこちに投稿されます。

    それをメディアが拾って、こんなことがありました。

    みたいな

    その写真の真意を確認する前に

    メディアがその写真を使ってニュースとして情報提供しているようなこともあるんじゃないかなと。

    実際知りませんけどね。

    そういうことがあるのかどうかわかんないんですけど。

    これが問題だと

    スマホで撮影された写真とか動画が本物かどうか見分けるような技術が開発されそうだと、そういう話かなと思うんです。

    加工写真だからウソ、加工していない写真だから真実、という誤解

    ここでね

    勘違いされてることがあるんじゃないかと思うんですよ。

    誤解されてることね。

    それについて今回お話します。

    フェイクフォトね

    その問題っていうのは

    写真の加工だけのものなのでしょうか?

    違うんじゃないですか?

    もっと大事なところがあるんじゃないかなと思ってるんです。

    何かというと

    写真ってね

    その、出し方、見せ方、並べ方で

    意味が全く違うものになるんですよ。

    順番が違うだけで意味が変わってくる。

    1枚1枚の写真は全部本物だとしても

    その写真の並べ方だけで全く逆の意味になってしまったり。

    そういうことが簡単にできてしまうんですよ。

    その見せ方で

    並べ方で

    出し方というのは

    出すタイミングです。

    今出すのと

    この後一週間後に出すのと

    1年後に出すので

    意味が変わってくるということもある。

    その写真自体が本物か偽物かという前に

    その出し方、見せ方、並べ方の影響ってすごく強力で

    本物の写真で違うものに伝えようとする。

    そっちの方が怖いんじゃないかなと思います。

    思いませんか?

    それが簡単にできてしまう。

    実際メディアは、そういうの理解してて、知ってて

    当然知ってますよね。

    それを知っていながら

    出し方、見せ方、並べ方の誤解を

    • 8分
    富士フイルム X-S10の発表をみた感想のその後

    富士フイルム X-S10の発表をみた感想のその後

    YouTubeライブ配信で発表された X-S10。なかなか魅力が詰まったカメラのようです。今回は、富士フイルムX-S10の発表を見ての感想のお話です。

    FUJIFILM ミラーレスデジタルカメラ X-S10 ボディ F X-S10

    :::

    noteで平日毎朝、ニュースとかブログで書かれたカメラに関する情報を集めて一つの記事を作って投稿するというのをやっています。

    朝のカメラ情報メモ

    というマガジンにまとめてます。

    今までまず音声配信で話を収録して

    それをnoteに文字情報として投稿するというパターン

    でやってました。

    違うパターンとして

    noteに書いた内容を音声に持っていくという、そういうやり方を試してみようと思ってます。

    ニュース情報的な音声配信も結構聞かれてるみたいなんで、そういうのもやってみようかなと。

    今回は

    10月18日に投稿した

    朝のカメラ情報メモから

    富士フイルムの新しいミラーレス一眼カメラ X-S10

    それが発表された翌日だったかな

    YouTube のライブ配信 X Summit OMIYA 2020

    富士フイルムの公式から配信されたものなんですけど

    タイトルに

    OMIYA っていう文字がありまして

    X Summit OMIYA 2020

    いつも開催地を記載されてて

    Xサミットロンドンとか

    今回のOMIYAってことで

    なぜOMIYAなのかなって思った人いたんじゃないかな

    ちょっと気になってたんです。

    そこから話が始まりました。

    OMIYAの説明

    何かといいますと

    富士フイルムの新しい事業所

    マーケティングのスタッフさんが集まってるとこ

    そこが新しく大宮にできたと

    そこからのライブ配信っていうことで

    今回は X Summit OMIYA 2020

    本編

    何の話からか

    レンズの話でした。

    事前に噂も流れてたんで

    その通りかなあという感じのレンズ

    まずはお話ありまして

    XF10-24mm F4のリニューアル

    これが絞りリングも改善されててなかなか期待できそうなレンズです。

    今までXF10-24mm F4って

    絞りリングに数字がなかったりして

    富士フイルム X のカメラの操作感としては

    使いにくかったんです。

    それが今回改善されるということで

    手ぶれ補正も改善

    良くなってるみたいですね

    これが11月発売だそうです。

    あと他に

    今後出てくるレンズとして

    XF70-300mm F4-5.6

    これ、わたしは使わないと思います。

    けど、すごいレンズだなあと思います。

    倍率を2倍にするテレコンバーターをレンズとカメラの間につけると

    35mm換算で900mmの焦点距離になるらしいんですよ。

    これはかなりすごい。

    あのサイズで

    あのサイズで900mmって

    かなり凄いなあと

    どんなもんが撮れるのかちょっと楽しみに待ってた人がいるんじゃないかなと思います。

    で、もう一本が

    XF18mm の F1.4

    これもリニューアルで

    今あるものは XF18mm の F2.0ですね。

    これが F1.4になる。

    F2から F1.4になるとかなり使いやすくなる。

    大きさもかなりちっちゃくまとまってるみたいで。

    これだと日常的な写真、

    日常風景ね

    家の中でも外でも

    使いやすいレンズになるんじゃないかなあ

    F2でも使えるんですけど

    部屋ん中とかね

    2よりも1.4の方が

    使える場面が増えてくるんじゃないかなと

    広角なんで情報量もたくさん入るんで

    日常のちょっとしたものを背景も入れながら撮れる。

    使いやすいカメラになる。

    もう一本XF27mmのリニューアルもあるような噂があったんで

    • 19分
    ノンアルコールのキリン グリーンズフリーが想像を超えて美味しかった

    ノンアルコールのキリン グリーンズフリーが想像を超えて美味しかった

    今回は、キリングリーンズフリーが届きましたよ。

    というお話です。

    このところずっと音声配信アプリ Anchorのお話が続いてました。

    日常のお話は、このところお休みしてたんですが、今日は久しぶりに日常の話になります。

    :::

    何かと言いますと

    ちょっと前にお話ししていた、noteフェスのイベントレポートの件。

    noteフェスのスポンサーの一つにキリンビールのキリンさんがありました。

    そのイベントレポートを募集して抽選で10名に賞品が当たりますというのがありました。

    それに当選してたみたいという話まではしていたと思います。

    届いたんです。賞品。

    2種類の中から選べたんです。

    キリン一番搾りかグリーンズフリー

    グリーンズフリーは、ノンアルコールです。

    この2種類のうち、選んだのがグリーンズフリー。

    350 ml 24缶あるんですよ。

    最近ビールとかお酒を全然飲まないようにしてるんでノンアルコールの方にしようかなと思ってそっちにしました。



    24缶の箱

    結構大きいですね。

    だいぶ量がありまして

    これビールやったらちょっと飲みきらへんなぁと



    ノンアルコールでよかったと思います。

    ビール飲めなくはないんです。

    もともとお酒は嫌いなほうじゃないです。

    飲むのは飲めるんですけど今やめてるんです。

    なのでノンアルコールにしました。

    最初ね

    そのまま飲んでみたんですよ。

    コップに注いで。

    もちろん冷やしてからですよ。



    冷蔵庫でしばらく冷やして冷えた頃を見計らってグラスに注いで飲んでみたんです。

    それだけで飲むとビールと違う味がするんで、ちょっと違和感を感じました。

    ご飯食べながらビールみたいにコップに注いで飲んでみるともうね

    あんまりビールと違いが分からないぐらい美味しくて



    香りもあって

    香りは、たぶん

    ビールよりいいんじゃないかなと

    好き嫌いはあるかもしれないですけど

    もしお店でそういう機会があったら

    どっちを選ぶかなと迷うぐらい美味しいと思いました。

    昔ね

    ノンアルコールが出た頃

    どこのメーカーやったか

    キリンじゃなかったと思うんですけど

    他のメーカーさんのノンアルコールビール飲んでみたことがあって

    だいぶ昔ですよ

    大昔

    ノンアルコールが出だした頃ね

    飲んでみたことがあるんですけど

    ちょっとこれは飲まれへんぞーと

    その当時は思ってたんですよ

    それから全然ノンアルコールの類は飲まなくてね

    何年も経って

    だいぶ研究開発進んだんでしょうね

    全然違いました

    当然なんですけどアルコール入ってないんで酔わないんですよ。

    当然なんですけど

    で、それがとても良くて

    別にビール飲んで酔いたいわけじゃない人もいるんですよ。

    私もそうなんですけど

    別に酔いたくて飲むわけじゃなくて



    味が好きで飲むだけなんでね

    なので昔から量は飲まないんです。

    お酒好きですけど、ちょっとだけ飲むのが好き

    酔いたいわけじゃなくてね

    味わいたい。

    メインは食べるもんなんでね

    私の場合はね

    食べるものにちょっと添えてるのがお酒っていう感じ。

    お酒が主じゃなくて

    食べるものが主

    になってるんで

    酔う酔わないは別にあまり重要じゃなくて

    ノンアルコール

    キリンのグリーンズフリー

    なかなか気に入りまし

    • 9分
    Anchorにアップロードする音声のファイル名で迷走した話

    Anchorにアップロードする音声のファイル名で迷走した話

    今回は、Anchorにアップロードするファイル名を日本語にするか英数字のままでいくか…

    というお話でした。

    :::

    今回の話は、またAnchorなんです。

    AnchorとApple Podcastの話になります。

    以前 WordPress で Apple Podcast に配信していました。(いまもしてます)

    ファイル名が日本語文字のファイル名だった場合、Apple Podcast にうまく配信できてなかったんです。

    なので Apple Podcast は日本語のファイル名に対応していないのかなと思ってました。

    mp3の配信ファイルに日本語を使わないように、英数文字でファイル名つけていました。

    最近、Anchorを使って配信をしています。

    Anchorでは、ファイルをアップロードすると一つのセクションとして登録されます。

    そのセクションを見分けるためにファイル名がつけられます。

    そのセクションのタイトルとして音声ファイルのファイル名が使われる。

    日付でファイル名を作っていました。

    日本語文字はだめなのかと思って

    するとAnchorにアップロードした時

    そのセクションは数字だけなんですよ。

    どれがどの話をしたセクションなのかわかりにくいん。

    ずらっと並んでますから。

    全部数字で

    それがちょっと不便だと

    でも日本語にしたらApple Podcastに配信されないかもしれないという不安もあってやってなかったんです。

    けど試しで日本語のファイル名にしてアップロードをAnchorでやってみようかなと

    Apple Podcastにも配信されるのかどうか

    出来なかったら悲しい

    ちょっと怖いんですけどやってみます。

    今後の事も考えるとね

    Anchorっていうのは

    一回アップロードしたファイルを順番を並べ替えたり、新しいのを間に入れたり、後ろに別の音声を追加したりできます。

    単発で5分とか10分とかの音声を配信してるんですけど

    関連した音声ファイルをまとめて一つの30分番組にするとか、そういったこともAnchorの中で簡単にできるんです。

    そういう場合にセクションの名前が日付だけだと並べにくい。見つけ出しにくい。

    そういうことも考えて

    ちょっと怖いですけど日本語ファイル名でセクションをアップロードしてみようかなと思ってます。

    これでもしできなかったら、失敗しよったなと思ってください。

    皆さんは失敗しないようにしていただければ、それでいいのかなと

    今回は、Anchorにアップロードするファイル名を日本語にするか英数字のままでいくか

    というお話でした。

    ちなみに、その後もApple Podcastで配信されてるようなので、大丈夫みたいです。良かった。

    今日も元気に楽しく

    • 8分

技術ニュースのトップPodcast