1エピソード

3Dテレビが一般家庭に普及する時代となっています。3Dテレビは今までのテレビと比べて「臨場感」が非常に高いと言われています。それでは「臨場感」とはいったいどのような感覚なのでしょうか。ある意味でこの「臨場感」とは、現実世界の物理空間から人間が受けている知覚刺激に類似した刺激を工学的に与えられることで生じる「騙された認知空間に存在している感覚」とも考えることができます。ここでは「臨場感」の医学との関係とその応用について考えてみます。
※ウェブブラウザから簡単に東大の公開講座や特別企画の配信映像を検索・閲覧するには、東大TV(http://todai.tv)が便利です。ぜひご活用ください。

小山 博史「騙された空間認知と医学」ー公開講座 2011 The University of Tokyo

    • 医学

3Dテレビが一般家庭に普及する時代となっています。3Dテレビは今までのテレビと比べて「臨場感」が非常に高いと言われています。それでは「臨場感」とはいったいどのような感覚なのでしょうか。ある意味でこの「臨場感」とは、現実世界の物理空間から人間が受けている知覚刺激に類似した刺激を工学的に与えられることで生じる「騙された認知空間に存在している感覚」とも考えることができます。ここでは「臨場感」の医学との関係とその応用について考えてみます。
※ウェブブラウザから簡単に東大の公開講座や特別企画の配信映像を検索・閲覧するには、東大TV(http://todai.tv)が便利です。ぜひご活用ください。

    • video
    小山 博史「騙された空間認知と医学」

    小山 博史「騙された空間認知と医学」

    3Dテレビが一般家庭に普及する時代となっています。3Dテレビは今までのテレビと比べて「臨場感」が非常に高いと言われています。それでは「臨場感」とはいったいどのような感覚なのでしょうか。ある意味でこの「臨場感」とは、現実世界の物理空間から人間が受けている知覚刺激に類似した刺激を工学的に与えられることで生じる「騙された認知空間に存在している感覚」とも考えることができます。ここでは「臨場感」の医学との関係とその応用について考えてみます。

    • 47分

医学のトップPodcast

The University of Tokyoのその他の作品