3エピソード

情報科学において必要とされる、集合論をもとにした基本的な数学概念を説明する。はじめに素朴集合論の概略を述べ、関係や、写像の概念の説明と例示を行う。これらを基にして、集合上に構造を付加していく。たとえば、単純グラフ、多重グラフ、視覚的にも興味を覚えるかもしれない平面的グラフ、情報理論では重宝されている木の概念、そして、計算論で大事なオートマトン理論などが紹介される。考えている構造をもつ対象がどれほどあるかを考察する、組み合わせ論を厳密に展開する。最後に符号理論に必要な代数系についても概略を述べる。

情報数学1 2013 Keio University

    • 教育
    • 4.7 • 3件の評価

情報科学において必要とされる、集合論をもとにした基本的な数学概念を説明する。はじめに素朴集合論の概略を述べ、関係や、写像の概念の説明と例示を行う。これらを基にして、集合上に構造を付加していく。たとえば、単純グラフ、多重グラフ、視覚的にも興味を覚えるかもしれない平面的グラフ、情報理論では重宝されている木の概念、そして、計算論で大事なオートマトン理論などが紹介される。考えている構造をもつ対象がどれほどあるかを考察する、組み合わせ論を厳密に展開する。最後に符号理論に必要な代数系についても概略を述べる。

    • video
    関係

    関係

    集合の積、関係の定義、グラフによる表現、同値関係、分割、関係の代数

    • 59分
    • video
    多重グラフ

    多重グラフ

    多重グラフの定義、オイラーグラフ、平面的グラフ、オイラーの定理、クラトフスキーの定理、彩色

    • 1 時間10分
    • video
    文法

    文法

    • 1 時間2分

カスタマーレビュー

4.7/5
3件の評価

3件の評価

教育のトップPodcast

他のリスナーはこちらのサブスクリプションにも登録しています

Keio Universityのその他の作品