11エピソード

この番組は、数字がちょっと苦手な中小企業経営者の方が、数字に強くなって業績をばりばりあげてもらうための応援番組です。

数字に強い社長になるポッドキャス‪ト‬ 数字に強い社長になるポッドキャスト作成委員会

    • マネージメント
    • 3.1 • 30件の評価

この番組は、数字がちょっと苦手な中小企業経営者の方が、数字に強くなって業績をばりばりあげてもらうための応援番組です。

    第627回 エクセルの関数を使いこなす

    第627回 エクセルの関数を使いこなす

    この番組は、数字がちょっと苦手な中小企業経営者の方が、数字に強くなって業績をばりばりあげてもらうための応援番組です。

    今回も、小野眸さんをゲストにお招きし、小野さんのご著書、「その作業、もっと効率よくできます!Excel時短仕事術」の内容についてお伺いしていきます。

    今回は、Excelの関数の使いこなし方についてお伺いします。

    小野さんによれば、Excelの関数の中で最も使われているものは、SUM関数ではないかということです。

    SUM関数とは、指定したセルの範囲の合計を計算してくれる関数のことです。

    このExcelの関数とは、あらかじめ用意された自動計算機能のことと考えるとよいということです。

    そして、SUM関数は、指定した範囲の数値を合計してくれるわけですが、AVERAGE関数では、指定した範囲の数値の平均を計算してくれるということです。

    この関数については、どれくらいの数の関数を覚えればよいかという質問が多いそうですが、それは、Excelをどのようなことに使っているかによって変わってくるそうです。

    したがって、単に、お金の出入りを管理するためだけにExcelを使っているのであれば、SUM関数だけを覚えればよいそうです。

    実際に関数を使うときは、セルの中に、”=”という記号に続いて、SUMなどの関数名を入力し、それに続いてカッコで囲んだ引数を入力するそうです。

    引数とは、計算に必要な情報のことで、SUM関数やAVERAGE関数では、計算するセルの範囲を入力するそうです。

    このように、ひとつの関数を覚えると、似たような関数はたくさんあるので、ふたつめ以降は、楽に覚えられるそうです。

    例えば、SUM関数に似たものに、COUNT関数というものがあり、それは、指定した範囲の中にデータがいくつあるかを数えてくれる関数だそうです。

    さらに、小野さんがお薦めする関数は、VLOOKUP関数で、関数の中で3番目に多く使われている関数だそうです。

    この関数の引数は複雑なので、説明は割愛するそうですが、この関数を使えば、例えば、入出金明細表の中から、どういうことにいくら使ったかを計算したり、どこの会社からどのような商品の販売代金なのかといった、詳しい集計を行えるようになるそうです。

    小野さんがもうひとつお薦めする関数に、ROUND関数があるそうです。

    これは、計算結果を四捨五入する関数だそうです。

    例えば、消費税などを計算したとき、Excelの表では整数で表示されていても、メモリー内部では、小数点以下も記録されているので、四捨五入の処理をしないままで合計額を計算すると、表示されている数値と違う金額となってしまうそうです。

    このようなことを避けるためにも、ROUND関数で端数処理を行うことをお薦めするそうです。

    • 11分
    新番組「マネジメント新時代の社長学」配信のお知らせ

    新番組「マネジメント新時代の社長学」配信のお知らせ

    マネジメント新時代の社長学この番組のキャスターの六角明雄が、ポッドキャストの新番組、「マネジメント新時代の社長学」の配信を開始しました。現在は、経営環境が高度に進展しており、商品やサービスで競争する時代から、経営やビジネスモデルで競争する時代にうつりつつあります。そのような新しい時代に、新しい感覚で鋭く事業に臨んでいただくために、マネジメント新時代に必要な「社長」のための基本的な知識とアドバイスを分かりやすく解説しながらお届けする番組です。ぜひ、お聴きください。iTunes ..

    号外 令和時代は勝つ会社ではなく負けない会社が生き残る

    号外 令和時代は勝つ会社ではなく負けない会社が生き残る

    令和元年11月13日に収録した、経営コンサルタントの林俊之(カカトコリ)先生との特別対談音声をお届けします。

    • 10分
    「図解でわかる経営の基本いちばん最初に読む本」発売のお知らせ

    「図解でわかる経営の基本いちばん最初に読む本」発売のお知らせ

    号外 「図解でわかる経営の基本いちばん最初に読む本」発売のお知らせこの番組の制作者の六角明雄の新刊「図解でわかる経営の基本いちばん最初に読む本」が29年3月に発売されました。お求めはお近くの書店か、こちらからどうぞ!→【Amazonで注文する】起業することが容易になり、経営に関心をもつ人も増えてきましたが、その一方で「経営とは何か?」という問いに答えられる人は意外と多くありません。そこで、本書が助け舟。経営理論の基礎知識や、経営者の役割、会社組織のしくみから、経営管理の手法や..

    • 4分
    第626回 ショートカットとフィルター

    第626回 ショートカットとフィルター

    この番組は、数字がちょっと苦手な中小企業経営者の方が、数字に強くなって業績をばりばりあげてもらうための応援番組です。

    今回も、小野眸さんをゲストにお招きし、小野さんのご著書、「その作業、もっと効率よくできます!Excel時短仕事術」の内容についてお伺いしていきます。

    今回は、Excelのルーティンワークの効率化についてお伺いします。

    小野さんによれば、Excelの操作を効率化する機能に、ショートカット機能があるそうです。

    ショートカット機能とは、CTR(コントロール)キーと、あるアルファベット(または、記号)キーのふたつを同時に押すことで、本来は、メニューから選んで行う操作を、ひとつの操作で行うことができるようになる機能です。

    したがって、ショートカット機能をたくさん知っていれば、それだけ操作も効率化するそうです。

    そして、ショートカット機能の代表的なものには、コピー機能と、ペースト機能があります。

    まず、コピーをしたいセルを選択し、つぎに、CTR+Cを押すと、選択したセルの内容が、クリップボード(コピーした内容が一時的に記録される場所)にコピーされます。

    さらに、別のセルを選択し、そこで、CTR+Vを押すと、クリップボードに保存された内容が、そのセルに書き込まれ(貼り付けされ)ます。

    ちなみに、このコピー・アンド・ペーストは、頻繁に使われる機能ですが、貼り付けの際に、コピー元のすべてを貼り付けるのではなく、データのみをコピーする、書式だけを貼り付ける、縦横を入れ替えて貼り付けるなどの機能もあるので、このような機能も使うことで、さらに効率が高まります。

    そして、このコピペ機能は、Excel以外の、Woed、PowerPointなどのソフトでも使うことができるので、Excelで覚えた機能で、他のソフトの操作効率も高めることができるようになります。

    もうひとつ、小野さんがお薦めする機能は、フィルター機能だそうです。

    フィルター機能は、特定のデータだけを表示させる機能だそうです。

    例えば、年間の取引明細のうち、3月だけを表示させたり、特定の取引先だけを表示させたり、一定の金額以上の取引だけを表示させるということができるそうです。

    このようなExcelのさまざまな機能を覚えると、Excelの操作が楽しくなっていくので、さらにゲーム感覚で、たくさんの機能を覚えて行っていただくと、Excelのスキルを迅速に高めるようにすることができるということです。

    • 10分
    第625回 暗黙のルールを知ることがExcel上達のコツ

    第625回 暗黙のルールを知ることがExcel上達のコツ

    この番組は、数字がちょっと苦手な中小企業経営者の方が、数字に強くなって業績をばりばりあげてもらうための応援番組です。

    今回も、小野眸さんをゲストにお招きし、小野さんのご著書、「その作業、もっと効率よくできます!Excel時短仕事術」の内容についてお伺いしていきます。

    今回は、Excelでどのようなことができるのかということについてお伺いします。

    小野さんによれば、小野さんがExcelの研修をしてきたご経験から感じることは、Excelのことは分かっていると考えている方であっても、意外とExcelの機能の中に知らないものがあるそうです。

    というのも、Excelを使い始める前に、Excelについて基本的なことを学ばずに、いきなり使い始めた方は、そのようになってしまうそうです。

    そして、Excelは、表やグラフが作れるだけでなく、請求管理システム、見積発行システムなど、外部システムからデータをダウンロードして、Excelで加工できるということ、Excelでデータの分析ができるということも、小野さんのご著書で説明されているということです。

    さらに、Excelのさまざまな機能を活用して、時短を進めることができるということも書かれているので、小野さんのご著書のチャプター1は、ぜひ、お読みいただきたいということです。

    つぎに、Excelの表で、日付が入力されているはずのセルに、“#”が表示されてしまったり、“3-4”と入力すると「3月4日」というように、勝手に日付が入力されてしまったりして、その理由がわからずにとまどってしまう方も多いそうです。

    これらは、Excelの暗黙のルールによって起きることだそうです。

    “#”は列の幅が狭すぎるときに表示されるので、列の幅を広げれば、きちんと日付が表示されるそうです。

    そして、“3-4”と入力すると、Excelでは日付が入力されたと認識するので、書式設定で表示の仕方を変えれば、入力しなおすことなく、指定した形式で表示されるようになるそうです。

    このような、暗黙のルールを理解していくことが、Excelのスキルを上達するコツになるそうです。

    また、検索や置換の機能も理解しておくと、作業時間を短縮し、仕事の効率化を図ることができるようになるそうです。

    • 9分

カスタマーレビュー

3.1/5
30件の評価

30件の評価

ひできちくん

歯切れが悪すぎて聞く気になれない。

内容は興味深いのだが、トークの歯切れの悪さが際立つ。
素人だし無料だから仕方ない。

鯖缶➕α

9年間もやってる...

初回の話し方はホントにひどいwww
でも9年もやってると人って変わるんですね!!
初期の音声も今から撮り直していただけるとありがたいです(╹◡╹)

tーtanapy

今年の4月から聞きましたが…

マーケティングも復習を兼ねて聞いていますが、いつも六角氏の棒読みですね。対話形式を聞いたことがありません。

マネージメントのトップPodcast

他のリスナーはこちらのサブスクリプションにも登録しています