506本のエピソード

新ニッポンの話芸ポッドキャスト

新ニッポンの話芸ポッドキャスト 別‪館‬ 新ニッポンの話芸

    • コメディ
    • 4.1 • 223件の評価

新ニッポンの話芸ポッドキャスト

    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第506回 【にっぽり館の現状】

    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第506回 【にっぽり館の現状】

    立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

    • 34分
    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第505回 【大喜利配信/三遊亭遊七さん】

    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第505回 【大喜利配信/三遊亭遊七さん】

    立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

    • 27分
    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第504回 【馬るこ師匠 笑点 人気若手落語家 対抗大喜利出演】

    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第504回 【馬るこ師匠 笑点 人気若手落語家 対抗大喜利出演】

    立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

    • 27分
    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第503回 【広瀬和生著「落語の目利き」(題字・イラスト三遊亭兼好)絶賛発売中!】

    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第503回 【広瀬和生著「落語の目利き」(題字・イラスト三遊亭兼好)絶賛発売中!】

    立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

    • 32分
    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第502回 【なめられる先輩】

    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第502回 【なめられる先輩】

    立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

    • 30分
    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第501回 【かしめさん近況】

    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第501回 【かしめさん近況】

    立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

    • 33分

カスタマーレビュー

4.1/5
223件の評価

223件の評価

伊吹音

楽しい

現代に生きるナマの落語家さんの当事者側の話が聞けて楽しめる。
流派が色々というのも興味深いし、広瀬さんのキレのあるコメントがスパイシーで面白い。

マツ林

週末は繰り返し聴いています

落語会の方も毎回、拝見しています。
配信も楽しみにリピートして聞いていましたが、コロナ禍になってからの配信がひどくて1回ずつしか聞かなくなりました。
マスクは強制ではありません。
ワクチンも任意です。
それを不織布マスクをしない人を人間と見做さない発言は如何なものかと思います。
一方的な見解で、しかも正しいか分からないただの全体主義。
いろいろな人がいる、だから面白いっていうのが落語の捉え方だと思っていました。
不織布(ただの石油製品)マスク(ただの雑品)をしない人を非難する考えをお持ちでも構いませんが、それをおおっぴらに公開することは良いことですか?
その人が石油製品アレルギーだったら、呼吸困難な病気だったら、とは考えがおよびませんか?

ひろふっか

本当に面白い

たまに当たりがきついかな?などの意見をみますが、
実際に会に足を運んだり配信などを観ているとお互いの事をとても信頼していてリスペクトをしているのがよくわかる꒰ ♡´∀`♡ ꒱
そうでなければこんなに長く続くコンテンツにはなってないですよねꉂ ૡ(・ꈊ・ૣེ

コメディのトップPodcast

TBS RADIO
TBS RADIO
TBS RADIO
ニッポン放送
ニッポン放送
ニッポン放送

その他のおすすめ

渋谷らくごのポッドキャスト「まくら」
東京ポッド許可局
サンキュータツオ
ニッポン放送
文化放送PodcastQR
ニッポン放送