600 episodes

新ニッポンの話芸ポッドキャスト

新ニッポンの話芸ポッドキャスト 別‪館‬ 新ニッポンの話芸

    • Comedy
    • 4.0 • 239 Ratings

新ニッポンの話芸ポッドキャスト

    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第600回【新ニッポンの話芸の歴史:公開トークのお知らせ】

    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第600回【新ニッポンの話芸の歴史:公開トークのお知らせ】

    立川こしら(たてかわ こしら)
    1975年生まれ 千葉県出身
    1996年5月立川志らくに入門「らく平」
    2002年5月二つ目昇進「こしら」
    2012年12月真打昇進
    落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。
    落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」


    鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ)
    1980年生まれ 山口県出身
    2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」
    2006年5月二つ目昇進
    2017年3月真打昇進
    落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。

    三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ)
    1979年生まれ 愛知県出身
    2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」
    2006年10月二つ目昇進「きつつき」
    2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名
    五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。

    広瀬和生(ひろせ かずお)
    1960年生まれ。埼玉県出身。
    へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長
    年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

    • 42 min
    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第599回 【立川こらくさんの伝説】

    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第599回 【立川こらくさんの伝説】

    立川こしら(たてかわ こしら)
    1975年生まれ 千葉県出身
    1996年5月立川志らくに入門「らく平」
    2002年5月二つ目昇進「こしら」
    2012年12月真打昇進
    落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。
    落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」


    鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ)
    1980年生まれ 山口県出身
    2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」
    2006年5月二つ目昇進
    2017年3月真打昇進
    落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。

    三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ)
    1979年生まれ 愛知県出身
    2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」
    2006年10月二つ目昇進「きつつき」
    2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名
    五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。

    広瀬和生(ひろせ かずお)
    1960年生まれ。埼玉県出身。
    へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長
    年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

    • 25 min
    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第598回 【馬るこ師匠近況】

    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第598回 【馬るこ師匠近況】

    立川こしら(たてかわ こしら)
    1975年生まれ 千葉県出身
    1996年5月立川志らくに入門「らく平」
    2002年5月二つ目昇進「こしら」
    2012年12月真打昇進
    落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。
    落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」


    鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ)
    1980年生まれ 山口県出身
    2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」
    2006年5月二つ目昇進
    2017年3月真打昇進
    落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。

    三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ)
    1979年生まれ 愛知県出身
    2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」
    2006年10月二つ目昇進「きつつき」
    2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名
    五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。

    広瀬和生(ひろせ かずお)
    1960年生まれ。埼玉県出身。
    へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長
    年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

    • 26 min
    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第597回 【かしめさん真打への道】

    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第597回 【かしめさん真打への道】

    立川こしら(たてかわ こしら)
    1975年生まれ 千葉県出身
    1996年5月立川志らくに入門「らく平」
    2002年5月二つ目昇進「こしら」
    2012年12月真打昇進
    落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。
    落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」


    鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ)
    1980年生まれ 山口県出身
    2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」
    2006年5月二つ目昇進
    2017年3月真打昇進
    落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。

    三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ)
    1979年生まれ 愛知県出身
    2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」
    2006年10月二つ目昇進「きつつき」
    2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名
    五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。

    広瀬和生(ひろせ かずお)
    1960年生まれ。埼玉県出身。
    へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長
    年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

    • 36 min
    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第596回 【鈴々舎美馬さん】

    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第596回 【鈴々舎美馬さん】

    立川こしら(たてかわ こしら)
    1975年生まれ 千葉県出身
    1996年5月立川志らくに入門「らく平」
    2002年5月二つ目昇進「こしら」
    2012年12月真打昇進
    落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。
    落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」


    鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ)
    1980年生まれ 山口県出身
    2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」
    2006年5月二つ目昇進
    2017年3月真打昇進
    落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。

    三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ)
    1979年生まれ 愛知県出身
    2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」
    2006年10月二つ目昇進「きつつき」
    2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名
    五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。

    広瀬和生(ひろせ かずお)
    1960年生まれ。埼玉県出身。
    へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長
    年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

    • 22 min
    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第595回 【こしら師匠 入退院の顛末-2】

    新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第595回 【こしら師匠 入退院の顛末-2】

    立川こしら(たてかわ こしら)
    1975年生まれ 千葉県出身
    1996年5月立川志らくに入門「らく平」
    2002年5月二つ目昇進「こしら」
    2012年12月真打昇進
    落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。
    落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」


    鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ)
    1980年生まれ 山口県出身
    2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」
    2006年5月二つ目昇進
    2017年3月真打昇進
    落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。

    三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ)
    1979年生まれ 愛知県出身
    2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」
    2006年10月二つ目昇進「きつつき」
    2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名
    五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。

    広瀬和生(ひろせ かずお)
    1960年生まれ。埼玉県出身。
    へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長
    年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

    • 26 min

Customer Reviews

4.0 out of 5
239 Ratings

239 Ratings

伊吹音 ,

楽しい

現代に生きるナマの落語家さんの当事者側の話が聞けて楽しめる。
流派が色々というのも興味深いし、広瀬さんのキレのあるコメントがスパイシーで面白い。

らとちゃん2 ,

音量が…

とても面白い。ただ声が聞こえにくいのが残念。会議室で録音してるのか分からないけど、マイクが遠いのか音量上げても声がこもってる。

seisyu02 ,

笑えます

良く聞いてます。お腹捩れて痛いことがあるくらい面白い🤣

Top Podcasts In Comedy

ランジャタイの○○[オールナイトニッポンPODCAST]
ニッポン放送
マユリカのうなげろりん!!
ラジオ関西
ジェーン・スー 生活は踊る
TBS RADIO
お互いさまっす
松岡茉優&伊藤沙莉
大久保佳代子とらぶぶらLOVE
TBS RADIO
紅しょうがは好きズキ!
ラジオ関西

You Might Also Like

渋谷らくごのポッドキャスト「まくら」
渋谷らくごのポッドキャスト「まくら」
桂宮治「これが宮治でございます」
TBS RADIO
問わず語りの神田伯山
TBS RADIO
東京ポッド許可局
東京ポッド許可局
大吉ポッドキャスト いったん、ここにいます!
TBS RADIO
ナイツのちゃきちゃき大放送
TBS RADIO