108エピソード

歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった歴史GEEKどもがお届けする歴史インターネットラジオです。日本と世界の歴史を「おもしろく」「おかしく」、たまには「ディ~プに♡」語ります。私達が日常的に直面する悩みも、世の中の難しい流れも、職場の人間関係も!?歴史を知れば解決できるかも!?COTEN RADIO is a variety history radio show, published by the crazy history geeks group "COTEN" in Japan.

歴史を面白く学ぶコテンラジオ (COTEN RADIO ) COTEN inc.

    • 歴史

歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった歴史GEEKどもがお届けする歴史インターネットラジオです。日本と世界の歴史を「おもしろく」「おかしく」、たまには「ディ~プに♡」語ります。私達が日常的に直面する悩みも、世の中の難しい流れも、職場の人間関係も!?歴史を知れば解決できるかも!?COTEN RADIO is a variety history radio show, published by the crazy history geeks group "COTEN" in Japan.

    #86 三蔵法師・玄奘 ― 経典を乗せた船がまさかの転覆!?波乱万丈の西遊記最終章【COTEN RADIO】

    #86 三蔵法師・玄奘 ― 経典を乗せた船がまさかの転覆!?波乱万丈の西遊記最終章【COTEN RADIO】

    歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史ラジオです!

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?



    今回のテーマは 「三蔵法師・玄奘」 です。

    小説では『西遊記』の主人公、 史実では仏教界のスーパースター、 そして『般若心経』の翻訳者。

    彼の生涯は一見してとてもシンプル。

    お坊さんになって、インドまで旅して、 お経を運んで国に帰って、翻訳した。

    これだけです。

    大軍を率いて戦争したこともなければ、 皇帝や宰相になったこともなく、 世界を一変させた技術の発明者でもありません。

    ではなぜ1400年経った今も玄奘の名前が現代まで伝わっているのか?

    それは彼が常人ではなし得ない巨大な偉業をなし得たからにほかなりません。

    地球一周半の距離を踏破し、人生全てを仏教と己の探究心に捧げ尽くした 玄奘の鮮烈な一生を皆さんと分かち合えればと思います。

    ぜひご視聴下さい。



    【ポイント】

    ①インドの最高峰の仏教大学、ナーランダ大学に入学した玄奘は頭角を現し、数千人の僧の中のいる中でトップ10に入る

    ②玄奘の時代のインドにおいて仏教は既に衰退の道を辿っており、ヒンドゥー教はじめ異教が盛んになっていた

    ③単に自分の知識欲の充足だけではなく、母国に正しい仏法を伝え広めたいという公的な使命感(+戒律の存在)があったため、玄奘は帰国を決意し過酷な旅に再び身を投じたと思われる



    【出演&Twitter】

    株式会社コテン 深井龍之介 @cotenfukai

    株式会社コテン 楊睿之 @AcYang5

    株式会社BOOK 樋口聖典 @HiguchiKi



    コテンラジオTwitter公式アカウント @CotenRadio



    参考文献(随時更新中)

    http://bit.do/fqvLb



    ラジオのご感想、トークテーマのご提案はこちらまで

    radio@coten.co.jp



    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。

    • 20分
    #85 玄奘ウルルン西遊記 ― 三蔵法師が遊牧民の王と出会った【COTEN RADIO】

    #85 玄奘ウルルン西遊記 ― 三蔵法師が遊牧民の王と出会った【COTEN RADIO】

    歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史ラジオです!

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?



    今回のテーマは 「三蔵法師・玄奘」 です。

    小説では『西遊記』の主人公、 史実では仏教界のスーパースター、 そして『般若心経』の翻訳者。

    彼の生涯は一見してとてもシンプル。

    お坊さんになって、インドまで旅して、 お経を運んで国に帰って、翻訳した。

    これだけです。

    大軍を率いて戦争したこともなければ、 皇帝や宰相になったこともなく、 世界を一変させた技術の発明者でもありません。

    ではなぜ1400年経った今も玄奘の名前が現代まで伝わっているのか?

    それは彼が常人ではなし得ない巨大な偉業をなし得たからにほかなりません。

    地球一周半の距離を踏破し、人生全てを仏教と己の探究心に捧げ尽くした 玄奘の鮮烈な一生を皆さんと分かち合えればと思います。

    ぜひご視聴下さい。



    【ポイント】

    ①玄奘一行は氷山越えに際して4割死ぬ  

    ②王様から貰ったお金を盗賊に取られる  

    ③異教徒に捕まえられて生贄に捧げられかける



    【出演&Twitter】

    株式会社コテン 深井龍之介 @cotenfukai

    株式会社コテン 楊睿之 @AcYang5

    株式会社BOOK 樋口聖典 @HiguchiKi



    コテンラジオTwitter公式アカウント @CotenRadio



    参考文献(随時更新中)

    http://bit.do/fqvLb



    ラジオのご感想、トークテーマのご提案はこちらまで

    radio@coten.co.jp



    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。

    • 21分
    #84 本当は一人ぼっち?三蔵法師のリアル西遊記【COTEN RADIO】

    #84 本当は一人ぼっち?三蔵法師のリアル西遊記【COTEN RADIO】

    歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史ラジオです!

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?



    今回のテーマは 「三蔵法師・玄奘」 です。

    小説では『西遊記』の主人公、 史実では仏教界のスーパースター、 そして『般若心経』の翻訳者。



    彼の生涯は一見してとてもシンプル。

    お坊さんになって、インドまで旅して、 お経を運んで国に帰って、翻訳した。

    これだけです。

    大軍を率いて戦争したこともなければ、 皇帝や宰相になったこともなく、 世界を一変させた技術の発明者でもありません。



    ではなぜ1400年経った今も玄奘の名前が現代まで伝わっているのか?

    それは彼が常人ではなし得ない巨大な偉業をなし得たからにほかなりません。

    地球一周半の距離を踏破し、人生全てを仏教と己の探究心に捧げ尽くした 玄奘の鮮烈な一生を皆さんと分かち合えればと思います。

    ぜひご視聴下さい。



    【ポイント】

    ①玄奘は無謀な旅に出たわけではなく、旅の計画を戦略的に行っていた節がある。言語の習得、情報収集、(西域に詳しいと思われる)商人の確保といった準備を実施した。

    ②灼熱と極寒の砂漠で飲まず食わず彷徨い、死にかけたうえ幻覚まで見えるようになる。その時に唱えたのが『般若心経』。

    ③旅の途中で入国した高昌国の王・麴文泰(きくぶんたい)は玄奘に向こう20年分の旅費を渡し、彼の最大のスポンサーとなった。



    【出演&Twitter】

    株式会社コテン 深井龍之介 @cotenfukai

    株式会社コテン 楊睿之 @AcYang5

    株式会社BOOK 樋口聖典 @HiguchiKi

    コテンラジオTwitter公式アカウント @CotenRadio



    参考文献(随時更新中)

    http://bit.do/fqvLb



    ラジオのご感想、トークテーマのご提案はこちらまで

    radio@coten.co.jp



    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。

    • 25分
    #83 井の中の玄奘、大海を知る。真理を求めてインドへGO!【COTEN RADIO】

    #83 井の中の玄奘、大海を知る。真理を求めてインドへGO!【COTEN RADIO】

    歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史COTEN RADIOです! 

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?



    今回のテーマは 

    「三蔵法師・玄奘」

    です。

      

    小説では『西遊記』の主人公、

    史実では仏教界のスーパースター、

    そして『般若心経』の翻訳者。



    彼の生涯は一見してとてもシンプル。

    お坊さんになって、インドまで旅して、

    お経を運んで国に帰って、翻訳した。

    これだけです。



    大軍を率いて戦争したこともなければ、

    皇帝や宰相になったこともなく、

    世界を一変させた技術の発明者でもありません。



    ではなぜ1400年経った今も玄奘の名前が現代まで伝わっているのか?

    それは彼が常人ではなし得ない巨大な偉業をなし得たからにほかなりません。

    地球一周半の距離を踏破し、人生全てを仏教と己の探究心に捧げ尽くした

    玄奘の鮮烈な一生を皆さんと分かち合えればと思います。



    ぜひご視聴下さい。



    【ポイント】

    ①翻訳された既存の経典だけの研究に限界を感じ、これ以上真理を突き詰めるにはもはや原典に当たるしかないと玄奘は考えるようになった。

    ②知的欲求不満が最高潮に達した時に、本場インドからやって来た仏教の偉い先生の口から仏教研究の最高峰・ナーランダ大学のことを聞く。

    ③西天取経の旅にいくことに決めた玄奘がまず取り掛かったのは、サンスクリット語をはじめ外国語の勉強だった。



    【出演&Twitter】

    株式会社コテン  深井龍之介(https://twitter.com/cotenfukai)

    株式会社コテン  楊睿之(https://twitter.com/AcYang5)

    株式会社BOOK    樋口聖典(https://twitter.com/HiguchiKi)



    【収録】

    いいかねPalette

    http://palette.jp.net/



    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。

    • 16分
    #82 三蔵法師、旅立ち前夜 ― イケメン過ぎて裏口入門!?【COTEN RADIO】

    #82 三蔵法師、旅立ち前夜 ― イケメン過ぎて裏口入門!?【COTEN RADIO】

    歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史COTEN RADIOです! 

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!?



    今回のテーマは 

    「三蔵法師・玄奘」

    です。

      

    小説では『西遊記』の主人公、

    史実では仏教界のスーパースター、

    そして『般若心経』の翻訳者。



    彼の生涯は一見してとてもシンプル。

    お坊さんになって、インドまで旅して、

    お経を運んで国に帰って、翻訳した。

    これだけです。



    大軍を率いて戦争したこともなければ、

    皇帝や宰相になったこともなく、

    世界を一変させた技術の発明者でもありません。



    ではなぜ1400年経った今も玄奘の名前が現代まで伝わっているのか?

    それは彼が常人ではなし得ない巨大な偉業をなし得たからにほかなりません。

    地球一周半の距離を踏破し、人生全てを仏教と己の探究心に捧げ尽くした

    玄奘の鮮烈な一生を皆さんと分かち合えればと思います。



    ぜひご視聴下さい。



    【ポイント】



    ①玄奘の父は役人かつ教養人、母も役人の娘、兄は優秀で評判が高い。

    財と学に恵まれた環境に生まれた玄奘であったが、後に両親の死別で物凄く苦労する。



    ②実力とルックス、そして運によってわずか13歳で出家を許される。



    ③「最高の学問が得られるかどうか?」が生涯を貫く行動原理だった玄奘は、自分が最も学べる環境を最優先して10代から各地を転々とした。



    【出演&Twitter】

    株式会社コテン  深井龍之介(https://twitter.com/cotenfukai)

    株式会社コテン  楊睿之(https://twitter.com/AcYang5)

    株式会社BOOK    樋口聖典(https://twitter.com/HiguchiKi)



    【収録】

    いいかねPalette

    http://palette.jp.net/



    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。

    ※内容は諸説あります。

    • 16分
    #81 空の思想?え。なにそれ。 ― 三蔵法師の愛した唯識論【COTEN RADIO】

    #81 空の思想?え。なにそれ。 ― 三蔵法師の愛した唯識論【COTEN RADIO】

    歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった株式会社コテンがお届けする、歴史COTEN RADIOです! 

    私達が日常的に直面する悩みも、歴史を知れば解決できるかも!? 

    今回のテーマは 「三蔵法師・玄奘」 です。 

    小説では『西遊記』の主人公、 

    史実では仏教界のスーパースター、 

    そして『般若心経』の翻訳者。



    彼の生涯は一見してとてもシンプル。

    お坊さんになって、インドまで旅して、 お経を運んで国に帰って、翻訳した。 

    これだけです。 

    大軍を率いて戦争したこともなければ、 

    皇帝や宰相になったこともなく、 

    世界を一変させた技術の発明者でもありません。 



    ではなぜ1400年経った今も玄奘の名前が現代まで伝わっているのか? 

    それは彼が常人ではなし得ない巨大な偉業をなし得たからにほかなりません。 

    地球一周半の距離を踏破し、人生全てを仏教と己の探究心に捧げ尽くした 玄奘の鮮烈な一生を皆さんと分かち合えればと思います。 

    ぜひご視聴下さい。 



    【ポイント】 

    ①玄奘の旅の動機の根底にあったは大乗仏教の根幹をなす「唯識(ゆいしき)思想」への探究心。変態にしか理解できない壮大かつ緻密なロジックの世界。  


    ②唯識思想は『般若心経』などで説かれている「空の思想」のアップデート版。あらゆる物質や現象は刻々変化していて、固有の実体は存在しない。実体があるように見えるのは、私たちの心(認識)があるという考え。  


    ③仏教は国家事業だった当時、玄奘含め当時の僧侶は国家公務員&国立大学教授の立ち位置。今と違って研究職の側面が強かった。 



    【出演&Twitter】

    株式会社コテン  深井龍之介(@CotenFukai)

    株式会社コテン  楊睿之(@AcYang5)

    株式会社BOOK       樋口聖典(@HiguchiKi)



    【収録】

    いいかねPalette

    http://palette.jp.net/



    ☆コテンラジオTwitter公式アカウント☆

    https://twitter.com/CotenRadio



    ☆番組のチャンネル登録はこちら☆

    http://urx2.nu/Y1U2



    ☆参考文献は随時更新中☆

    http://bit.do/fqvLb



    ラジオのご感想、トークテーマのご提案はこちらまで 

    radio@coten.co.jp 



    ※自由気ままな歴史トークですので、厳密な考証は行っておりません。 

    ※内容は諸説あります。

    • 18分

カスタマーレビュー

koyasato

ハマってます

毎日の孤独な家事作業中は先の不安やら何やら...頭の中に良いこと1ミリも浮かんできまでした。そんな中たまたま聴き始め、おかげさまで感心したり笑ったり、勉強にもなるし感謝です。これからも楽しみにしております。

なおっちゃお

歴史ってなに?

歴史は固有名詞、地名、発生年代等を覚える勉強と学校で習ってたときは思ってた。そしてそれはそれで結構好きだったのだが、そのバックグラウンドを持ってこのポッドキャスト聴くと、更にレキシの面白さが倍増するのだ。コテンの2人の切り口は決まりきって固まってた歴史アタマを柔らかくしてくれる。そして樋口さんの科学系の考え方が結構スパイスとなってコテンの2人の話を広げてくれている。ビッグバンを見たいとか、あの発想はオモロイ。ビッグバンの前には人類の歴史なんで塵の如しである。あら歴史語る意味がなくなっちゃいますね。でももっと歴史に科学の感覚を入れて欲しいですよ。これからも楽しみにしてます。

壱智村小真

オススメ

まず、聞いて楽しい。テンポが良くてアカデミックで、気さくで親しみやすい雰囲気でどんどん興味深くなるし、歴史を通して自分が生きる現代を見直して、新しい物の見方を得る事が出来ました。

歴史のトップPodcast

他のリスナーはこちらのサブスクリプションにも登録しています