60エピソード

東京大学学術俯瞰講義 2006 「生命の科学」 21世紀は「生命科学」の時代とも言われている。それほど生命科学は20世紀から21世紀にかけて急速な発展と変化がみられてきた。その一つはヒト を含めて生命を“分子の言葉”で理解することが急速に進んできて可能になっていることによる。 ヒトを含めたモデル生物のゲノム解読、細胞内情報伝達のしくみ、形づくりに関する遺伝子の解 明、プロテオミクス、脳科学の解明などである。もう一つは、生命科学が今までの医学、農学、薬学、理学(生物科学)など、いわゆる生物科学という枠を超えて工学、教育学、経済学、情報学、環境学、認知学など、学際的かつ総合科学として大きく発展している。 そのような生命科学が大きな拡がりをもち、発展と変化の中で生命科学をどのように俯瞰的にみていくのかは正直、非常に大きな課題である。この学術俯瞰講義では、個体 の発生を通しての形づくりと器官形成、分子モーターからみた生命、ウイルス学、ゲノム科学と進化などに焦点をあて て、「生命」について俯瞰してみたい。各生物がもつ生命の歴史とそこに秘められた奥深さと美しさ、構造と機能の調和、ウイルスと人類の戦いのドラマなどを通して生命のもつ多様性と一様性など、「生命知」について語ってもらう。

「生命の科学」—学術俯瞰講義2006 The University of Tokyo

    • 科学

東京大学学術俯瞰講義 2006 「生命の科学」 21世紀は「生命科学」の時代とも言われている。それほど生命科学は20世紀から21世紀にかけて急速な発展と変化がみられてきた。その一つはヒト を含めて生命を“分子の言葉”で理解することが急速に進んできて可能になっていることによる。 ヒトを含めたモデル生物のゲノム解読、細胞内情報伝達のしくみ、形づくりに関する遺伝子の解 明、プロテオミクス、脳科学の解明などである。もう一つは、生命科学が今までの医学、農学、薬学、理学(生物科学)など、いわゆる生物科学という枠を超えて工学、教育学、経済学、情報学、環境学、認知学など、学際的かつ総合科学として大きく発展している。 そのような生命科学が大きな拡がりをもち、発展と変化の中で生命科学をどのように俯瞰的にみていくのかは正直、非常に大きな課題である。この学術俯瞰講義では、個体 の発生を通しての形づくりと器官形成、分子モーターからみた生命、ウイルス学、ゲノム科学と進化などに焦点をあて て、「生命」について俯瞰してみたい。各生物がもつ生命の歴史とそこに秘められた奥深さと美しさ、構造と機能の調和、ウイルスと人類の戦いのドラマなどを通して生命のもつ多様性と一様性など、「生命知」について語ってもらう。

    • video
    第1回(1):浅島 誠「発生生物学からみた生命科学」

    第1回(1):浅島 誠「発生生物学からみた生命科学」

    卵から親への形作りのメカニズム 多種多様な生物種の数だけ、発生があり、ひとつの細胞から多細胞生物として安定な細胞集団が作られる。卵形成の間に物質を取り込んだり合成したりすることで、極性や勾配ができ、これらが遺伝子発現や細胞分化につながる。接している細胞をある組織に分化させる働きを誘導というが、そのうち中胚葉誘導は発生過程での細胞分化と形態形成の最初のシグナルといえる。中胚葉誘導因子アクチビンは、濃度依存的な細胞分化を誘導し、多くの臓器を作り出す事ができる。腔形成もまた、生物の形づくりに寄与している。

    • 17分
    • video
    第1回(2):浅島 誠「発生生物学からみた生命科学」

    第1回(2):浅島 誠「発生生物学からみた生命科学」

    卵から親への形作りのメカニズム 多種多様な生物種の数だけ、発生があり、ひとつの細胞から多細胞生物として安定な細胞集団が作られる。卵形成の間に物質を取り込んだり合成したりすることで、極性や勾配ができ、これらが遺伝子発現や細胞分化につながる。接している細胞をある組織に分化させる働きを誘導というが、そのうち中胚葉誘導は発生過程での細胞分化と形態形成の最初のシグナルといえる。中胚葉誘導因子アクチビンは、濃度依存的な細胞分化を誘導し、多くの臓器を作り出す事ができる。腔形成もまた、生物の形づくりに寄与している。

    • 15分
    • video
    第1回(3):浅島 誠「発生生物学からみた生命科学」

    第1回(3):浅島 誠「発生生物学からみた生命科学」

    卵から親への形作りのメカニズム 多種多様な生物種の数だけ、発生があり、ひとつの細胞から多細胞生物として安定な細胞集団が作られる。卵形成の間に物質を取り込んだり合成したりすることで、極性や勾配ができ、これらが遺伝子発現や細胞分化につながる。接している細胞をある組織に分化させる働きを誘導というが、そのうち中胚葉誘導は発生過程での細胞分化と形態形成の最初のシグナルといえる。中胚葉誘導因子アクチビンは、濃度依存的な細胞分化を誘導し、多くの臓器を作り出す事ができる。腔形成もまた、生物の形づくりに寄与している。

    • 13分
    • video
    第1回(4):浅島 誠「発生生物学からみた生命科学」

    第1回(4):浅島 誠「発生生物学からみた生命科学」

    卵から親への形作りのメカニズム 多種多様な生物種の数だけ、発生があり、ひとつの細胞から多細胞生物として安定な細胞集団が作られる。卵形成の間に物質を取り込んだり合成したりすることで、極性や勾配ができ、これらが遺伝子発現や細胞分化につながる。接している細胞をある組織に分化させる働きを誘導というが、そのうち中胚葉誘導は発生過程での細胞分化と形態形成の最初のシグナルといえる。中胚葉誘導因子アクチビンは、濃度依存的な細胞分化を誘導し、多くの臓器を作り出す事ができる。腔形成もまた、生物の形づくりに寄与している。

    • 14分
    • video
    第1回(5):浅島 誠「発生生物学からみた生命科学」

    第1回(5):浅島 誠「発生生物学からみた生命科学」

    卵から親への形作りのメカニズム 多種多様な生物種の数だけ、発生があり、ひとつの細胞から多細胞生物として安定な細胞集団が作られる。卵形成の間に物質を取り込んだり合成したりすることで、極性や勾配ができ、これらが遺伝子発現や細胞分化につながる。接している細胞をある組織に分化させる働きを誘導というが、そのうち中胚葉誘導は発生過程での細胞分化と形態形成の最初のシグナルといえる。中胚葉誘導因子アクチビンは、濃度依存的な細胞分化を誘導し、多くの臓器を作り出す事ができる。腔形成もまた、生物の形づくりに寄与している。

    • 12分
    • video
    第1回(6):浅島 誠「発生生物学からみた生命科学」

    第1回(6):浅島 誠「発生生物学からみた生命科学」

    卵から親への形作りのメカニズム 多種多様な生物種の数だけ、発生があり、ひとつの細胞から多細胞生物として安定な細胞集団が作られる。卵形成の間に物質を取り込んだり合成したりすることで、極性や勾配ができ、これらが遺伝子発現や細胞分化につながる。接している細胞をある組織に分化させる働きを誘導というが、そのうち中胚葉誘導は発生過程での細胞分化と形態形成の最初のシグナルといえる。中胚葉誘導因子アクチビンは、濃度依存的な細胞分化を誘導し、多くの臓器を作り出す事ができる。腔形成もまた、生物の形づくりに寄与している。

    • 11分

科学のトップPodcast

他のリスナーはこちらのサブスクリプションにも登録しています

The University of Tokyoのその他の作品