3エピソード

 エネルギー資源については、量ではなく、質の問題として捉えて議論することが必要です。
 本シンポジウムは、そのための指標としてエネルギー利得率の利用の普及を図っている「もったいない学会」と共同で、エネルギー制約の観点から世界、日本、北海道のあるべき将来像へのビジョンを明らかにすることを目的としています。
 多くの一般市民の参加を得て、正しい将来設計のあり方を議論します。

石油ピーク後の日本と北海道のありかたを考える -バイオマス利活用の可能性-(2009) Hokkaido University

    • 科学

 エネルギー資源については、量ではなく、質の問題として捉えて議論することが必要です。
 本シンポジウムは、そのための指標としてエネルギー利得率の利用の普及を図っている「もったいない学会」と共同で、エネルギー制約の観点から世界、日本、北海道のあるべき将来像へのビジョンを明らかにすることを目的としています。
 多くの一般市民の参加を得て、正しい将来設計のあり方を議論します。

科学のトップPodcast

Hokkaido Universityのその他の作品