43エピソード

心と身体の健康について食と健康の関係について詳しいNichoさんに私、立松幹緒が質問しながら進めていきます。日常生活で使える健康に暮らせるような情報をお届けします。皆さんからのご質問やご感想をお待ちしております!

立松幹緒とNichoの自分でできる!心と身体の健康ラジオ グレイスライトヒーリング.com

    • 健康/フィットネス
    • 5.0、2件の評価

心と身体の健康について食と健康の関係について詳しいNichoさんに私、立松幹緒が質問しながら進めていきます。日常生活で使える健康に暮らせるような情報をお届けします。皆さんからのご質問やご感想をお待ちしております!

    充実した人生を過ごすために②やりきるということ - 立松幹緒とNichoの自分でできる!心と身体の健康ラジオ

    充実した人生を過ごすために②やりきるということ - 立松幹緒とNichoの自分でできる!心と身体の健康ラジオ

    本当にやりたいことがあるのに、様々な制約や理由が


    あって出来なかったり、仕方なく諦めてしまう・・・


    そうして長い間、やりきれない想いや、心に何かモヤモヤした


    想いを抱え、悶々と過ごす。


    人生の中で幾度かは、そんなご経験があるのではないでしょうか。

    私にも、そんな経験が幾つかあります。

    一番の理解者で、絶対の協力者、いつも味方になってくれるはずの


    両親に、バンドなどの音楽活動をすることをとがめられました。


    のめり込む性格だからと心配というのもあったと思いますが、


    両親の感覚からすると、バンドは不良のすることで、


    良くない影響があるという考えが強かったのでしょう。


    ですから、なかなか思うように活動ができず、


    不完全燃焼のまま、今日まで来ている気がします。

    勿論、応援してくれた時もあります。


    中学の時に、音楽の学校に進みたいと言った時、


    また、短大でなく大学のに行きたいと言った時も、


    父は反対しましたが、母は応援して、父を説得して


    くれました。本当に心強く、ありがたかったです。

    協力者である母であっても、私がやりたいと思うことの中で、


    当然、受け入れられることとそうでないことがありました。

    母と私の望む方向が違った時、その幅広い音楽活動を


    したいと望んだことに対しては、それはそれは強い


    圧力がかかりました。

    オリジナルを作曲してバンドで活動することが、


    私にとって何より一番夢中になれるものでした。


    趣味であっても止めなさいと言われ、一生懸命に私を育てて


    くれていたからこそ振り切ることが出来ませんでした。

    親ですから子供の安全を考えているからこそだと


    分かって入るものの、充実した生き方を阻まれた感があります。


    そこで諦める選択をしたのは自分ですから、親のせいには


    できませんが・・・。

    どうしたら充実した生き方を選べるのでしょう。

    親は、愛情から自分を思ってくれているというのはあるけれど、


    その考え方は、あくまで親自身の経験に基づいた範囲での


    最善の提案であり、子供(私)にとっての最善とは限らないのです。

    ですから、本当に心からやりたいことであれば、


    成功、目標達成の為に、親の不安材料に対して


    安心してもらえるような説得材料をしっかり用意して


    説明すれば良かったなと思います。

    親には見えていない景色ですから、安心してもらえるよう


    努力することも大切です。

    自分の決断をする時には、悔いの無いようにやりきって、


    愛する親が反対してきた時には 不安を払拭するような


    計画や説明をする努力をやり切る。

    愛してくれている親の、可愛い子供が苦労しないように


    と思うアドバイスに耳を貸しながらも


    だって障害がある・・・そう思ってやらない理由を


    探すのではなく、説得と自分の実行、


    両方ともをしっかりやりきるということ。

    そうすれば モヤモヤ感~不完全燃焼の感じもなく


    すっきりするのではないでしょうか。

    全てやりきる毎日、


    今日も充実した一日でありますように。

     

    執筆 Nicho

     

     

    • 18分
    充実した人生を過ごすために①何のために? - 立松幹緒とNichoの自分でできる!心と身体の健康ラジオ

    充実した人生を過ごすために①何のために? - 立松幹緒とNichoの自分でできる!心と身体の健康ラジオ

    子供の頃は誰でも、単純なことでも、何もかもが新鮮で、楽しくて、


    毎日毎日、夢中になって時間を忘れて遊んでいたのではないでしょうか。


    一日があっという間に過ぎていきましたよね?

    大人になるとやりたいことだけして過ごすわけにはいきませんから


    どうしても子供の頃のようにワクワクすることも少なくなるかもしれません。

    好きな作業とやらなくてはと思ってやる作業があります。


    趣味や好きなことをしている時は、充実感があるけれど、


    時給いくらで雇われ惰性でする仕事、やらなければでする家事など


    嫌々やると、充実感がなくなります。


    いつもやることですから、マンネリ化して退屈になってしまうかも


    しれません。


    けれども、そういったやらなくてはいけないことも工夫次第で


    楽しくすることが出来ます。

    例えば、お掃除。

    面倒と感じやすい作業ですが、ゲーム感覚で


    どれだけ時間を縮められるか記録の更新を考えたり、


    手順を変えてみたり・・・


    どうすれば楽しく出来るか工夫をするというのも


    一つの方法として有効だと思います。

    そして、もっと重要なのは、何のためにそれをやっているのか。


    終わった時の清々しさやその場の気が変わった雰囲気。


    それを考えるとウキウキしますし、家族が元気で、


    更に気分が良くなる模様替えは?とイメージしながらやれば


    楽しくなりますし、どれだけ家族に喜んでもらえるかな?と


    考えながらやると張り合いが出てきますよね。


    気持ちよく過ごせる空間を作っているのだと思うと、


    有意義で大切な仕事ですね。

    何か望むことを実現させるには、単調な作業や、コツコツと


    地道なことの連続だったり、大変なことがあります。


    途中で面倒なことも出てくるし、『これ、やりたくない、つまらない』


    と思ってしまうことだってあります。

    『何のために』が見えていれば、それに向かっているのだ!と


    充実感を持ちながら作業ができます。


    何のためにやっているのかが分かっているといないのとでは、


    目的意識が全然違います。

    私も仕事で、上司から目的を告げられずに、ただ


    「これをやって」と言われ、目指すところが分からず


    戸惑いながらやってみたら、後になってこういう目的だった


    と聞いて、それが分かっていたならもっと違う方法で


    出来たのに・・・と思った経験があります。

    よくビジネスの例え話で、レンガを積み上げる仕事をしている人に


    何のためにそれをやっているのか質問するというのがあります。

    ある人は「ただ生活の為に」

    ある人は「教会を作るために」

    ある人は「皆が幸せに生きられるような場所を作るために


    一つ一つ丁寧に作っているんだ」


    と答えます。

    その理由によって、やり甲斐や情熱の高さが変わるでしょう。


    ただ、どの様な理由であれ、その人が自分の目的に気づいて、


    その為に今のこの仕事をしているということがわかれば、


    一生懸命さや楽しさが、全く違ってきます。

    何のためにやるのか?ー という目的を分かっていることが


    一番大切で、そしてその瞬間瞬間をどうやって楽しむか


    工夫すると更に意欲的に取り組めるものなのですね。

    人に喜んでもらえることは、一見つまら

    • 22分
    上手く育てられないと感じる時~失敗する権利を奪わない - 立松幹緒とNichoの自分でできる!心と身体の健康ラジオ

    上手く育てられないと感じる時~失敗する権利を奪わない - 立松幹緒とNichoの自分でできる!心と身体の健康ラジオ

    人を育てるということー親御さんなら子どもを、職場では


    新人や部下を育てるとき、思うように学べなかったり、


    出来ないでいるとき、どうなさっていますか?

    基本的に人は、自分で気づいてこそ真の成長が得られると思っています。


    ですからからなるべく手を出さないように見守る。


    そのように心がけているつもりなのですが、時間制限があって


    間に合いそうもなかったり、状態が変わらず見るに見かねて


    良くないと思いつつ、ついつい手を出してしまう・・・


    そんな良くないお節介になってしまうことが、たまにあります。

    明らかにその課題がその人にとって難しいとか、どうしても無理、


    納期に間に合わせなくてはいけないという時には、


    手伝うのはやむを得ないかもしれません。

    ですが、手を貸さなくても出来ることを代わりにやってあげてしまうと


    目の前の成長のチャンスが奪われ、一つ無くなることになってしまいます。


    課題は成長の階段のようなもので、階段が無くなったら


    踏む出す足が無くなり進めなくなります。

    子育てでは特に、手を貸しすぎてしまうことの影響が大きいのです。


    やり方が分からない時に、『そういうやり方もあるけど、こういうやり方も


    あるんだよ』と 見本を見せてあげるのは良いですが、


    ちょっと頑張れば出来ることを変わりにやってあげると


    本人の試行錯誤、楽しみを奪ってしまうことになってしまいます。


    ちょっとした上手くいかないことを、どううまく解決していくか


    そうやって一つ一つクリアしていくことで、着実に進んでいけるの


    ですよね。

    舗装道路だけを歩いて行けるようにと、誘導や整備をし過ぎたり


    転びそうだからと杖を用意しておくと


    杖が必要なんだ!ということも分からないし、


    杖がない時には、ちょっとしたことでつまづき、


    一歩も進めなくなってしまいます。


    時に砂利道を歩かなければならない時だってあります。

    現に、沢山の生徒を見てきた教育者の方からお聞きしたのですが、


    進路について、父親があまりにもこと細かに干渉すると


    上手くいかない場合が多いそうです。


    この学部が就職には有利だと、その子の特性を無視して勧め、


    合っていないために就職に苦戦してしまったり


    就職はしたけれど、合わずに辞めてしまう・・・


    そんな話を聞きます。

    こまごまと口を出すのではなく、いざという時


    大きなポイントの時にアドバイスをする。


    ちょっと頑張っている姿を見守るということが、


    人や子供を育てる際に大切なのですよね。

    私もそうですが、分かっているけれどなかなか出来ない


    そんな方は、立松さんが仰る

    『失敗する権利を奪わない』という言葉で


    その大切さを納得出来るのではないでしょうか。

    失敗というのは貴重な体験なのです。

    失敗したら次にどう考える?どうチャレンジするか、


    「もたもたしないで!」と言わずに挑戦させてあげる。

    苦しんだり悩んでいる姿を見るのは心が痛むけれど、


    その場を収める、今の状況の結果を整えるというのは


    親の自己満足に過ぎず、解決ではありませんから


    我慢して本人の学びを見守ることが大切なのですね。

    試行錯誤し、徐々に乗り越える姿を見守り

    • 20分
    失敗は本当に失敗?ー失敗を生かす考え方 - 立松幹緒とNichoの自分でできる!心と身体の健康ラジオ

    失敗は本当に失敗?ー失敗を生かす考え方 - 立松幹緒とNichoの自分でできる!心と身体の健康ラジオ

    あなたは、生活の中で、『あ~やってしまった・・・』と思うような


    アクシデントに見舞われることは、ありませんか?

    寝坊や仕事上での些細なうっかりミス、人生での選択ミス!?など


    ことの重大さもダメージの大小も様々。

    私も、寝坊は年に一度位しますし、うっかりミスも時々あります。

    恥ずかしながらの選択ミスもあります。


    10代の若気の至りというか、消してしまいたいと思っている過去です(汗)


    スタイルや身のこなしのスマートさと、何となくその場の勢いで


    お付き合いした男性は、失礼ながら、あまり誠実な方ではありませんでした。


    ですから、当然不快な思いもしました。この人を選んだ自分を情けなく思ったり


    人生の汚点であり、忘れたいと思っていました。


    つまり、長い間、自分の選択を失敗と決めて、その方を選んだということを


    自分で『失敗』と決めていました。

    ですが、それ以降は人を見る視点が、見た目だけではなく、


    内面をしっかりみることということも加わり、


    価値観を共有出来ることを一番に大切に考えるようになったのですから、


    今は、体験によってより良い選択が出来るようになったと


    考えることができます。


    仕事上のミスにしても、失敗してしまったことにより、


    心に刻まれ、確実に行える様になるという経験も幾度もあります。


    イージーミスが教えてくれているということもよくあります。


    こうしてみると、失敗とは?~本当に失敗だったのでしょうか?


    その定義は、自分で決めているのであり、後になって振り返ってみれば


    失敗ではなく結果として自分の成長、自分を良くしている


    成長の糧となっている ということに気づきます。

    失敗と思った事象をどういう風に捉えるかでその後の結果は


    大きく変わるのではないでしょうか。


    ありがちなのは、失敗してしまったと後悔し続けること。


    自分は能力がない、ダメなんだ・ツイてないと思うと、


    エネルギー的にも落ちてしまいます。


    失敗が本当に失敗になってしまいます。

    大体、痛い思いをしないと記憶に残らないし、うまくいっていると


    スルーしてしまい、真剣に考えずに流れてしまうかもしれません。


    失敗があるからこそ、立ち止まったり深く考えるきっかけになっています。


    失敗の痛みの中に、何か次に活かせる、飛躍のチャンスが隠れているのでは?


    と注意してみれば、きっとそれを見つけられるはずです。

    以前、友人が『ピンチはチャンス!』というTシャツを着ていましたが、


    それ以来、それが私の座右の銘になっているかもしれません。笑


    これをチャンスにするにはどうしたら良いか、あるいは良い方向を迎えるための


    きっかけだったのだと捉えて転換していけば、幸せと成長が広がっていきます。

    自分では、唯一この道!と信じて、一つのことしか見えていないことが多いので、


    自分が考えていた通り・思い通りにいかなかったり、信じていた価値と


    外れた結果になった時に失敗と感じてしまいますが、


    行き止まりになれば、否が応でも他の道を探す必要が出てきます。

    そして、失敗とするものの中に、道が見えてくるための材料・栄養になることが


    隠れていて、実は、良い方

    • 22分
    疲れを溜めずに解消する方法 - 立松幹緒とNichoの自分でできる!心と身体の健康ラジオ

    疲れを溜めずに解消する方法 - 立松幹緒とNichoの自分でできる!心と身体の健康ラジオ

    人と接したり、仕事の忙しさなどでエネルギーを消耗し


    疲れた時、どんな方法で疲れを取っていらっしゃいますか?

    私は、アロマオイルやバスソルト、ミントなどの


    ハーブを入れたお風呂に入ったり


    大好きなゆったりした音楽を聴いたり


    お香を焚くことで一日の疲れを癒やします。

    よりスピリチュアルな観点から、疲れを解消する方法を


    立松さんに伺いました。

    お風呂に入るー水分につかることは、


    身体を芯から温めて、自然治癒力を高めるだけではなく、


    心にも良い影響があります。


    そして、驚くことに邪気がエネルギーとしてお湯に溶けて


    流されていくそうです。


    身体を温める上だけでなく、そんな点からも


    シャワーで済ませるより効果が高いのですね。

    身体がさほど汚れていなくても湯船が濁ることがあるのは、


    邪気・・・汚れたエネルギーが毛穴から出るからだそうです。

    また、眠る一時間前位に身体を温めるのが、身体のリズムとしても


    深い睡眠に入る準備が出来、良い効果が得られるようです。

    他に疲れを取る方法としては、一日の終わりに、どの局面で


    どっと疲れたかを振り返る作業も有効です。

    人とのコミュニケーションでの疲れを回復するには、


    あの人と話をしていた時、物凄く気を使った、


    悩みや愚痴を聞き過ぎて自分までおかしくなった・・・と


    呼吸をしながら、どこで調子悪くなったかに気づき、


    『こんな思考パターンを拾ってしまったな』と分かれば


    離れていくのだそうです。


    ポイントは、深呼吸をしながら行うこと。


    息を吐く時にそのエネルギーが出て行くことをイメージしながら


    吐き出す。


    息を吐く事に集中すると、変な思考は出て行き、


    モヤモヤと淀んだエネルギーが浄化されていきます。


    深呼吸するということに集中してやるので


    頭では何も考えていない状態を作ることが出来る。


    その何もない状態が一番エネルギーが高くなるチャンスになります。

    ほとんどの疲れの原因は、そのエネルギーの流れを


    思考や感情が邪魔をするために疲れてしまうのです。

    思考を止めることにより、体内のエネルギーの循環が戻って


    エネルギー的にもアップします。


    大抵の場合、思考パターンというものは、自分のエネルギーを


    下げるようなものが多いです。


    気がつくと、クルクル目まぐるしく色々なことを考えていますよね?


    平均して人は、一日に6万回位考えているそうです。

    それが全て建設的なことであれば疲れないはずなのですが、


    思考のパターンは親から引き継いだり、小さい頃に誰かから


    聞かされたものなど、マイナスな思考が多くなりがちです。


    そういった思考を止めるだけでもエネルギーが湧いてきます。


    エネルギーを高く保つために手っ取り早いのは、深呼吸です。


    身体の力を抜いてしっかり深く。身体に意識を持っていくと良いです。

    思考を止めるもっと分かりやすいやり方は、つねったりして身体に痛みを


    感じることです。


    痛いということに意識が集中するので、余計なことを考えずに済みます。


    原因不明で身体に痛みが起こる場合というのは、良くない思考を持つことから


    守るため、ネガティブな思考を止める為に脳が命令を出し

    • 19分
    不条理な上司にどう対処すればよいか - 立松幹緒とNichoの自分でできる!心と身体の健康ラジオ

    不条理な上司にどう対処すればよいか - 立松幹緒とNichoの自分でできる!心と身体の健康ラジオ

    職場で上司に理不尽なことを言われることって


    ありませんか?


    何でそんなこと言うんだろう、怒られる理由が


    分からない、正当な理由が思い当たらない・・・


    何故こんなことでこんなに怒るのだろう、


    急な不機嫌に理解に苦しむ、そんな経験が私にもあります。

    感情の乱れや、余計なエネルギーの浪費は、仕事の妨げに


    なりますし、出来ればこういったことは繰り返されたくありません。


    それで、どうしてそうなったのか、その上司の


    思考パターンを冷静に観察することにしました。

    すると、気持ちも冷静になれるし、相手の視点に立ち、


    相手の『不利な立場になりたくない』という意図・感情が見えたのです。


    そして、自分はこう行動すれば良いなという解決策がわかりました。

    その上司は、親分肌で、頼られたいタイプでした。

    上司は、今までなかった役職の地位ということもあり、


    私が相談する必要もなく出来ることは、これまでの慣習で


    自分でさっさと進めていたのですが、それが面白くなかったようです。


    報告・連絡・相談や運用のルールが明確ではありませんでした。

    上司は、仕事のタスク以外の些細な話題ですら自分が蚊帳の外に


    なるのは嫌だし、状況を全て把握しておきたい人なのだ


    ということが分かったので、それからは自分の中での考えはまとめつつも、


    しっかり報告や相談をするように努めています。

    そうすることで、上司が頼りにされているという自己重要感も高まり


    今では、良い関係を築けています。

    これは、相手のご機嫌を取るということではなく、


    円滑にやっていく上で避けられることは


    避けていければ良いという考えです。

    相手の怒りのボタンー地雷を分かっていないと


    爆発してしまうので、相手の思考や感情を観察・分析することで、


    地雷を避けて通ることが出来ますし、自分の感情を静めることも出来ます。

    ポイントは、何か気が合わない、不条理なことを言ったりする上司の


    機嫌が悪くなる時のスイッチ、ボタン(理由)を見極めることです。


    これが分かっていれば、変に無駄なエネルギーを使わずに済みます。

    いじめなどにも役に立つ、他の有効な方法としては、


    不条理なことをしてくる人の幸せと成長を祈りながら


    『~さんに気づきが訪れますように』と一日一回、


    その異常な行動が無くなる迄、祈りを捧げること。


    自分の守護霊を通して相手の守護霊に伝えてもらうイメージでも


    単純に祈りを捧げてもどちらでも大丈夫です。

    そうすればまず、相手に対し復讐しようという気持ちを


    捨てることが出来ます。


    感情は、放っておくとネガティブな思いを抱きがちですが


    良い気づきが得られますように と祈ってあげることで、


    愛のエネルギー、その波動が伝わるという面もあります。

    憎しみや怒りと良くなってという想いとでは、


    出て来る波動がまるで違いますから

    もう一段高い視点から見て


    そのように祈ってあげることは、大きな効果があります。

    この観察・分析と祈りの両方をすれば、かなり良い状況に


    なるのではないかと思います。


    少なくとも自分のエネルギーを整得ることが出来ます。


    怖い・いつか仕返しをしてやる だとどんど

    • 19分

カスタマーレビュー

5.0/5
2件の評価

2件の評価

健康/フィットネスのトップPodcast

他のリスナーはこちらのサブスクリプションにも登録しています