12分

第二百九十一話『全ては自分の中にある』-【岩手篇】映画監督 相米慎二‪-‬ yes!~明日への便り~ presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

    • 社会/文化

今もなお、国内外のアーティストに影響を与え続ける映画監督がいます。

相米慎二(そうまい・しんじ)。

岩手県盛岡市で生まれた彼は、1980年、薬師丸ひろ子出演の『翔んだカップル』で監督デビュー。

翌年の『セーラー服と機関銃』で興行的に大成功をおさめ、1985年の『台風クラブ』は、第一回東京国際映画祭でグランプリを受賞し、名実ともに名監督の座にのぼりました。

その徹底した演技指導は、俳優を追い詰め、時に涙を流しても、相米は容赦しませんでした。

演技経験のあまりない少年少女にも、何回も何回も繰り返し演じさせました。

彼は俳優に、自分で考えることを強いたのです。

「おまえの役なんだから、もっと他にあるだろう! もっと面白いものがあるだろう! 役っていうのはな、役者がゼロからつくるんだ!」

撮影中、何度も精神的に奈落の底に落とされても、出来上がった映画を観ると、また相米慎二と組みたくなる。

多くの俳優がそう願い、「相米組」は伝説になりました。

没後20年の今年、再び相米監督の評価が世界的に高まっています。

2005年の韓国の映画祭での上映をきっかけに、2012年のフランス、イギリス、2015年のドイツなど、彼のフィルムは海を渡り、多くの若者の心を揺り動かし続けているのです。

53歳の若さで急逝。

監督した13作品には、相米の魂が焼き付いています。

彼は生前、学生たちに話していました。

キネマ旬報社のシネアストに、講演の様子が掲載されています。

「フィルムっていうのは、歌や呪いと同じように動物的感覚を持っているものです。私は映画は映し出されているそのものには別に価値はないと思っているんです。そこに映っていないもの、映し出されているものが内に秘めているものに、映画というものの本当の価値があると思っているのです」

鬼才・相米慎二が、人生でつかんだ明日へのyes!とは?

今もなお、国内外のアーティストに影響を与え続ける映画監督がいます。

相米慎二(そうまい・しんじ)。

岩手県盛岡市で生まれた彼は、1980年、薬師丸ひろ子出演の『翔んだカップル』で監督デビュー。

翌年の『セーラー服と機関銃』で興行的に大成功をおさめ、1985年の『台風クラブ』は、第一回東京国際映画祭でグランプリを受賞し、名実ともに名監督の座にのぼりました。

その徹底した演技指導は、俳優を追い詰め、時に涙を流しても、相米は容赦しませんでした。

演技経験のあまりない少年少女にも、何回も何回も繰り返し演じさせました。

彼は俳優に、自分で考えることを強いたのです。

「おまえの役なんだから、もっと他にあるだろう! もっと面白いものがあるだろう! 役っていうのはな、役者がゼロからつくるんだ!」

撮影中、何度も精神的に奈落の底に落とされても、出来上がった映画を観ると、また相米慎二と組みたくなる。

多くの俳優がそう願い、「相米組」は伝説になりました。

没後20年の今年、再び相米監督の評価が世界的に高まっています。

2005年の韓国の映画祭での上映をきっかけに、2012年のフランス、イギリス、2015年のドイツなど、彼のフィルムは海を渡り、多くの若者の心を揺り動かし続けているのです。

53歳の若さで急逝。

監督した13作品には、相米の魂が焼き付いています。

彼は生前、学生たちに話していました。

キネマ旬報社のシネアストに、講演の様子が掲載されています。

「フィルムっていうのは、歌や呪いと同じように動物的感覚を持っているものです。私は映画は映し出されているそのものには別に価値はないと思っているんです。そこに映っていないもの、映し出されているものが内に秘めているものに、映画というものの本当の価値があると思っているのです」

鬼才・相米慎二が、人生でつかんだ明日へのyes!とは?

12分

社会/文化のトップPodcast

TOKYO FMのその他の作品