30分

雑談に役立つ!社交辞令じゃない「天気の話」【教養としての天気‪】‬ これって教養ですか?

    • ブック

当たり障りのない話の代表「天気の話」でも、誰でも盛り上がれる?映画、小説、政治、気象病、歴史、IoT……これを聴けば初対面の人とも気まずくならない(!?)

 

0:00 今日の天気予報、見ましたか?

1:17 天気って教養ですか?

2:57 天気を扱った作品

14:22 気候変動と政治

17:36 現代の気象病

18:52 歴史的に見た天気の捉え方

20:49 スマートデバイスと気候

23:46 気候システム

26:02 『気候変動の真実』

29:06 ハイパーオブジェクト

 

【参考文献】

アンナ・カヴァン、山田和子 訳『氷』 (ちくま文庫)

https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480432506/

 

J・G・バラード、山田 和子 訳『旱魃世界』 (創元SF文庫)

https://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488629199

 

安生正『ホワイトバグ 生存不能』(宝島社文庫)

https://tkj.jp/book/?cd=TD045348

 

小川哲「ちょっとした奇跡」(『Voyage 想像見聞録』講談社 収録)

https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000352062

 

N・K・ジェミシン、小野田 和子 訳『第五の季節』 (創元SF文庫)

https://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488784010

 

植田 宏昭『気候システム論 グローバルモンスーンから読み解く気候変動』(筑波大学出版)

https://amzn.asia/d/38s7Sju

 

スティーブン・E・クーニン、三木
俊哉 訳『気候変動の真実 科学は何を語り、何を語っていないか?』(日経BP)

https://bookplus.nikkei.com/atcl/catalog/22/S00620/

 

パオロ・バチガルピ、中原尚哉 訳『神の水』 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

https://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013034/

 

宮崎駿『風の谷のナウシカ』全7巻箱入りセット「トルメキア戦役バージョン」(徳間書店)

https://amzn.asia/d/8dgLXKa

 

関山健『気候安全保障の論理 気候変動の地政学リスク』 (日本経済新聞出版)

https://bookplus.nikkei.com/atcl/catalog/23/04/11/00767/

 

ジェームズ・ブライドル、久保田晃弘・栗原百代 訳『ニュー・ダーク・エイジ』(NTT出版)

https://www.nttpub.co.jp/search/books/detail/100002458.html

 

桑田 学『人新世の経済思想史 生・自然・環境をめぐるポリティカル・エコノミー』(青土社)

http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=3769

 

前田幸男『「人新世」の惑星政治学 ヒトだけを見れば済む時代の終焉』(青土社)

http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=3814

 

【番組について】

女優・著述家・作家の3人がそれぞれ持ち寄った「教養にしたいもの」を語り合いながら、万物を教養にしていく「教養増殖バラエティ」。


 

【齋藤明里プロフィール】 女優。1995年生まれ、東京都出身。2017年より劇団「柿喰う客」に所属。現在は登録者数10万人越えの読書系YouTubeチャンネル「ほんタメ」MC、書評、エッセイの執筆など、演劇以外にも活動の幅を広げている。

 X(旧Twitter)・Instagram ・YouTube等→

 https://lit.link/akarinomatome

 

【永田希プロフィール】 著述家・書評家。1979年、アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。書評サイト「Book News」主宰。著書に『積読こそが完全な読書術である』、『書物と貨幣の五千年史』、『再読だけが創造的な読書術である』。

 X(旧Twitter)→ https://twitter.com/nnnnnnnnnnn?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

 

【渡辺祐真(スケザネ)プロフィール】


作家、書評家。1992年生まれ。東京都出身。毎日新聞文芸時評担当(2022年4月~)、共同通信社見聞録担当(2024年2月〜)。TBSラジ

当たり障りのない話の代表「天気の話」でも、誰でも盛り上がれる?映画、小説、政治、気象病、歴史、IoT……これを聴けば初対面の人とも気まずくならない(!?)

 

0:00 今日の天気予報、見ましたか?

1:17 天気って教養ですか?

2:57 天気を扱った作品

14:22 気候変動と政治

17:36 現代の気象病

18:52 歴史的に見た天気の捉え方

20:49 スマートデバイスと気候

23:46 気候システム

26:02 『気候変動の真実』

29:06 ハイパーオブジェクト

 

【参考文献】

アンナ・カヴァン、山田和子 訳『氷』 (ちくま文庫)

https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480432506/

 

J・G・バラード、山田 和子 訳『旱魃世界』 (創元SF文庫)

https://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488629199

 

安生正『ホワイトバグ 生存不能』(宝島社文庫)

https://tkj.jp/book/?cd=TD045348

 

小川哲「ちょっとした奇跡」(『Voyage 想像見聞録』講談社 収録)

https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000352062

 

N・K・ジェミシン、小野田 和子 訳『第五の季節』 (創元SF文庫)

https://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488784010

 

植田 宏昭『気候システム論 グローバルモンスーンから読み解く気候変動』(筑波大学出版)

https://amzn.asia/d/38s7Sju

 

スティーブン・E・クーニン、三木
俊哉 訳『気候変動の真実 科学は何を語り、何を語っていないか?』(日経BP)

https://bookplus.nikkei.com/atcl/catalog/22/S00620/

 

パオロ・バチガルピ、中原尚哉 訳『神の水』 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

https://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013034/

 

宮崎駿『風の谷のナウシカ』全7巻箱入りセット「トルメキア戦役バージョン」(徳間書店)

https://amzn.asia/d/8dgLXKa

 

関山健『気候安全保障の論理 気候変動の地政学リスク』 (日本経済新聞出版)

https://bookplus.nikkei.com/atcl/catalog/23/04/11/00767/

 

ジェームズ・ブライドル、久保田晃弘・栗原百代 訳『ニュー・ダーク・エイジ』(NTT出版)

https://www.nttpub.co.jp/search/books/detail/100002458.html

 

桑田 学『人新世の経済思想史 生・自然・環境をめぐるポリティカル・エコノミー』(青土社)

http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=3769

 

前田幸男『「人新世」の惑星政治学 ヒトだけを見れば済む時代の終焉』(青土社)

http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=3814

 

【番組について】

女優・著述家・作家の3人がそれぞれ持ち寄った「教養にしたいもの」を語り合いながら、万物を教養にしていく「教養増殖バラエティ」。


 

【齋藤明里プロフィール】 女優。1995年生まれ、東京都出身。2017年より劇団「柿喰う客」に所属。現在は登録者数10万人越えの読書系YouTubeチャンネル「ほんタメ」MC、書評、エッセイの執筆など、演劇以外にも活動の幅を広げている。

 X(旧Twitter)・Instagram ・YouTube等→

 https://lit.link/akarinomatome

 

【永田希プロフィール】 著述家・書評家。1979年、アメリカ合衆国コネチカット州生まれ。書評サイト「Book News」主宰。著書に『積読こそが完全な読書術である』、『書物と貨幣の五千年史』、『再読だけが創造的な読書術である』。

 X(旧Twitter)→ https://twitter.com/nnnnnnnnnnn?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

 

【渡辺祐真(スケザネ)プロフィール】


作家、書評家。1992年生まれ。東京都出身。毎日新聞文芸時評担当(2022年4月~)、共同通信社見聞録担当(2024年2月〜)。TBSラジ

30分