98本のエピソード

🧙‍♂️マーケティング http://lrandcom.com

✍️駆け出しの作家 📚書籍「なぜ、スターバックスの創業者は、ビジネスマンではなく多読の作家だったのか?」 https://lrandcom.com/articles/starbucks_founders

📸Instagram
https://www.instagram.com/leading.company/

🎙駆け出し作家ポットキャスター http://spoti.fi/2ZmTdJ7

1年半先を行く米国WEBマーケティン‪グ‬ 夏目力

    • ニュース
    • 4.8 • 4件の評価

🧙‍♂️マーケティング http://lrandcom.com

✍️駆け出しの作家 📚書籍「なぜ、スターバックスの創業者は、ビジネスマンではなく多読の作家だったのか?」 https://lrandcom.com/articles/starbucks_founders

📸Instagram
https://www.instagram.com/leading.company/

🎙駆け出し作家ポットキャスター http://spoti.fi/2ZmTdJ7

    なに不自由していない動物園のゾウの寿命は、自然界のゾウのたった三分の一。

    なに不自由していない動物園のゾウの寿命は、自然界のゾウのたった三分の一。

    ◎このPodcastのポイント

    ■不思議なことに動物園で必要なだけ餌を与えられ、なに不自由なく生活しているゾウの寿命の中央値は16.9年なのに対し、ケニヤで自然の環境で生活しているゾウの寿命の中央値は56歳と、寿命の長さに3倍の開きがある。

    ■表参道や代官山で服を着せられて、首輪をつながれ、高級なエサをもらいながら、ベビーカーのようなものに乗せられた犬と飼い主がおらず、周りにエサを恵んでもらいながら、生きている犬のどちらが幸せなのだろうか。

    ■ロンドン大学が行った調査によれば、自分の裁量で仕事ができる範囲が広い人の方が、そうでない人に比べて、心臓病などで亡くなる確率は低かったのだそうです。

    ↓【Kindle書籍こちらから販売中】↓
    https://lrandcom.com/articles/starbucks_founders
    大富豪の読書量は年収300万円の人の38倍「スタバの創業者が、経営者ではなく作家であった理由」

    • 8分
    ファッションとは農業であり、服はプロダクトではなく、食べ物である。

    ファッションとは農業であり、服はプロダクトではなく、食べ物である。

    ◎このPodcastのポイント

    ■下着は人間のエネルギーが一番強い部分をカバーするものであり、フランス人は服装には無頓着でも、下着にはものすごくこだわると言われますが、最近では、外見的なデザインよりも服の感触を気にする人が増えてきている。

    ■そう言った意味で、これからのラグジュアリーとは、外見なスタイル以上に、皮膚に最も近いところで感じる変化をどう定義づけられるかという部分に重点が置かれていく。

    ■きっと、新しく生まれるラグジュアリー・スタートアップには「ラグジュアリー」という言葉より、「ハイエンド」という言葉の方が似合うのだろう。

    ↓【Kindle書籍こちらから販売中】↓
    https://lrandcom.com/articles/starbucks_founders
    大富豪の読書量は年収300万円の人の38倍「スタバの創業者が、経営者ではなく作家であった理由」

    • 9分
    儲けるために「課題の先進地」である田舎へ行く。田舎はスローライフを夢見る場所ではない。

    儲けるために「課題の先進地」である田舎へ行く。田舎はスローライフを夢見る場所ではない。

    ◎このPodcastのポイント

    ■人間がまともに機能するためには、身体と頭のバランスを一定に取る必要があります。東京の人たちは、使用頻度のバランスが頭に一方的に偏っているから、無意識のうちに、田舎に行きたくなるのは当たり前のこと。

    ■もう都会で、競争に勝つために、効率を求めて、命を削りながら働くワークスタイルは、これからの若者にとっては、全く魅力を感じないものなのかもしれない。

    ■東京が競合同士の争いが激しいレッドオーシャインであるのに対して、競争が少ない未開の田舎は、アイディア次第では新しいことがどんどんできるブルーオーシャイン。

    ↓【Kindle書籍こちらから販売中】↓
    https://lrandcom.com/articles/starbucks_founders
    大富豪の読書量は年収300万円の人の38倍「スタバの創業者が、経営者ではなく作家であった理由」

    • 6分
    優秀な営業マンはハッピーな負け犬「断られた回数が多い人ほど売上が高い。」

    優秀な営業マンはハッピーな負け犬「断られた回数が多い人ほど売上が高い。」

    ◎このPodcastのポイント

    ■営業とは人間力で経済を一気に前進させるものでもあれば、自分の魂を売り渡す行為でもあるのだろう。

    ■ホームラン王は常に三振王だと言うことですが、重要なのは、どれだけ大量の三振や拒絶の山を築いたとしても、とにかく作品を作り続けたり、営業をし続けることによって、自分が正しいと思う方向に、ひたすら動き続けるということ。

    ■営業マンにとって、一回、一回の拒絶が精神の筋トレであり、上手くいかない時ほど、裏側で運気はどんどん貯まっていっているのだと言います。

    ↓【Kindle書籍こちらから販売中】↓
    https://lrandcom.com/articles/starbucks_founders
    大富豪の読書量は年収300万円の人の38倍「スタバの創業者が、経営者ではなく作家であった理由」

    • 8分
    人生の80%は35歳までに決まる「20代は自分探しをしている暇などない。」

    人生の80%は35歳までに決まる「20代は自分探しをしている暇などない。」

    ◎このPodcastのポイント

    ■矢沢永吉は「20代で苦労した者だけが、30代で夢の世界を見ることが出来る。」と言いましたが、寿命が長くなればなるほど、人生の出発点の濃度の濃さが重要になってくることは間違いありません。

    ■30代、40代になっても、新しい挑戦はいくらでもできるのだろうけど、20代の時に挑戦しておく方がよりゴールにたどり着きやすくなる。

    ■若さは日々確実に失われていく資産なのだとしたら、一番難しい挑戦に20代の時に挑んでおかなければならないのだろう。

    ↓【Kindle書籍こちらから販売中】↓
    https://lrandcom.com/articles/starbucks_founders
    大富豪の読書量は年収300万円の人の38倍「スタバの創業者が、経営者ではなく作家であった理由」

    ↓人生の80%は35歳までに決まる「20代は自分探しをしている暇などない。」↓

    https://lrandcom.com/articles/youth_is_powerful_resource

    • 9分
    東京に居続けるクリエイターに未来はない「農業こそが、クリエイティブの原点」

    東京に居続けるクリエイターに未来はない「農業こそが、クリエイティブの原点」

    ◎このPodcastのポイント

    ■そもそも、芸術の「藝」の語源は「農業」で、「ものを種える」という意味を持ち、英語の「カルチャー」と「アグリカルチャー」は同じ語源から派生しています。

    ■起業しても5年後に残っている企業は2割以下とも言われますが、アメリカで電化製品を使わず自給自足で暮らしているアーミッシュの人たちの5年以内の起業生存率は9割以上という話を聞いたことがあります。

    ■一日中、都会のコンクリートのビルの中で、PCの画面だけを見つめながら仕事をしている人よりも、自然と共存しながら地に足をつけて働いている人の方が生存率が高いのは納得がいきます。

    ↓【Kindle書籍こちらから販売中】↓
    https://lrandcom.com/articles/starbucks_founders
    大富豪の読書量は年収300万円の人の38倍「スタバの創業者が、経営者ではなく作家であった理由」

    東京に居続けるクリエイターに未来はない「農業こそが、クリエイティブの原点」

    https://lrandcom.com/articles/agriculture_is_next_culture

    • 9分

カスタマーレビュー

4.8/5
4件の評価

4件の評価

ニュースのトップPodcast

NHK (Japan Broadcasting Corporation)
ニッポン放送
ニッポン放送
BBC World Service
日本経済新聞社/Voicy
NHK WORLD-JAPAN