10分

第12回 会社を辞めずに起業してみる 「はじめての起業」成功の秘訣

    • キャリア

いつか起業を考えているけど、何から始めていいか分からない・・・

そう悩んでいる方へ。



起業家教育の専門家である坂本憲彦が、はじめての起業で成功するポイントを解説します。



今回は、「会社を辞めずに起業してみる」について、お届けしていきます。



参考図書:6つの不安がなくなれば あなたの起業は絶対成功する

https://www.amazon.co.jp/dp/4788914565

「第12回 会社を辞めずに起業してみる」

Podcastの音声はこちらよりご視聴ください

PodcastをiPhoneやアンドロイドから視聴する方法は、こちらをご覧ください。









森川:今回も坂本先生の著書「6つの不安がなくなればあなたの起業は絶対成功する」の第4章「起業してから困らないリスクコントロールの方法」から伺います。

この中で、会社を辞めずに起業してみるということを書かれていますが、詳しく教えていただけないでしょうか。



坂本:はい、ありがとうございます。会社を辞めずに起業するっていうところは、リスクコントロールの中でも非常に大事だと思います。

起業リスクで一番皆さん不安になるのが、やはり収入がなくなったらどうしよう、ということですね。



会社に勤めながらでも起業はできる

坂本:これはもう誰しもが当然思うところです。私の所にもよくサラリーマンの方が来られますが、私はいきなり会社辞めて起業する必要はないと実は思っています。

ただ私自身はいきなり会社辞めてしまいました。本当に何もない状態で福岡から東京に出てきて転職活動に失敗して、そこから起業塾に入って起業しました。会社を辞めてから起業してよかったと感じていますが、万人にお勧めはしません。

本当にチャレンジ精神があってやってみるという方は、トライしてみるというのも一つだと思います。しかし、そうではないタイプの方も多いと思いますので、その時は会社勤めしながら、まずは週末起業みたいな形でできないかを考えます。

週末の時間をフルに使えばけっこう時間を使えるので、週末起業からやっていくという方法が一つあります。

もう一つとしては、会社をいきなり全部やめるのではなく、会社と個別に業務委託契約のような形にして、週3〜4日の勤務にしてもらうことはできないかと会社と交渉してみるという方法があります。

会社である程度の実績が出せるようになってくれば、フルに週5日間会社にコミットしていなくても、同じ成果が出せるという人もいるでしょう。そういう場合は、会社と交渉して業務委託の契約のような形にして、週3〜4日の勤務にしてみます。会社の収入は減りますが、最低限の収入は確保した上で、残りの週3〜4日を自分のビジネスにかけていくという方法は、とてもいいと思います。



昔と比べて起業しやすい環境になっている

森川:特に最近は、働き改革などがニュースで報道されていますね。モデル就業規則を厚生労働省の方が見直すという話もありますから、先生が提案された方法は、非常に受け入れやすくなっているのではないかと感じます。



坂本:そうですね。国としても労働時間を減らそうとしているし、働き方の多様性を国も含めて推進してるところなので、そういう意味では昔と比べてすごく

いつか起業を考えているけど、何から始めていいか分からない・・・

そう悩んでいる方へ。



起業家教育の専門家である坂本憲彦が、はじめての起業で成功するポイントを解説します。



今回は、「会社を辞めずに起業してみる」について、お届けしていきます。



参考図書:6つの不安がなくなれば あなたの起業は絶対成功する

https://www.amazon.co.jp/dp/4788914565

「第12回 会社を辞めずに起業してみる」

Podcastの音声はこちらよりご視聴ください

PodcastをiPhoneやアンドロイドから視聴する方法は、こちらをご覧ください。









森川:今回も坂本先生の著書「6つの不安がなくなればあなたの起業は絶対成功する」の第4章「起業してから困らないリスクコントロールの方法」から伺います。

この中で、会社を辞めずに起業してみるということを書かれていますが、詳しく教えていただけないでしょうか。



坂本:はい、ありがとうございます。会社を辞めずに起業するっていうところは、リスクコントロールの中でも非常に大事だと思います。

起業リスクで一番皆さん不安になるのが、やはり収入がなくなったらどうしよう、ということですね。



会社に勤めながらでも起業はできる

坂本:これはもう誰しもが当然思うところです。私の所にもよくサラリーマンの方が来られますが、私はいきなり会社辞めて起業する必要はないと実は思っています。

ただ私自身はいきなり会社辞めてしまいました。本当に何もない状態で福岡から東京に出てきて転職活動に失敗して、そこから起業塾に入って起業しました。会社を辞めてから起業してよかったと感じていますが、万人にお勧めはしません。

本当にチャレンジ精神があってやってみるという方は、トライしてみるというのも一つだと思います。しかし、そうではないタイプの方も多いと思いますので、その時は会社勤めしながら、まずは週末起業みたいな形でできないかを考えます。

週末の時間をフルに使えばけっこう時間を使えるので、週末起業からやっていくという方法が一つあります。

もう一つとしては、会社をいきなり全部やめるのではなく、会社と個別に業務委託契約のような形にして、週3〜4日の勤務にしてもらうことはできないかと会社と交渉してみるという方法があります。

会社である程度の実績が出せるようになってくれば、フルに週5日間会社にコミットしていなくても、同じ成果が出せるという人もいるでしょう。そういう場合は、会社と交渉して業務委託の契約のような形にして、週3〜4日の勤務にしてみます。会社の収入は減りますが、最低限の収入は確保した上で、残りの週3〜4日を自分のビジネスにかけていくという方法は、とてもいいと思います。



昔と比べて起業しやすい環境になっている

森川:特に最近は、働き改革などがニュースで報道されていますね。モデル就業規則を厚生労働省の方が見直すという話もありますから、先生が提案された方法は、非常に受け入れやすくなっているのではないかと感じます。



坂本:そうですね。国としても労働時間を減らそうとしているし、働き方の多様性を国も含めて推進してるところなので、そういう意味では昔と比べてすごく

10分

キャリアのトップPodcast