28 min

2021/02/25 FRBは長期金利をコントロールできるのか? <萩野琢英 × 市川眞一‪>‬ Pictet Market Lounge | ピクテ投信投資顧問

    • Business

<ポイント>

02:19 ダイバーシティ(多様性)を重んじる

04:30 経済立て直しにおける重要課題「雇用対策」

05:30 進む“2極化”への対策が鍵になる

10:01「地球温暖化対策」更なるアクション

13:00 譲れない“国益”

14:02 求められる「経済合理性」

14:50 米中関係の今後は?

17:44 問われる“日本の立ち位置”

18:55 巡り巡る・・・「緩和マネー」

20:23 “難しい出口戦略”による“通貨価値下落”の可能性

22:38 スタグフレーション(不況にも関わらず物価が上昇すること)

24:45 ①雇用の安定 ②物価の安定 ③長期金利の安定02:19 ダイバーシティ(多様性)を重んじる

04:30 経済立て直しにおける重要課題「雇用対策」

05:30 進む“2極化”への対策が鍵になる

10:01「地球温暖化対策」更なるアクション

13:00 譲れない“国益”

14:02 求められる「経済合理性」

14:50 米中関係の今後は?

17:44 問われる“日本の立ち位置”

18:55 巡り巡る・・・「緩和マネー」

20:23 “難しい出口戦略”による“通貨価値下落”の可能性

22:38 スタグフレーション(不況にも関わらず物価が上昇すること)

24:45 ①雇用の安定 ②物価の安定 ③長期金利の安定



●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、

また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。

●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。

●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものでは

ありません。

●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。

●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。

●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。

●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。

●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

ピクテ投信投資顧問株式会社

金融商品取引業者  関東財務局長(金商)第380号

加入協会: 一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会 日本証券業協会

<ポイント>

02:19 ダイバーシティ(多様性)を重んじる

04:30 経済立て直しにおける重要課題「雇用対策」

05:30 進む“2極化”への対策が鍵になる

10:01「地球温暖化対策」更なるアクション

13:00 譲れない“国益”

14:02 求められる「経済合理性」

14:50 米中関係の今後は?

17:44 問われる“日本の立ち位置”

18:55 巡り巡る・・・「緩和マネー」

20:23 “難しい出口戦略”による“通貨価値下落”の可能性

22:38 スタグフレーション(不況にも関わらず物価が上昇すること)

24:45 ①雇用の安定 ②物価の安定 ③長期金利の安定02:19 ダイバーシティ(多様性)を重んじる

04:30 経済立て直しにおける重要課題「雇用対策」

05:30 進む“2極化”への対策が鍵になる

10:01「地球温暖化対策」更なるアクション

13:00 譲れない“国益”

14:02 求められる「経済合理性」

14:50 米中関係の今後は?

17:44 問われる“日本の立ち位置”

18:55 巡り巡る・・・「緩和マネー」

20:23 “難しい出口戦略”による“通貨価値下落”の可能性

22:38 スタグフレーション(不況にも関わらず物価が上昇すること)

24:45 ①雇用の安定 ②物価の安定 ③長期金利の安定



●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、

また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。

●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。

●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものでは

ありません。

●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。

●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。

●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。

●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。

●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

ピクテ投信投資顧問株式会社

金融商品取引業者  関東財務局長(金商)第380号

加入協会: 一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会 日本証券業協会

28 min

Top Podcasts In Business