3分

6/ なりたい自分になるための哲‪学‬ AKASHA FM|ヨガ哲学から紐解くセルフケア&エンパワーメント

    • 社会/文化

追求したい方向性を見据え続けて努力することと執着を手放すという二つのことによって、目的地に到達できるっていうことはインド哲学でも有名なんです。 



手放しという言葉をを比較的簡単に使われてるっていう感覚があるんだけれど、握りしめてるものが執着だとしたら、それはマインドの汚れだからかなり難しいものだったりします。 



ヨーガ学派としては執着を手放すことは棚上げしておいて、まずは自分の進みたいゴールを見据え続けることをおすすめしてます。 



それも外側由来の理由(動機付け)から内側由来の理由をつかむまで熟考することが要求されるから、それは一種のメディテーションだし、そのためにマインドフル実践が必要だったりするかもしれません。 



そうしていくうちに執着を握りしめているグリップが自然にゆるんでいくっていう、驚きのヨーガシステムがあります。 



そうなるとゴールに向かうスピードもグンと上がるんだって。 



具体的なゴールがないとしても、マインドの汚れをクリアにしようっていう動機付けに向かって努力するなら、自ずとゴール(目的)が見えてくるって言われてるよ🌈✨ 



ご感想ご質問はこちらからどうぞ 

https://forms.gle/wDaKcLaPSaC3qwzJA



ブログ

https://www.yoga-tsurumi.com/2021/01/09/%E7%9B%AE%E6%A8%99%E3%82%92%E9%81%94%E6%88%90%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%93%B2%E5%AD%A6/ 

追求したい方向性を見据え続けて努力することと執着を手放すという二つのことによって、目的地に到達できるっていうことはインド哲学でも有名なんです。 



手放しという言葉をを比較的簡単に使われてるっていう感覚があるんだけれど、握りしめてるものが執着だとしたら、それはマインドの汚れだからかなり難しいものだったりします。 



ヨーガ学派としては執着を手放すことは棚上げしておいて、まずは自分の進みたいゴールを見据え続けることをおすすめしてます。 



それも外側由来の理由(動機付け)から内側由来の理由をつかむまで熟考することが要求されるから、それは一種のメディテーションだし、そのためにマインドフル実践が必要だったりするかもしれません。 



そうしていくうちに執着を握りしめているグリップが自然にゆるんでいくっていう、驚きのヨーガシステムがあります。 



そうなるとゴールに向かうスピードもグンと上がるんだって。 



具体的なゴールがないとしても、マインドの汚れをクリアにしようっていう動機付けに向かって努力するなら、自ずとゴール(目的)が見えてくるって言われてるよ🌈✨ 



ご感想ご質問はこちらからどうぞ 

https://forms.gle/wDaKcLaPSaC3qwzJA



ブログ

https://www.yoga-tsurumi.com/2021/01/09/%E7%9B%AE%E6%A8%99%E3%82%92%E9%81%94%E6%88%90%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%93%B2%E5%AD%A6/ 

3分

社会/文化のトップPodcast