8エピソード

初心者向けのやさしい英語会話
Mikeが友だちや家族と繰り広げるストーリー
http://www.m-and-h.com/
MIKE’S PODCAST  エントリーページに会話の説明がございますので、ご覧下さい!!
登場人物
Mike
アメリカの
ある都市に
住む男の子
Tom Green
父親
Mary Green
母親
Lucy
近所の友だち
いっしょに
保育園に通う’
Cathy Gray
保育園の先生

初歩から学ぶ英語会話(1) Mike’s Friends and Family M & H

    • 教育
    • 3.4、184件の評価

初心者向けのやさしい英語会話
Mikeが友だちや家族と繰り広げるストーリー
http://www.m-and-h.com/
MIKE’S PODCAST  エントリーページに会話の説明がございますので、ご覧下さい!!
登場人物
Mike
アメリカの
ある都市に
住む男の子
Tom Green
父親
Mary Green
母親
Lucy
近所の友だち
いっしょに
保育園に通う’
Cathy Gray
保育園の先生

    • video
    エピソード 56:今すぐ、行くの?

    エピソード 56:今すぐ、行くの?

    マイクより:
    もっと遊んでいたいんだけど……
    ポイント:
    *ある外的状況によって「〜しなければならない」というときの “have to + 原形動詞” のパターン
    *現在進行形の疑問文 “be動詞 + 主語 + 動詞ing ...?” のパターン
    *未来を表す現在進行形 と 現在進行中の動作を表す現在進行形
    語句とルールの説明:
    ・now 「今すぐに」「ただちに」
    ・Are we going now? 「今すぐに行くの?」
    未来を表す現在進行形の疑問文 “be動詞 + 主語 + 動詞ing ...?” のパターン
    ・We have to. 「行かなきゃ」
    “We have to go.” と、通常ならば “have to + 原形動詞” のパターンになるところを 、言わなくてもわかるので “go” を省略している。このように、会話の前後関係から、言わなくてもわかる言葉は省略することが多い。
    ・Lucy's waiting. 「ルーシーが待ってるのよ。」
    このアポストロフィs は、be動詞 “is” が短縮されたもの
    現在進行形の文で “wait” 「待つ」という動作が進行中であることを表している。
    このページのトップ へ

    • 2分
    • video
    エピソード 52:必ず、歯をみがくのよ

    エピソード 52:必ず、歯をみがくのよ

    マイクより:
    テレビ、みてるのにぃ。ママって、うるさいなぁ。
    ポイント:
    *「〜するつもり」という意思を伝える助動詞 “will”
    語句とルールの説明:
    ・Be sure to + 原形動詞 「必ず〜してね」「絶対〜するのよ」「〜するのを忘れないでね」
    ・brush 「磨く」「ブラシをかける」「(刷毛やブラシなど)でこする」
    ・teeth 「歯」“tooth” の複数形
    ・brush one's teeth 「歯を磨く」
    “one's” のところには、通常、代名詞の所有格を入れる。
    (例文1)Just brush your teeth! 「とにかく歯を磨きなさい!」
    (例文2)I'd like to brush my teeth. Where's the washroom? 「歯を磨きたいんだけど、洗面所はどこ?」
    ・Be sure to brush your teeth. 「絶対、歯をみがくのよ」
    ・I will. 「そのつもりだよ」「そうするよ」「もちろん、(そうするよ)」
    依頼されたり、命令されたりしたときの返事として使うと、依頼や命令への快諾を意味する。
    このエピソードでは、ママに従うような素振りを見せるために、マイクがこの表現を使っている。「そうするよ(みがくよ)」と言っているが、口先だけの返事の可能性が高い。
    このページのトップ へ

    • 2分
    • video
    エピソード 48:この子を助けてくれる?

    エピソード 48:この子を助けてくれる?

    マイクより:
    大変だぁ。僕のニャンコが大変なことに...… 助けを呼ぼう。
    ポイント:
    *話し言葉でよく使う依頼の表現 “Can you ~ ?”「~してくれますか?」「~してもらえませんか?」の パターン
    *驚きや困惑をストレートに表現して聞き返すときの表現 “What?” 「何だって?」「何?」「もう一度言ってごらんなさい」
    *能力を表す助動詞 “can” の否定 “can't” 「~できない」
    *不規則(変化)動詞 “put”
    (原形)put (過去形)put (原形も過去形も同じ形)
    語句とルールの説明:
    ・Can you help her? 「この子を助けてくれる?」「この子を助けてよ」
    話し言葉でよく使う依頼の表現 “Can you ~ ?”「~してくれますか?」「~してもらえませんか?」を 使った文
    子ネコをを女の子に喩え、 “her” 「この子」という人称代名詞の目的格で指す擬人法を使っている。
    ・What? 「何ですって?」「何ごと?」「もう一度言ってごらんなさい」
    驚きをストレートに表現して聞き返すときの表現
    ここでは「この子を助けて」と突然、助けを求められたママが驚いて、このように聞き返している。
    家族や親しい友だちなどには、このように驚きをストレートに出して聞き返すことが多い。ただし、仕事の場面や改まった場面で “What?” 「何だって?」と聞き返すと、がさつな感じを与えてしまうので、気をつけよう!
    改まって尋ねるのには “What is it?” 「何ですか?」
    丁寧に聞き返すときの表現は、上昇調のイントネーションで
    “Sorry()?” 「すみませんが、もう一度言ってください」
    ・take off ~ / take ~ off 「~を脱ぐ」「~をはずす」「~を取る」
    ・bag 「袋」「カバン」
    「バッグ」という外来語は「カバン」として馴染み深い言葉であるが、英語の “bag” は、カバンだけではなく、袋状のものを指す。
    日常、よく使う「(一枚の)紙袋」は “a paper bag”、「(一枚の)ビニール袋」は “a plastic bag” と 呼ばれることも覚えておこう!
    ・She can’t take off the bag. 「子ネコが袋をはずせないんだ」
    ここでも擬人法が使われていて、人称代名詞の主格 “she” は子ネコを指している。
    子ネコにかぶせた袋を指して限定しているので、定冠詞 “the” をつけて “the bag” と言っている。
    ・go on 「(事が)進行する」「進む」(進行形 “be going on” の形で)「起こっている」
    ・What’s going on? 「いったい何が起こっているの?」「どうしたの?」
    ・put ~ on ... 「~を…の上に置く」「~を…にかぶせる」
    ・We put the paper bag on her. 「(私たち)子ネコに紙袋をかぶせたの」
    状況から、この文の “put” は過去形であることがわかる。
    ここでも子ネコにかぶせた紙袋を指して限定しているので、定冠詞 “the” をつけて “the paper bag” と言っている。
    ・poor 「かわいそうな」「気の毒な」
    ・kitty 「子ネコ」「ニャンコ」「子ネコちゃん」
    子ネコの愛称
    ・Oh, poor kitty! 「まあ、かわいそうな子ネコちゃん!」
    このページのトップ へ

    • 4分
    • video
    エピソード 42: 痛いっ! この子に引っ掻かれた

    エピソード 42: 痛いっ! この子に引っ掻かれた

    マイクより:
    あっ、ボクのニャンコが……。ゴメンね、パパ。
    ポイント:
    *規則動詞の過去形 = 原形動詞-ed or 原形動詞-d
    *「しょうがない」とあきらめるときの表現 “Oh, well.”
    語句とルールの説明:
    ・Ouch! 「イタッ!」「痛い!」と感じた瞬間 に発する声
    と 発音する。
    ・scratch 「引っ掻く」「(引っかいて)傷つける」「掻く」
    規則動詞
    過去形は “scratched ”
    ・She scratched me. 「この子に引っ掻かれた」
    過去形の規則動詞を使って過去の時制を表す文
    主語の “She” は、子ネコを擬人化したもの。
    迷惑を被ったような場合、日本語は受け身で「~された」と言うが、英語は能動態を使う。
    (例文1)She kicked me out. 「彼女に追い出されちゃった」
    (例文2)They picked on me. 「あいつらにいじめられたんだ」
    ・about 「~について」「~に関して」
    ・Sorry about that. 「ゴメン」「(ニャンコがやったことに関して)謝るよ」
    代名詞 “that” は、このセリフのひとつ手前の行為、ここでは、マイクの猫がパパを引っ掻いたことを指している。
    ・Oh, well. 「しょうがないな」「まあ、いいや」
    割に簡単にあきらめがつくときに、よく使う表現
    MIKE'S PODCAST 17 では、ママに「ダメよ」と言われたマイクが、欲しかった野球帽を諦めるときに “Oh, well.” と言っている。
    ・That’s okay. 「気にしないで」「謝らなくても大丈夫」
    “Sorry about that.” 「ゴメン」と謝られて、許すときに使う表現
    このページのトップ へ

    • 2分
    • video
    エピソード 36:ママの絵を描こうよ

    エピソード 36:ママの絵を描こうよ

    マイクより:
    これから、ルーシーとお絵描きをするんだ。何の絵を描こうかな。
    ポイント:
    *相手が言っていることの意味を確認する表現 “You mean ... ?” 「つまり…て言うこと?」
    *意思未来を表す “be going to ~ ”「~するつもり」
    語句とルールの説明:
    ・Mom = Momma “mother” の略式「おかあさん」「ママ」
    アメリカではよく使う表現
    「ママ」と呼びかけるときの表現は大文字で表記する。また、「お母さん」の総称も、このエピソードのようにように大文字で表記することがある。
    代名詞の所有格を前につけて特定するときは “my mom” “your mom” のように小文字で表記する。
    ・Let’s draw a picture of Mom. 「ママの絵を描こうよ」
    話者の意見をストレートに投げかけて、「(いっしょに)~しよう」と提案する “Let's + 動詞の原形” のパターンを使った表現。このエピソードで、ルーシーはママの絵をかくことを積極的に提案している。
    “Let's + 原形動詞” 「~しよう!」という表現については MIKE'S PODCAST 30, MIKE'S PODCAST 29, MIKE'S PODCAST 28, MIKE'S PODCAST 12 でも扱っているので復習しよう!
    ・You mean I draw my mom? 「つまり、ボクはボクのママを描くっていうこと?」
    ルーシーの提案を受けて、提案の内容を確認するのに、”You mean ... .” の表現をマイクは使っている。
    この文は “You mean + 文” のパターンになっているが、“You mean” の後には文、句、単語のどれでも置くことができる。
    (例文1)You mean I should eat more veggies? 「つまり、もっと野菜を食べた方がいいっていうこと?」
    (例文2)You mean in the house? 「つまり、家の中でっていうこと?」
    (例文3)You mean Tokyo? 「つまり、東京っていうこと?」
    ・Yeah, and I’m going to draw my mom. 「そうよ、それで私は私のママを描くつもりよ」
    意思未来を表す “be going to ~ ”「~するつもり」を使った表現
    このページのトップ へ

    • 3分
    • video
    エピソード 32:痛っ、それは痛いわ

    エピソード 32:痛っ、それは痛いわ

    マイクより:
    この洗濯バサミで、ママの腕をはさんでみようかな? ウヒヒ…
    ポイント:
    *目の前で見ていることや、身の回りで感じていることを指すときの代名詞 “that”
    *「それは痛い」“That hurts.” と言うときの「主語+動詞」のパターン
    語句とルールの説明:
    ・Aha! 「へへっ」
    と アクセントを後ろの方において発音する。
    このエピソードでは他人をあざ笑ったり、少し意地悪な感じでからかったりするときに出す声として使われている。
    ・Ow 「痛いっ」「ううっ」
    すごく痛いときに思わずあげてしまう声で と発音する。
    痛いと感じた瞬間に発する声:
    “Ouch!” 「あいたっ!」
    “Ow!” 「いたーっ!」“Ouch!” と言うときより痛みが激しいときに使う。
    “Aah!” 「あああーっ」と あまりの痛さに声を張り上げるような場合に使う。
    ・That hurts. 「それは痛いわ」
    ここでは洗濯バサミではさまれることを代名詞 “That” で指している。
    このように、代名詞 “that” は 目の前で見ていることや身のまわりで起こっていることを指すことができる。
    「すごく痛い」と言うときは “really” という副詞を使って “That really hurts.”
    「主語(That)+動詞」のパターンを使った例:
    (例文1)That stinks. 「(それって) 臭い」
    (例文2)That crumbles. 「「(それって) ポロポロ落ちてくる」
    ・Cut it out. 「やめなさい」「いいかげんにしてよね」
    望ましくないことを止めるように警告するときの口語表現。
    このページのトップ へ

    • 2分

カスタマーレビュー

3.4/5
184件の評価

184件の評価

Daisy

イイです

私みたいな超初心者には分かりやすくでイイです。ただ、最初の音楽を飛ばしたくなります。

whiteout box

内容はともかく、効果音が、、、、

声の音量に対して、BGMや効果音が大きいので、聞きづらい、というか、効果音が耳に触ります。
内容は、短くて、字幕もついて、悪くないと思います。
音の改善があれば、と思いました。

kenta2

キャラクターがかわいい

はじまるときの曲がたのしい。初心者向けの英語会話ということであれば、映像の中に日本語訳がほしい。サイトの説明なしで会話練習ができる方が初心者にとってはありがたいし、iPodに入れて学習するときに便利だと思う。

教育のトップPodcast

他のリスナーはこちらのサブスクリプションにも登録しています