20 episodes

これから起業を考える皆さんに向けて、アイデアやノウハウ、海外のスタートアップの情報をお届けします。

東京大学 FoundX は、東京大学卒業生のスタートアップを支援するプログラムと施設を運営しています。

FoundX スタートアップ Podcast FoundX UTokyo

    • Business

これから起業を考える皆さんに向けて、アイデアやノウハウ、海外のスタートアップの情報をお届けします。

東京大学 FoundX は、東京大学卒業生のスタートアップを支援するプログラムと施設を運営しています。

    "おもちゃ"のような市場を狙うスタートアップ

    "おもちゃ"のような市場を狙うスタートアップ

    成功したスタートアップの一部はおもちゃのような市場から始めて大きくなっています。

    Amazon はインターネットを利用する人が少なかった時代にオンラインで書籍を販売する企業でした。Google の検索エンジンは当時は大きなビジネスではありませんでした。eBay は動物のぬいぐるみを販売する企業として始まりました。今ではその市場が非常に大きいので、こうした最初のころを思い出すことが難しく、どうしても後知恵バイアスが働いてしまいますが、多くの企業は最初はこうしたおもちゃのような市場から始まっていました。

    投資家はリスクを回避する傾向にあるため、おもちゃのような市場を狙っていると、投資も付きづらいかもしれません。その時に使えるピッチの方法として、隣接領域と行動の変化を説明するという2つのやり方があります。

    隣接領域は Uber のように、まずリムジンという小さなところから入って、その後全ての車へ進出する、という隣接領域から始めるというストーリーを描くことです。もう一つの行動変化は、「私たちの製品は Facebook や GE のように、人の行動を変える」と訴えることです。

    資金が市場に出回っているため、どの領域でも起業しやすくなっています。そんなときこそ、おもちゃのような市場から始めたほうが期待値を上回りやすくなるでしょう。最初はおもちゃのような市場に挑戦し、そこから大きく成長することも検討してみてください。

    今回の Tip の元記事は『スタートアップにとっての「おもちゃのような市場」』です。

    • 1 min
    スタートアップの採用のコツ

    スタートアップの採用のコツ

    Product/Market Fit をしたあとには、起業家は1/3から1/2の時間を採用に充てることになります。最高の人材を確保することがスタートアップにとって重要であり、優秀な人は優秀な人と働くことを好むため、人材には妥協をせずに進めていく必要があります。

    そのためにも常に採用中のスタンスでいましょう。必要になってから良い人を探し始めるのでは遅いことが多いです。時には引き抜きもしなければなりません。そして人を採用した後はその人に長く残ってもらえるよう、企業のモメンタムを維持することも忘れないようにしてください。

    上手く採用することのコツは、候補者と一緒に働いてみることです。面接だけでは一部しか分かりません。また優れた人材を採用するには自社のミッションと文化的バリューを設定する必要があります。設定するだけではなく、そのミッションにわくわくしてもらえるように売り込まなければなりません。それには長い時間が必要です。

    最後に、人をなるべく雇わないようにしてください。小規模で多くのことを成し遂げるほうが優れた組織です。やるべきことのためには人を雇わなければならないから、という状況でのみ人を雇うようにしてください。

    今回の Tip の元記事は『スタートアップでの採用方法 (Sam Altman)』です。

    • 1 min
    価値は実行することで作られる

    価値は実行することで作られる

    価値は実行によって作られます。誰かと会ったりするのは大事なことですが、それ自身で新たな価値を生み出すものではありません。

    スタートアップを実際に始めるよりも、ニュースを見ることや誰かと話す方が簡単で楽しいものです。パーティーで未来について話すことも楽しいでしょう。しかし本当に必要なのはそのあとに、未来を作るために何かを実行したかどうかです。そして本当の難しさは実行にあります。

    実行したかどうかを自分自身で知るために、その日の終わりに、その日にしたことをリスト化してみることをお勧めします。忙しいと感じた日でも、何もなせていなければそれに気づくことができます。

    人は自分が計測するものに最適化していきます。会議数に最適化すれば、会議をたくさん持つことになります。売上に最適化すれば、会議の数は減って、売上に関わる活動を最大化するようになるでしょう。

    実行する困難に打ち克ち、価値を生み出してください。

    今回の Tip の元記事は『価値は実行によって作られる (Sam Altman)』です。

    • 1 min
    PoC の引き合いは PMF の兆しではない

    PoC の引き合いは PMF の兆しではない

    大企業がスタートアップとPoCをするのは、大企業が自分たちで実験などをするよりも安いからです。スタートアップにとって大金のように見えても、大企業にとっては安いものです。それがスタートアップを誤解に導きます。

    特に「イノベーション」「ラボ」「デジタル」「トランスフォーメーション」といった冠の付く部署には注意してください。大企業に入り込むための魅力的な入口のように見えますが、そうしたチームが企業の中で中心的な役割を持っているケースはわずかです。それよりは現場の事業部に行きましょう。

    PoCやコンサルティングなどのサービス契約ではなく、ライセンスやサブスクリプションの契約ができるかどうかを意識しながら活動してみることが、こうした過ちを避ける一つの方法となるでしょう。

    今回の Tip の元記事は『もっと時間が必要なのか、プロダクトマーケットフィットがないのか? 技術系創業者のための「市場がない時に市場に向かう」方法』です。

    • 1 min
    良いリーダーの3つの条件

    良いリーダーの3つの条件

    リーダーシップを測るにはどうすればよいでしょうか。PixarやTwitterのCFOを務めたAli によれば、リーダーに最も重要なものは「信頼」だそうです。そして信頼を生み出す要素を三つに分けています。

    一つ目は「明晰な思考と明晰なコミュニケーション」です。リーダーは明晰なコミュニケーションをして、多くの人についてきてもらう必要があります。そのためには伝わりやすいシンプルな言葉を使う必要があり、シンプルな言葉を紡ぐためには、明晰な思考をする必要があります。明晰なコミュニケーションの前には明晰な思考があり、リーダーはこれらが得意でなければなりません。

    二つ目は「人に関する判断力」です。良い人を採用したり、適切な人を昇進させることはリーダーの役目です。失敗して多くの部下を解雇することになれば、信頼を失います。

    三つめは「高潔さとコミットメント」です。私的な利益ではなく、大きな意味のあるもののために働き、普段から自分を向上させるために努力する謙虚さを持ち合わせることです。

    これら三つの要素を持つリーダーは周りから信頼されます。そのほかのシーンでも、どうやれば周りから信頼されるか、という観点で行動をとってみると良いのではないでしょうか。

    今回の Tip の元記事は Ali Rowghani の『どうやってCEOのリーダーシップを測るのか?』です。記事にはリーダーシップを測るための質問集もあります。ぜひ参照してみてください。

    • 1 min
    良いアイデアの見つけ方(市場規模編)

    良いアイデアの見つけ方(市場規模編)

    投資家はどのようなアイデアを良いアイデアだと判断するのでしょうか。Sam Altmanが挙げているのは市場規模です。

    ただ現在の市場規模ではなく、将来の市場規模に注目します。言い換えれば、市場の成長率を見ることです。つまり、すでに巨大な市場よりも、今猛スピードで成長しているような、そんな市場を狙うアイデアが良いアイデアの一つの要素です。

    ただ、成長率と言ってもフェイクトレンドもあります。毎年のようにバズワードが出てきて、まるでどの領域も成長するように見えます。ではフェイクトレンドを見分けるにはどうすればよいでしょうか。一つの兆候として、そのアーリーアダプターが毎日使っているかどうかを見ると良いそうです。iPhoneも出てきたころはアーリーアダプターが毎日使っていました。一方、出始めたころのVRはそうではありませんでした。まだ時期が来ていない、ということです。

    では、そうした市場を見つけるにはどうすればよいでしょうか。そのためには独自の思想を持ち、次にどのような巨大な市場を作れるかを考えてみることです。小さなスタートアップ自身が波を作ることは中々できませんが、波を見つけて波に乗ることはできます。

    そして最後に、愛されるプロダクトができているかどうかが良いアイデアかどうかの判断軸になります。既に製品があるなら、ユーザーが毎日使っているかどうかや口コミが起こっているかどうかで、そのアイデアが本当に有望なのかどうかが判断できます。

    今回の Tip の元記事は Sam Altman の『スタートアップへの投資入門:なぜ、どうやって、何に投資するか?』です。

    • 1 min

Top Podcasts In Business

You Might Also Like