33エピソード

「ラジオ美術館」は“インタビューを通してアートに親しむ”コンセプトで展開する音声プログラム。
美術館やアートに関わる人々の生の声が主役です。
話し言葉だからこそ伝わる、ゲストやその仕事・作品の魅力を感じ取ってください。
この番組は、「アートに親しむ、アートを考える」横浜美術館塾の企画・制作により配信しています。
☆番組ではアートや横浜美術館に対するみなさんからの疑問・質問を募集しています。専用メールアドレス「yma-shitsumon@yaf.or.jp」までお送りください。
【企画制作】横浜美術館塾
【インタビュアー/プロデューサー】早川洋平(KIQTAS)
【制作協力】和金HAJIME,江口拓人

ラジオ美術館 KIQTAS

    • ビジュアルアート
    • 4.5、6件の評価

「ラジオ美術館」は“インタビューを通してアートに親しむ”コンセプトで展開する音声プログラム。
美術館やアートに関わる人々の生の声が主役です。
話し言葉だからこそ伝わる、ゲストやその仕事・作品の魅力を感じ取ってください。
この番組は、「アートに親しむ、アートを考える」横浜美術館塾の企画・制作により配信しています。
☆番組ではアートや横浜美術館に対するみなさんからの疑問・質問を募集しています。専用メールアドレス「yma-shitsumon@yaf.or.jp」までお送りください。
【企画制作】横浜美術館塾
【インタビュアー/プロデューサー】早川洋平(KIQTAS)
【制作協力】和金HAJIME,江口拓人

    vol.8-4「緊張感との戦いを経て」

    vol.8-4「緊張感との戦いを経て」

    作品を無事に搬入した後には、展示作業も担当します。終始緊張を強いられる作業と想像してしまいますが、その恐怖はどうやって克服しているのでしょうか。最後にはエジプトでの研修など、最近の活動についても伺いました。 MP3ファイル

    vol.8-3「輸送」

    vol.8-3「輸送」

    美術品を運ぶ際には、専用の車両を使い振動をやわらげて傷ができることを避けます。また、「クーリエ」と呼ばれる作品に伴って乗車する人をはじめ、多くの人が関わって作品の安全を管理します。 MP3ファイル

    vol.8-2「集荷と言ってはいけない」

    vol.8-2「集荷と言ってはいけない」

    美術館や博物館に展示されている作品には、他所から拝借してきたものが多くあります。作品の持ち主の方がどのような気持ちで作品を貸し出すのか。人の気持ちを想像することが、細やかな仕事につながります。 MP3ファイル

    vol.8-1「美術品輸送業務との出会い」

    vol.8-1「美術品輸送業務との出会い」

    日本通運株式会社で美術品輸送業務について31年。徳田氏が美術品輸送という業務が存在することを知ったのが、同社に入社後でした。「美術品を運ぶ」という発想すらなかったという徳田氏ですが...? MP3ファイル

    vol.7-4「関係性の媒体としてのアート」

    vol.7-4「関係性の媒体としてのアート」

    「痛み」と「やまい」は万人が抱え持つものだと、斎藤氏は語ります。アートには人と人との関係性に介入し、巻き込んでいくような力が備わっているという興味深いお話も。アートの楽しみ方・関わり方について、最後に教えていただきました。 MP3ファイル

    vol.7-3「アートセラピーは効果があるのか?」

    vol.7-3「アートセラピーは効果があるのか?」

    斎藤氏は、自身がコーラスに参加した経験から、声楽療法に取り組んでいます。従来の芸術療法では、評価をしてはいけないという了解があったそうですが、同氏は技巧の上達によって得られる治療的効果に注目しています。 MP3ファイル

カスタマーレビュー

4.5/5
6件の評価

6件の評価

booksbooks

アートに苦手意識があるひとにこそオススメかも

難しい用語や知識がなくても聴けそうなので、アート食わず嫌いだった自分にとってはとても楽しい番組になりそうです。
それにしても美術館がこうした番組をやるとは、面白い試みですね。
期待しています。

ビジュアルアートのトップPodcast

他のリスナーはこちらのサブスクリプションにも登録しています

KIQTASのその他の作品