10エピソード

僕と君は青き世界の中で覚めない夢を見ていたんだ。前を見ることさえ出来なくなった十代の男女が互いの傷を共有して少しずつ前を向いて歩いて行く。この物語は社会のレールから蹴落とされた若者の怒りと哀しみに満ちた叫びである。

オーディオドラマ「アンダー・ザ・ブルー」 健介

    • 趣味
    • 4.7、572件の評価

僕と君は青き世界の中で覚めない夢を見ていたんだ。前を見ることさえ出来なくなった十代の男女が互いの傷を共有して少しずつ前を向いて歩いて行く。この物語は社会のレールから蹴落とされた若者の怒りと哀しみに満ちた叫びである。

    最終回

    最終回

    僕と君は青き世界の中で覚めない夢を見ていたんだ。前を見ることさえ出来なくなった十代の男女が互いの傷を共有して少しずつ前を向いて歩いて行く。この物語は社会のレールから蹴落とされた若者の怒りと哀しみに満ちた叫びである。

    • 35分
    第九回

    第九回

    僕と君は青き世界の中で覚めない夢を見ていたんだ。前を見ることさえ出来なくなった十代の男女が互いの傷を共有して少しずつ前を向いて歩いて行く。この物語は社会のレールから蹴落とされた若者の怒りと哀しみに満ちた叫びである。

    • 17分
    第八回

    第八回

    僕と君は青き世界の中で覚めない夢を見ていたんだ。前を見ることさえ出来なくなった十代の男女が互いの傷を共有して少しずつ前を向いて歩いて行く。この物語は社会のレールから蹴落とされた若者の怒りと哀しみに満ちた叫びである。

    • 17分
    第七回

    第七回

    僕と君は青き世界の中で覚めない夢を見ていたんだ。前を見ることさえ出来なくなった十代の男女が互いの傷を共有して少しずつ前を向いて歩いて行く。この物語は社会のレールから蹴落とされた若者の怒りと哀しみに満ちた叫びである。

    • 19分
    第六回

    第六回

    僕と君は青き世界の中で覚めない夢を見ていたんだ。前を見ることさえ出来なくなった十代の男女が互いの傷を共有して少しずつ前を向いて歩いて行く。この物語は社会のレールから蹴落とされた若者の怒りと哀しみに満ちた叫びである。

    • 19分
    第五回

    第五回

    僕と君は青き世界の中で覚めない夢を見ていたんだ。前を見ることさえ出来なくなった十代の男女が互いの傷を共有して少しずつ前を向いて歩いて行く。この物語は社会のレールから蹴落とされた若者の怒りと哀しみに満ちた叫びである。

    • 19分

カスタマーレビュー

4.7/5
572件の評価

572件の評価

jtpd'@apdpdt

サイコー(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

ぼくは、これまで、「文学少年の孤独」や、「スリルウォーク」などを聴いてきたがとてもレベルが高い。
OPやEDも選曲のセンスがとても良い。
他にも健介の作品を聴いてほしい。
文学少年の孤独はとても面白いし、他にもレベルが
高い作品が沢山ある。マジで最高。
上から目線で悪いが、絶対聴け!
聴かないと、ポッドキャストやってるのに損だ。
とっても楽しいよ。^_^
サイコー(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

NYAROぽん

感動しました。

初めてオーディオドラマというものを聞き、この、アンダー・ザ・ブルーが初めてです。

この物語の世界に入った気分でした。
最終回に近づいてくにつれて、
面白く、なぜか泣けてきて、
アンダー・ザ・ブルーの世界に吸い込まれていきました。
人は変われるのだと、
主人公の前向きさに勇気をもらえました!

本当に聞いてよかったです☺︎

優しい女子高生

4年前の自分も今の自分も大好きな作品

高3の時に大学が決まってからTwitterをいじりまくってた時期、健介さんとTwitter上でよくお話をしてた頃を思い出しました。初めてオーディオドラマの存在を知って1ファンになってたのを思い出しながら聞いていました。そんな私も大学4回で来年からは社会人です笑 凄い懐かしくて今聞いても感動してる自分がいて健介さんの作品でやっぱりこれが1番好きだ!!と思いました(^^)また作ってほしいです!

趣味のトップPodcast

他のリスナーはこちらのサブスクリプションにも登録しています