300エピソード

「FMフェスティバル 未来授業~明日の日本人たちへ」のレギュラー番組。日本が世界に誇る各界の「知の巨人」「次世代の知のフロントランナー」を講師に迎え、未来の日本人たちへ送るアカデミックな授業をお届けします。若い世代が社会の主軸となる「10年後の日本」を生き抜く智恵を探ります。

未来授業 TOKYO FM

    • コース
    • 3.5、330件の評価

「FMフェスティバル 未来授業~明日の日本人たちへ」のレギュラー番組。日本が世界に誇る各界の「知の巨人」「次世代の知のフロントランナー」を講師に迎え、未来の日本人たちへ送るアカデミックな授業をお届けします。若い世代が社会の主軸となる「10年後の日本」を生き抜く智恵を探ります。

    N高等学校 第1回 未来授業 Vol. 1885

    N高等学校 第1回 未来授業 Vol. 1885

    今週はオンライ授業のさきがけであるネットの高校、N高等学校の先生方に「進化するオンライン授業」というテーマでお話を伺います。

    講師はN高等学校副学長の上木原孝伸さん。

    未来授業1時間目

    テーマは「オンライン授業の今」



    教員向けオンラインサポートに関しては以下のページで申し込むことができます。

    https://forms.gle/vqgzCTrfvMJqJv5eA

    また、こちで前回のレクチャーの動画もアーカイブが配信されています

    https://youtu.be/8mTVERQ49hU





    ◆上木原孝伸(かみきはら・たかのぶ)

    副校長・通学コース運営部部長 大手教育企業で講師として 17 年間教壇に立ち、受験指導に携わる。

    2015 年に株式会社ドワンゴ教育事業本部に入社。

    「カドカワの創る新しい時代に合ったネットの高校」として誕生した N 高等学校の開校に携わり、2017 年 4 月より同校の副校長に就任。

    日本全国で生徒が学習しているネットの高校の運営という前例のないチャレンジに挑むとともに、ニコニコ動画のシステムを利用したネット双方向授業、ネットの高校ならではのコミュニケーションなどの N 高の魅力、そしてこれからの社会を生き抜く子どもたちにとって必要な未来の教育などについての説明会や講演活動を行っている。

    大澤正彦さん 第4回 未来授業 Vol. 1885

    大澤正彦さん 第4回 未来授業 Vol. 1885

    今週の講師は、新進気鋭の人工知能研究者、大澤正彦さん。



    ディープラーニングを越えた、最先端のAI技術「HAI」が大澤さんの研究の柱。



    人間の気持ちに寄り添うロボット、相手の気持ちを思いやるエージェント、

    そんな「ヒューマンなロボット」の開発に、日々取り組んでいます。



    一方で、最先端のテクノロジーはいつの時代も、社会に恐怖や不安をもたらしてきました。



    未来授業4時間目、

    今日のテーマは『ドラえもんの優しさ、人に寄り添うロボット』



    大澤さんの著書「ドラえもんを本気でつくる」はPHP新書から発売中。

    大澤さんのオフィシャルサイトでも、ロボット開発の最新情報をチェックすることができます。

    https://www.masahiko-osawa.com/home





    ◆大澤正彦

    1993年生まれ。2011年3月、東京工業大学附属科学技術高校を首席で卒業。同年4月、慶應義塾大学理工学部入学。

    2014年8月、「全脳アーキテクチャ若手の会」を設立。

    2015年三月、同大学を首席で卒業。同年四月、慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学入学。

    2017年3月、同大学大学院修士課程修了。同大学大学院博士課程に在籍したのち、現在は日本大学文理学部情報科学科助教を担当。



    日本認知科学会「認知科学若手の会」代表。人工知能学会学生編集委員。

    孫正義育英財団一期生。日本学術振興会特別研究員(DC1)。

    大澤正彦さん 第3回 未来授業 Vol. 1884

    大澤正彦さん 第3回 未来授業 Vol. 1884

    今週の講師は、新進気鋭の人工知能研究者、大澤正彦さん。



    「ドラえもんをつくりたい!」という、子供のころの夢に本気で向き合い、

    いま実際にドラえもんの小型ロボット「ミニドラ」の開発に取り組んでいます。



    AIやロボット技術がさらに進化した、近未来の世界に、ロボットと人間の関係は、どうなっていくのでしょうか?



    未来授業時3間目、

    今日のテーマは『ロボットと人間とエージェント』。

    大澤さんが目指す、ロボットと人間の関係とは?







    ◆大澤正彦

    1993年生まれ。2011年3月、東京工業大学附属科学技術高校を首席で卒業。同年4月、慶應義塾大学理工学部入学。

    2014年8月、「全脳アーキテクチャ若手の会」を設立。

    2015年三月、同大学を首席で卒業。同年四月、慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学入学。

    2017年3月、同大学大学院修士課程修了。同大学大学院博士課程に在籍したのち、現在は日本大学文理学部情報科学科助教を担当。



    日本認知科学会「認知科学若手の会」代表。人工知能学会学生編集委員。

    孫正義育英財団一期生。日本学術振興会特別研究員(DC1)。

    大澤正彦さん 第2回 未来授業 Vol. 1883

    大澤正彦さん 第2回 未来授業 Vol. 1883

    今週の講師は、日本大学文理学部情報科学科助教の大澤正彦さん。



    「ドラえもんをつくりたい!」という子どものころの夢に本気で取り組む、新進気鋭の人工知能研究者です。



    ロボットの身体と心、ハードとソフト。

    開発は、今どの段階にあるのでしょうか?



    未来授業2時間目、

    今日のテーマは『HAI、ヒューマン・エージェント・インタラクション』。

    ロボットの心を作るのに必要不可欠な、HAIという技術についてお伺いしました。





    ◆大澤正彦

    1993年生まれ。2011年3月、東京工業大学附属科学技術高校を首席で卒業。同年4月、慶應義塾大学理工学部入学。

    2014年8月、「全脳アーキテクチャ若手の会」を設立。

    2015年三月、同大学を首席で卒業。同年四月、慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学入学。

    2017年3月、同大学大学院修士課程修了。同大学大学院博士課程に在籍したのち、現在は日本大学文理学部情報科学科助教を担当。



    日本認知科学会「認知科学若手の会」代表。人工知能学会学生編集委員。

    孫正義育英財団一期生。日本学術振興会特別研究員(DC1)。

    大澤正彦さん 第1回 未来授業 Vol. 1882

    大澤正彦さん 第1回 未来授業 Vol. 1882

    今週の講師は、日本大学文理学部情報科学科助教の大澤正彦さん。



    「ドラえもんをつくりたい!」という子どものころの夢に、本気で取り組む27歳。

    ディープラーニングを越えた「HAI」の可能性を追求する、新進気鋭の人工知能研究者です。



    未来授業1時間目、

    今日のテーマは『 ドラえもんの定義、ミニドラの開発 』

    大澤さんなりの「ドラえもん」の定義。

    そして、現在取り組んでいるミニドラの開発について、お伺いしました。



    ◆大澤正彦

    1993年生まれ。2011年3月、東京工業大学附属科学技術高校を首席で卒業。同年4月、慶應義塾大学理工学部入学。

    2014年8月、「全脳アーキテクチャ若手の会」を設立。

    2015年三月、同大学を首席で卒業。同年四月、慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学入学。

    2017年3月、同大学大学院修士課程修了。同大学大学院博士課程に在籍したのち、現在は日本大学文理学部情報科学科助教を担当。



    日本認知科学会「認知科学若手の会」代表。人工知能学会学生編集委員。

    孫正義育英財団一期生。日本学術振興会特別研究員(DC1)。

    ロバート・キャンベルさん 第4回 未来授業 Vol. 1881

    ロバート・キャンベルさん 第4回 未来授業 Vol. 1881

    今週の講師は、日本文学研究者で、国文学研究資料館 館長ロバート・キャンベルさん。

    キャンベルさんは、資料館のYouTubeチャンネルで、「日本古典と感染症」という動画を配信。私たち日本人の先祖が、コレラや天然痘などの感染症とどう向きあってきたのか、日本の古典文学からわかりやすく読み解いています。

    今週は、先人たちの残した「古典」を、コロナ禍の日常に活かす方法をキャンベルさんに伺っていきます。



    未来授業4時間目

    テーマは「陰徳あれば陽報あり」



    ◆ロバート・キャンベル

    日本文学研究者。国文学研究資料館長。

    近世・近代日本文学が専門で、とくに19世紀(江戸後期~明治前半)の漢文学と、漢文学と関連の深い文芸ジャンル、芸術、メディア、思想などに関心を寄せている。

    テレビでMCやニュース・コメンテーター等をつとめる一方、新聞雑誌連載、書評、ラジオ番組企画・出演など、さまざまなメディアで活躍中。

カスタマーレビュー

3.5/5
330件の評価

330件の評価

Midori★

5Gは議決されるべきではない。

何度次世代とうたうのだろうか。始めからドコモが4Gをリードして丁寧な仕事をして貰いたかった。ビッグデータで何かと台無しになっていると思う。
商用には認められない。消費者向けの製品として市場に出回れさせたがっているようだが、甘い。へそで茶が沸くとはこのことだ。
コンセプトや研究どまりで、通信従事者が国家公務員資格を70%以上の人が取得してからにしてほしいものだ。一般的なニーズと噛み合っていない。船舶従事者など現行の仕事に障りがあったらたいへんに取り返しがつかないことになるだろう。

LeeSeiran

女性は?

男性の講師が多いですね…

( ; _ ; )/~~~。゚(゚´ω`゚)゚。

イマイチ

BGMがひどいし内容もなんかイマイチで残念この番組が始まる前にやってた海外についての番組の方が良かった…

コースのトップPodcast

他のリスナーはこちらのサブスクリプションにも登録しています

TOKYO FMのその他の作品