アフターコロナ 経済危機はいつまで続くか 第1回未来授業 Vol.2029 未来授業

    • 강의

今週は「アフターコロナ」を大きなテーマに新型コロナウィルスの影響で大きな転換点を迎えた経済の「これから先」の見通しを永濱さんに伺っていきます。



永濱さんは昨年10月の著書「経済危機はいつまで続くか」の中で日本の個人消費が戻るには、少なくとも3年程度はかかると指摘。またコロナ禍で最優先されるべき経済政策は一刻も早い「ワクチン接種による集団免疫獲得である」としています。それを踏まえたうえできょうは、コロナ収束後を見据えたその先の経済を考えるうえで重要なキーワードを永濱さんに挙げて頂きます。



未来授業1時間目。テーマは「グリーンとデジタルと人材育成」





◆永濱利廣(ながはま・としひろ)

1995年早稲田大学理工学部工業経営学科卒業後、第一生命保険入社。2005年東京大学大学院経済学研究科修士課程修了、2016年より現職。あしぎん総合研究所客員研究員、跡見学園女子大学マネジメント学部非常勤講師を兼務。総務省「消費統計研究会」委員、内閣府「コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会」委員、景気循環学会理事、あしかが輝き大使、佐野ふるさと特使、NPO法人ふるさとテレビ顧問。専門は経済統計、マクロ経済分析。著作に「経済危機はいつまで続くか」(平凡社新書)等。

今週は「アフターコロナ」を大きなテーマに新型コロナウィルスの影響で大きな転換点を迎えた経済の「これから先」の見通しを永濱さんに伺っていきます。



永濱さんは昨年10月の著書「経済危機はいつまで続くか」の中で日本の個人消費が戻るには、少なくとも3年程度はかかると指摘。またコロナ禍で最優先されるべき経済政策は一刻も早い「ワクチン接種による集団免疫獲得である」としています。それを踏まえたうえできょうは、コロナ収束後を見据えたその先の経済を考えるうえで重要なキーワードを永濱さんに挙げて頂きます。



未来授業1時間目。テーマは「グリーンとデジタルと人材育成」





◆永濱利廣(ながはま・としひろ)

1995年早稲田大学理工学部工業経営学科卒業後、第一生命保険入社。2005年東京大学大学院経済学研究科修士課程修了、2016年より現職。あしぎん総合研究所客員研究員、跡見学園女子大学マネジメント学部非常勤講師を兼務。総務省「消費統計研究会」委員、内閣府「コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会」委員、景気循環学会理事、あしかが輝き大使、佐野ふるさと特使、NPO法人ふるさとテレビ顧問。専門は経済統計、マクロ経済分析。著作に「経済危機はいつまで続くか」(平凡社新書)等。

TOKYO FM의 다른 콘텐츠