에피소드 1,988개

「FMフェスティバル 未来授業~明日の日本人たちへ」のレギュラー番組。日本が世界に誇る各界の「知の巨人」「次世代の知のフロントランナー」を講師に迎え、未来の日本人たちへ送るアカデミックな授業をお届けします。若い世代が社会の主軸となる「10年後の日本」を生き抜く智恵を探ります。

未来授‪業‬ TOKYO FM

    • 강의
    • 5.0 • 11개의 평가

「FMフェスティバル 未来授業~明日の日本人たちへ」のレギュラー番組。日本が世界に誇る各界の「知の巨人」「次世代の知のフロントランナー」を講師に迎え、未来の日本人たちへ送るアカデミックな授業をお届けします。若い世代が社会の主軸となる「10年後の日本」を生き抜く智恵を探ります。

    新型コロナによる嗅覚障害 第1回未来授業 Vol.2033

    新型コロナによる嗅覚障害 第1回未来授業 Vol.2033

    今週の講師は、東京大学病院 准教授 近藤健二さん。

    専門は「嗅覚医学」。嗅覚障害についても詳しく新型コロナウィルスが原因とされる嗅覚障害の患者も数多く診察しています。



    元々のニオイと違うニオイに感じてしまう「神経性嗅覚障害」。新形コロナではこれが高い割合で起こるとされ、なかには症状が数か月にわたり治らないケースもあるそうです。そこで今週はこの新型コロナによる嗅覚障害について症状や原因、治療法など現在分かっていることを伺っていきます。



    未来授業1時間目。テーマは「気道性と神経性」



    ◆近藤健二(こんどう・けんじ)

    東京大学病院 准教授 

    1994年東京大学医学部医学科卒業。東京大学医学部附属病院耳鼻咽喉科、亀田総合病院耳鼻咽喉科で研修。

    2001年東京大学大学院医学系研究科(耳鼻咽喉科学)修了。2001年より東京大学医学部附属病院耳鼻咽喉科助手。 2004年~2005年米国カリフォルニア大学サンディエゴ校耳鼻咽喉科博士研究員。

    2006年4月より医局長。2008年5月より講師。

    2016年6月より現職

    アフターコロナ 経済危機はいつまで続くか 第4回未来授業 Vol.2032

    アフターコロナ 経済危機はいつまで続くか 第4回未来授業 Vol.2032

    今週は「アフターコロナ」を大きなテーマに新型コロナウィルスの影響で大きな転換点を迎えた経済の「これから先」の見通しを永濱さんに伺っていきます。



    5Gをはじめとしたハイテク技術をめぐる米中の覇権争い。なかでも今後、より激しさを増すとされるのがAI・ビッグデータをめぐる対立だと言われていす。そのリスクはどの程度のものなのでしょうか。



    未来授業四時間目。テーマは「東西ハイテク冷戦」



    ◆永濱利廣(ながはま・としひろ)

    1995年早稲田大学理工学部工業経営学科卒業後、第一生命保険入社。2005年東京大学大学院経済学研究科修士課程修了、2016年より現職。あしぎん総合研究所客員研究員、跡見学園女子大学マネジメント学部非常勤講師を兼務。総務省「消費統計研究会」委員、内閣府「コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会」委員、景気循環学会理事、あしかが輝き大使、佐野ふるさと特使、NPO法人ふるさとテレビ顧問。専門は経済統計、マクロ経済分析。著作に「経済危機はいつまで続くか」(平凡社新書)等。

    アフターコロナ 経済危機はいつまで続くか 第3回未来授業 Vol.2031

    アフターコロナ 経済危機はいつまで続くか 第3回未来授業 Vol.2031

    今週は「アフターコロナ」を大きなテーマに新型コロナウィルスの影響で大きな転換点を迎えた経済の「これから先」の見通しを永濱さんに伺っていきます。



    火曜日はコロナ後も続く「新しい生活様式」の中で重要な役割を果たす技術

    5Gの可能性のお話でしたが、きょうはその5Gをめぐる大きな対立についてです。



    未来授業三時間目。テーマは「二つの経済システム」





    ◆永濱利廣(ながはま・としひろ)

    1995年早稲田大学理工学部工業経営学科卒業後、第一生命保険入社。2005年東京大学大学院経済学研究科修士課程修了、2016年より現職。あしぎん総合研究所客員研究員、跡見学園女子大学マネジメント学部非常勤講師を兼務。総務省「消費統計研究会」委員、内閣府「コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会」委員、景気循環学会理事、あしかが輝き大使、佐野ふるさと特使、NPO法人ふるさとテレビ顧問。専門は経済統計、マクロ経済分析。著作に「経済危機はいつまで続くか」(平凡社新書)等。

    アフターコロナ 経済危機はいつまで続くか 第2回未来授業 Vol.2030

    アフターコロナ 経済危機はいつまで続くか 第2回未来授業 Vol.2030

    今週は「アフターコロナ」を大きなテーマに新型コロナウィルスの影響で大きな転換点を迎えた経済の「これから先」の見通しを永濱さんに伺っていきます。



    今回はコロナショックがもたらした「新しい生活様式」、コロナ後も続くとされる「ニューノーマル」の中でも伸びる分野、コロナ後の経済において「核」となる分野について伺います。



    未来授業二時間目。テーマは「高まる5Gの価値」





    ◆永濱利廣(ながはま・としひろ)

    1995年早稲田大学理工学部工業経営学科卒業後、第一生命保険入社。2005年東京大学大学院経済学研究科修士課程修了、2016年より現職。あしぎん総合研究所客員研究員、跡見学園女子大学マネジメント学部非常勤講師を兼務。総務省「消費統計研究会」委員、内閣府「コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会」委員、景気循環学会理事、あしかが輝き大使、佐野ふるさと特使、NPO法人ふるさとテレビ顧問。専門は経済統計、マクロ経済分析。著作に「経済危機はいつまで続くか」(平凡社新書)等。

    アフターコロナ 経済危機はいつまで続くか 第1回未来授業 Vol.2029

    アフターコロナ 経済危機はいつまで続くか 第1回未来授業 Vol.2029

    今週は「アフターコロナ」を大きなテーマに新型コロナウィルスの影響で大きな転換点を迎えた経済の「これから先」の見通しを永濱さんに伺っていきます。



    永濱さんは昨年10月の著書「経済危機はいつまで続くか」の中で日本の個人消費が戻るには、少なくとも3年程度はかかると指摘。またコロナ禍で最優先されるべき経済政策は一刻も早い「ワクチン接種による集団免疫獲得である」としています。それを踏まえたうえできょうは、コロナ収束後を見据えたその先の経済を考えるうえで重要なキーワードを永濱さんに挙げて頂きます。



    未来授業1時間目。テーマは「グリーンとデジタルと人材育成」





    ◆永濱利廣(ながはま・としひろ)

    1995年早稲田大学理工学部工業経営学科卒業後、第一生命保険入社。2005年東京大学大学院経済学研究科修士課程修了、2016年より現職。あしぎん総合研究所客員研究員、跡見学園女子大学マネジメント学部非常勤講師を兼務。総務省「消費統計研究会」委員、内閣府「コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会」委員、景気循環学会理事、あしかが輝き大使、佐野ふるさと特使、NPO法人ふるさとテレビ顧問。専門は経済統計、マクロ経済分析。著作に「経済危機はいつまで続くか」(平凡社新書)等。

    次の10年のための10のアイデア 第12回未来授業 Vol.2028

    次の10年のための10のアイデア 第12回未来授業 Vol.2028

    「この10年に生まれた東北発のアイデア」を映し出し「次の10年をみんなで考える」ためのプロジェクト、『Think Next 10Years』から東北に関わるキーマンたちの声をお届けしています。



    今日の講師は、評論家で、批評誌 「PLANETS」編集長の宇野常寛さんです。



    青森県八戸出身、東北にルーツがある宇野さんは【Think Next 10 Years】のオンライントークに登壇し、石巻の街づくり団体、ISHINOMAKI2.0代表の松村豪太さんと対談。この10年、新しい街づくりを目指し走り続けた松村さんは今“孤独”を抱えていると話します。そんな前向きに頑張っている人たちが報われていない現状に対し、宇野さんが導き出した次なる10年のアイデアとは…。



    宇野常寛さんの未来授業、3時間目。テーマは 『復興のトップランナーを孤独にさせない』







    ◆宇野常寛(うの・つねひろ)

    評論家/批評誌「PLANETS」編集長

    1978年生。著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『日本文化の論点』(筑摩書房)、『母性のディストピア』(集英社)、『若い読者のためのサブカルチャー論講義録』(朝日新聞出版)。石破茂との対談『こんな日本をつくりたい』(太田出版)、『静かなる革命へのブループリント この国の未来をつくる7つの対話』(河出書房新社)など多數。立教大学社会学部兼任講師も務める。

사용자 리뷰

5.0/5
11개의 평가

11개의 평가

인기 강의 팟캐스트

청취자가 구독한 다른 항목

TOKYO FM의 다른 콘텐츠