에피소드 1,989개

「FMフェスティバル 未来授業~明日の日本人たちへ」のレギュラー番組。日本が世界に誇る各界の「知の巨人」「次世代の知のフロントランナー」を講師に迎え、未来の日本人たちへ送るアカデミックな授業をお届けします。若い世代が社会の主軸となる「10年後の日本」を生き抜く智恵を探ります。

未来授‪業‬ TOKYO FM

    • 교육
    • 5.0 • 12개의 평가

「FMフェスティバル 未来授業~明日の日本人たちへ」のレギュラー番組。日本が世界に誇る各界の「知の巨人」「次世代の知のフロントランナー」を講師に迎え、未来の日本人たちへ送るアカデミックな授業をお届けします。若い世代が社会の主軸となる「10年後の日本」を生き抜く智恵を探ります。

    みんなでつくる未来の学校 日野田直彦さん 第4回未来授業 Vol.2438

    みんなでつくる未来の学校 日野田直彦さん 第4回未来授業 Vol.2438

    いまの学校は「オワコン」。近代資本主義にあわせて、労働者を大量生産するために作られたこれまでの学校の形は、いまの社会では役に立たない終わったコンテンツになっていると指摘する、今週の講師、日野田直彦さん。またいま日本の学校は内部に様々な問題を抱えています。特に「ブラック」と表現される職場環境や教員のなり手不足は深刻で、このままでは学校教育そのものの存続自体を危ぶむ声も出ています。教育を通して、社会を変革することを目指し、学校を変えるべくさまざまな取り組みを続ける日野田さんは、このニッポンの学校をめぐる問題、どう考えているのでしょうか。



    未来授業4時間目。テーマは「狭き門より入れ」





    ◆日野田 直彦(ひのだ・なおひこ)

    千代田国際中学校校長。1977年大阪府生まれ。

    幼少期をタイで過ごし、帰国後は欧米の最先端の教育に取り組む同志社国際で揉まれる。同志社大学卒業後、進学塾、私立中高の新規立ち上げ、公立・私立の校長を経験。36歳(当時最年少)で校長になった大阪府立箕面高校では、地域の4番手の「普通」の学校の生徒が海外大学に多数進学し、注目を集める。武蔵野大学中学・高等学校では、定員割れ、予備校が出す偏差値が「判定不能」、9年で5人も校長が交代する倒産寸前の状態からV字回復。学校再建のロールモデルを構築すべく奮闘中。

    新著『東大よりも世界に近い学校』

    • 7분
    みんなでつくる未来の学校 日野田直彦さん 第3回未来授業 Vol.2437

    みんなでつくる未来の学校 日野田直彦さん 第3回未来授業 Vol.2437

    「日本で一番、学校説明会に人が集まる校長」、今週の講師 日野田直彦さんが校長や学園長を務める学校は、実際、毎年のべ1万人以上の親子が説明会に参加するほどの人気だと言います。その人気の理由の一つが、数多くの学生を海外の大学に送り出してきた日野田さんの実績。塾に行っているわけでもなく、海外生活の経験もなく、家庭に経済力がなくても、学生を海外の大学に進学させてきたことが高い評価を受けています。



    「目的は、海外の大学に進学させることではなく、あくまで選択肢を広げること」。

    一方でいまの時代は、学生が海外を目指す「大きなチャンスの時代」だと話します。



    未来授業3時間目 テーマは「海外の大学という選択肢」





    ◆日野田 直彦(ひのだ・なおひこ)

    千代田国際中学校校長。1977年大阪府生まれ。

    幼少期をタイで過ごし、帰国後は欧米の最先端の教育に取り組む同志社国際で揉まれる。同志社大学卒業後、進学塾、私立中高の新規立ち上げ、公立・私立の校長を経験。36歳(当時最年少)で校長になった大阪府立箕面高校では、地域の4番手の「普通」の学校の生徒が海外大学に多数進学し、注目を集める。武蔵野大学中学・高等学校では、定員割れ、予備校が出す偏差値が「判定不能」、9年で5人も校長が交代する倒産寸前の状態からV字回復。学校再建のロールモデルを構築すべく奮闘中。

    新著『東大よりも世界に近い学校』

    • 7분
    みんなでつくる未来の学校 日野田直彦さん 第2回未来授業 Vol.2436

    みんなでつくる未来の学校 日野田直彦さん 第2回未来授業 Vol.2436

    「日本で一番、学校説明会に人が集まる校長」、今週の講師 日野田直彦さんが校長や学園長を務める学校は、実際、毎年のべ1万人以上の親子が説明会に参加するほどの人気だと言います。



    倒産寸前だった学校経営をV字回復させ、定員割れしていた学校を人気校に押し上げ、そして数多くの学生を海外の大学に送り出してきた日野田さん。その手腕は海外からも注目を集め、海外の大学の入試担当者が「日野田の教え子が欲しい」とアクセスしてくることもあるとか。日野田さんがかかわる学校ではいったい、どんな教育が行われているのでしょうか。



    未来授業2時間目 テーマは「目的意識とオーナーシップ」





    ◆日野田 直彦(ひのだ・なおひこ)

    千代田国際中学校校長。1977年大阪府生まれ。

    幼少期をタイで過ごし、帰国後は欧米の最先端の教育に取り組む同志社国際で揉まれる。同志社大学卒業後、進学塾、私立中高の新規立ち上げ、公立・私立の校長を経験。36歳(当時最年少)で校長になった大阪府立箕面高校では、地域の4番手の「普通」の学校の生徒が海外大学に多数進学し、注目を集める。武蔵野大学中学・高等学校では、定員割れ、予備校が出す偏差値が「判定不能」、9年で5人も校長が交代する倒産寸前の状態からV字回復。学校再建のロールモデルを構築すべく奮闘中。

    新著『東大よりも世界に近い学校』

    • 7분
    みんなでつくる未来の学校 日野田直彦さん 第1回未来授業 Vol.2435

    みんなでつくる未来の学校 日野田直彦さん 第1回未来授業 Vol.2435

    「日本で一番、学校説明会に人が集まる校長」、こう呼ばれているのが今週の講師・日野田直彦さん。大学時代から日本の教育を変えることを志し、塾講師、社会科の教員などを経て、大阪府立箕面高校の校長に民間人校長として就任。地域の4番手だった高校を海外の大学に多数進学する学校に改革して注目を集めました。



    2018年以降は、東京・武蔵野大学中学校・高等学校、千代田高等学校、千代田国際中学の校長や理事長を務め、倒産寸前だった学校経営をV字回復させ話題に。



    そんな日野田さんが目指すのは「教育を通して、社会を変革する」ということ。

    そして、いまの日本の学校が置かれている状況をあるネットスラングで表現しています。



    未来授業1時間目。テーマは「日本の学校は、オワコンです」





    ◆日野田 直彦(ひのだ・なおひこ)

    千代田国際中学校校長。1977年大阪府生まれ。

    幼少期をタイで過ごし、帰国後は欧米の最先端の教育に取り組む同志社国際で揉まれる。同志社大学卒業後、進学塾、私立中高の新規立ち上げ、公立・私立の校長を経験。36歳(当時最年少)で校長になった大阪府立箕面高校では、地域の4番手の「普通」の学校の生徒が海外大学に多数進学し、注目を集める。武蔵野大学中学・高等学校では、定員割れ、予備校が出す偏差値が「判定不能」、9年で5人も校長が交代する倒産寸前の状態からV字回復。学校再建のロールモデルを構築すべく奮闘中。

    新著『東大よりも世界に近い学校』

    • 7분
    岸田浩和さん 第4回未来授業 Vol.2434

    岸田浩和さん 第4回未来授業 Vol.2434

    2012年、東日本大震災の津波被害を受けた石巻市の缶詰工場を追いかけたドキュメンタリー作品で監督デビュー。

    海外の映画祭でも高い評価を受け、30代後半と遅咲きながらドキュメンタリー監督として独立を果たした岸田さん。



    ドキュメンタリーの手法を取り入れた広告制作と、自ら取材して伝えるジャーナリズムとしての仕事を両輪に、日本はもちろん世界を飛び回っています。



    そしていま、岸田さんは、数年かけて取材してきたテーマを長編ドキュメンタリー映画として、発表しようとしています。



    未来授業4時間目 テーマは「リ・スタートアップ」







    ◆岸田浩和

    京都市生まれ。2012年発表の短編「缶闘記」で監督デビューし、5ヶ国8箇所の映画祭に入選。Yahoo! CREATOR’S、スマートニュース、VICE メディアジャパン、Yahoo!ニュース特集などに、独自企画の取材作品を掲載。2015年に株式会社ドキュメンタリー4を設立し、2016年発表の「桜田最後の100日間」は、ニューヨーク市フード映画祭で最優秀短編賞・観客賞を受賞、シアトル国際映画祭・コンペティション部門ノミネート。現在は、ゲーム会社を舞台にした長編ドキュメンタリー作の公開準備中。ナイジェリアのサッカーや水産資源問題、在日外国人に関するドキュメンタリーを長期取材中。関西学院大学や複数の映像学校で講師を務める。

    • 7분
    岸田浩和さん 第3回未来授業 Vol.2433

    岸田浩和さん 第3回未来授業 Vol.2433

    2012年、東日本大震災の津波被害を受けた石巻市の缶詰工場を追いかけたドキュメンタリー作品で監督デビュー。

    海外の映画祭でも高い評価を受け、30代後半と遅咲きながらドキュメンタリー監督として独立を果たした岸田さん。



    その後は、自ら制作会社を立ち上げ、ドキュメンタリーの手法を取り入れた

    企業CMやプロモーション映像の制作という新しいジャンルにも乗り出し、「映像を作る仕事」は、軌道に乗ったといいます。



    ただ、本来やりたい仕事は、光の当たらない人たち、知られざるストーリーを取材してドキュメンタリーを作ること。

    岸田さんがそんな想いに立ち返った頃、海の向こう・台湾で大きな出来事が起こりました。



    未来授業3時間目 テーマは「それは取材か、旅行か」





    ◆岸田浩和

    京都市生まれ。2012年発表の短編「缶闘記」で監督デビューし、5ヶ国8箇所の映画祭に入選。Yahoo! CREATOR’S、スマートニュース、VICE メディアジャパン、Yahoo!ニュース特集などに、独自企画の取材作品を掲載。2015年に株式会社ドキュメンタリー4を設立し、2016年発表の「桜田最後の100日間」は、ニューヨーク市フード映画祭で最優秀短編賞・観客賞を受賞、シアトル国際映画祭・コンペティション部門ノミネート。現在は、ゲーム会社を舞台にした長編ドキュメンタリー作の公開準備中。ナイジェリアのサッカーや水産資源問題、在日外国人に関するドキュメンタリーを長期取材中。関西学院大学や複数の映像学校で講師を務める。

    • 6분

사용자 리뷰

5.0/5
12개의 평가

12개의 평가

인기 교육 팟캐스트

Real English Conversations Podcast - Learn to Speak & Understand Real English with Confidence!
Real English Conversations: Amy Whitney & Curtis Davies - English Podcast
6 Minute Grammar
BBC Radio
Daily Easy English Expression Podcast
Coach Shane
6 Minute English
BBC Radio
Culips Everyday English Podcast
Culips English Podcast
[쓸공언니] 경제 뉴스와 책 읽기
쓸공언니

추천 항목

Tokyo Midtown presents The Lifestyle MUSEUM
TOKYO FM
ANA WORLD AIR CURRENT
SPINEAR
ウェンズデイ・ホリデイ | WEDNESDAY HOLIDAY
働くの実験室(仮)by SmartHR
安住紳一郎の日曜天国
TBS RADIO
超リアルな行動心理学
FERMONDO
ジェーン・スー 生活は踊る
TBS RADIO

TOKYO FM의 다른 콘텐츠

鈴木敏夫のジブリ汗まみれ
TOKYO FM
Tokyo Midtown presents The Lifestyle MUSEUM
TOKYO FM
人生に、文学を。
TOKYO FM
REAL TOKYO
TOKYO FM
秋元才加とJOYのWeekly Japan!!
TOKYO FM
秋元才加のWeekly Japan!!
TOKYO FM