33 分鐘

「どこで売るか?」が「何を売るか?」より10倍重要な理由【第573回‪】‬ インターネットビジネスってそういうことだったのか【起業について学べる番組】

    • 職業

「いったい何を売ればいいのか?」

起業前の人からの相談では、この手のものがダントツで多いです。

当然ですよね。

起業するときには、これが一番悩むことだろうし、実際すごく大事。

なぜなら、「何を売るか?」で商売はほぼ決まると言ってもいいから。

毎日10時間働いていても1万円しか売れないか、

毎日10時間働くと1000万円売れたりするくらい結果に差がでます。

たとえば着物を海外に売るとしましょう。

1着20万円以上するブランド着物を販売するのと、

1着数千円の着物を海外に販売するパターンって両方存在しますが、後者のほうが100倍近い結果を出してます。

このように、ビジネスが成功やすいかどうかは、ほぼ商材を選択した時点で決まると言ってもいいです。

でもね、もう1つ売れやすくするために必要な要素が存在します。

それは「どこで売るか?」ということです。

なぜなら、売れる商材の中でも、この場所なら売れるけど、この場所だと売れないって特性があったりするからです。

つまり、成功率をあげるには、

売れる商材+売れやすい場所

の組み合わせが達成できないとダメなんですよね。

なので失敗する理由の中には商材は問題なかったのに、「売れやすい場所」で売ることができなかったからってことも結構多いです。

売れる場所で「売らなかった。」を言い間違えたのではないですよ?

売れる場所で「売れなかったんです。」

そこで売れば売れるんだけど、あなたにはそこで売ることができなかったってことです。

売れる場所が存在するけど、”そこにはあなたはリーチできない”ことがあるからなんです。

この場合は、いくら売れる商品を持っていても、苦戦することになります。

なんでこんなことが起こるかというと、

まず売れる商材を決めて、次にそれが売れる場所を見つけて売ろうとするんだけど、

そこでは売ることができないって条件が自分にあることに気がついてしまうって順序になっているからです。

すっごい簡単に言いますよ?

ディズニーランドの中で、ミッキーのボトルに入ったオレンジジュースを売れば絶対に売れることを知ったけど、

あなたはディズニーランドでビジネスはできませんよね?

極端に言えばこういうことが起こって失敗しているということなんです。

逆に言えば、比較的楽に成果を出していくためには、売れてる商品を見つける前に、

自分が条件面を楽にクリアできて「売ることができる場所」を見つけて、その場所で売れてる商品を見つけるって手順を踏むほうが失敗率が低いとも言えるわけです。

意味伝わります?

「売れる商品はなんだろう?」

ばかりに気をとられるんじゃなくて、

「売れてる場所はどこで、その場所で売りやすいものはなんだろう?」

という順番の方が確実だって話です。

とはいえ、例を出さないとわからないですよね。

ということで今日はどこで売るか?がいかに大事なのかを例とともにお話しますね。

あなたがもし今何かで苦戦しているなら、売る場所の問題を抱えてるかもしれないので、読んでみてください。

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

番組無料登録はこちらから

今すぐ聴くにはこちら

「いったい何を売ればいいのか?」

起業前の人からの相談では、この手のものがダントツで多いです。

当然ですよね。

起業するときには、これが一番悩むことだろうし、実際すごく大事。

なぜなら、「何を売るか?」で商売はほぼ決まると言ってもいいから。

毎日10時間働いていても1万円しか売れないか、

毎日10時間働くと1000万円売れたりするくらい結果に差がでます。

たとえば着物を海外に売るとしましょう。

1着20万円以上するブランド着物を販売するのと、

1着数千円の着物を海外に販売するパターンって両方存在しますが、後者のほうが100倍近い結果を出してます。

このように、ビジネスが成功やすいかどうかは、ほぼ商材を選択した時点で決まると言ってもいいです。

でもね、もう1つ売れやすくするために必要な要素が存在します。

それは「どこで売るか?」ということです。

なぜなら、売れる商材の中でも、この場所なら売れるけど、この場所だと売れないって特性があったりするからです。

つまり、成功率をあげるには、

売れる商材+売れやすい場所

の組み合わせが達成できないとダメなんですよね。

なので失敗する理由の中には商材は問題なかったのに、「売れやすい場所」で売ることができなかったからってことも結構多いです。

売れる場所で「売らなかった。」を言い間違えたのではないですよ?

売れる場所で「売れなかったんです。」

そこで売れば売れるんだけど、あなたにはそこで売ることができなかったってことです。

売れる場所が存在するけど、”そこにはあなたはリーチできない”ことがあるからなんです。

この場合は、いくら売れる商品を持っていても、苦戦することになります。

なんでこんなことが起こるかというと、

まず売れる商材を決めて、次にそれが売れる場所を見つけて売ろうとするんだけど、

そこでは売ることができないって条件が自分にあることに気がついてしまうって順序になっているからです。

すっごい簡単に言いますよ?

ディズニーランドの中で、ミッキーのボトルに入ったオレンジジュースを売れば絶対に売れることを知ったけど、

あなたはディズニーランドでビジネスはできませんよね?

極端に言えばこういうことが起こって失敗しているということなんです。

逆に言えば、比較的楽に成果を出していくためには、売れてる商品を見つける前に、

自分が条件面を楽にクリアできて「売ることができる場所」を見つけて、その場所で売れてる商品を見つけるって手順を踏むほうが失敗率が低いとも言えるわけです。

意味伝わります?

「売れる商品はなんだろう?」

ばかりに気をとられるんじゃなくて、

「売れてる場所はどこで、その場所で売りやすいものはなんだろう?」

という順番の方が確実だって話です。

とはいえ、例を出さないとわからないですよね。

ということで今日はどこで売るか?がいかに大事なのかを例とともにお話しますね。

あなたがもし今何かで苦戦しているなら、売る場所の問題を抱えてるかもしれないので、読んでみてください。

今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

番組無料登録はこちらから

今すぐ聴くにはこちら

33 分鐘