267 個單集

海外在住者のインターネットビジネスコンサルティングを行うコンテンツラボ代表の河野竜夫が、ビジネス、起業、マーケティングはもちろん、自分らしいライフスタイルなどについてお話しています。

https://www.contentslab.net/

インターネットビジネスってそういうことだったのか【起業について学べる番組‪】‬ コンテンツラボ 河野竜夫

    • 商業

海外在住者のインターネットビジネスコンサルティングを行うコンテンツラボ代表の河野竜夫が、ビジネス、起業、マーケティングはもちろん、自分らしいライフスタイルなどについてお話しています。

https://www.contentslab.net/

    顧客数と利益額どっちが大事?【第575回】

    顧客数と利益額どっちが大事?【第575回】

    今期の赤字が6億円。

    あるスタートアップの決算を見たら、こう書いてありました。

    今の時期、業績が悪化している会社なんて多いから驚くことはないかもしれませんが、

    この会社は売上が10億円です。半分以上が赤字。

    なかなかの成績だと思うんですよね。

    もっとも、スタートアップっていうのは、多額の資金を投資してもらって、それを惜しげも無く使い、

    いっきに急成長をすることを目的にしていますから、こうなりがちといえばこうなりがち。

    要するに資金が尽きる前に、赤字を大きな黒字に転換するか、

    赤字でも上々や売却をして投資額を上回るお金を手にすればいいわけです。

    一方、何億の赤字が出てもへっちゃらな多額の投資も受けてないし、上場も目指してないしょぼい僕らはどうでしょう?

    まとまった現金が手元にない限り、大きな赤字を出してしまうとイコール倒産を意味します。

    当然とるべき方法は「ケチケチ作戦」。

    「ケチケチ作戦」は広告費の使い方で如実に現れます。

    例えば僕はコンサルティング事業を始めたばかりの頃、

    広告で「無料相談」を募っていました。

    グーグル広告に3万円使うと、だいたい10件くらいの相談を得られました。

    この10件のうち半分は月15000円のコンサル契約をしてもらうことができました。

    今ではこの数字は全然違いますが当時はこんな感じでした。

    1人の顧客を新規獲得するのに1万五千円使うのだけど、当月には同額を支払ってもらえるので

    差し引きゼロ。翌月には15000円ずつ利益が得られる計算がたつわけです。

    これがもし、グーグル広告に3万円つかって、無料相談を3件しか得られなくて、

    かつコンサル契約も2割くらいしかもらえないとしたら、ビジネスの継続は無理でした。

    だって1名契約するのに5万円かかるわけで、利益が得られるのは最低でも4ヶ月後になります。

    ということは、事業コストが〇円で運営していても生活費は最低でも4ヶ月分現金で残ってないとダメなんですよね。

    しかも、継続してくださらない場合は利益の回収ができないので、そのまま損になるリスクをはらんでいます。

    要するに、支払ったコストが当月か来月くらいには回収できなければ、そのコストは払えないし

    払うべきではありません。

    式にするとこう。

    1人の新規客を得るために必要な広告費 < 1人の新規客から当月か来月までに得られる利益額

    (ちなみに1人の新規客を得るために必要な広告費をCPO – cost per order)と呼びます。)

    当たり前ですが、この式を守ってる限り、倒産はしないだろうし、ビジネスは持続可能です。

    ある程度でかくもなります。

    賢い個人起業家はこのセオリーを徹底的に守っています。

    ただし、、、

    持続可能なだけなんです。

    持続するだけ。

    一定の規模以上には拡大していけません。

    変ですよね?

    だって、1万五千円かけるたびに月1万五千円売り上がる顧客が1名増えるなら、

    月3万円の広告費で新規2名。これを1年つづけたら顧客数が24名。

    1年後の売上は月36万円。

    1年後広告費を月12万に増やしたら月の新規客は6名。

    2年後の新規客は約100名。売上は月150万円。

    こんなふうどんどん大きくなるはずじゃないですか?

    でもね。こうはならないんです。

    理由

    • 42 分鐘
    早く動いて売れない人。じっくり動いて売れない人。【第574回】

    早く動いて売れない人。じっくり動いて売れない人。【第574回】

    これまでのコンサルティグ人生でわかったことがひとつあります。

    世の中にはビジネスが上手くいく人と。上手くいかない人の2種類しかいないということ。

    「はぁ?何当たり前の事言ってんの?」って感じですが、まー聞いてみてください。

    話題にしたいのは、その2種類の人は初めから決まっているわけではないってことなんです。

    たとえば起業で成功するタイプとしてあげられるのが、

    ・すぐに行動する人。

    ・実行力のあるバカ

    というのがあります。

    もちろん、その通りでしょう。

    でもね、実際はすぐに行動するからこそ失敗し、

    実行力があるからこそ何年もうだつが上がらないってことがあります。

    逆に、じっくりビジネスのことを考えて、よく学び、これと決めたら粘りつよく実行していくタイプの起業家も、

    成功例としてよく紹介されますよね。

    でもね、実際はよく考えて、粘りつよいからこそ、まったく成果が出ない人もいたりします。

    これって、要するに「人による」「ケースバイケース」って話に聞こえると思うんですが、

    僕は、その人の特徴と、その人が選んだビジネスの組み合わせによって起こってるよなって気がつきました。

    ・行動が早いひとが上手くいくビジネスと、失敗するビジネスがある。

    ・じっくり腰を据えるひとが上手くいくビジネスと、失敗するビジネスがある。

    ということなんです。

    しかも残念なことに、行動が早い人が失敗するビジネスは、じっくり考える人がやると大成功したりします。

    じっくり考える人が失敗するビジネスは、行動が早い人がやると大成功したりするんです。

    組み合わせが逆だと失敗するってことなんです。

    コンサルティングをしていて、何が一番悔しいかって、この組み合わせが逆になってるのに戻せなかった時です。

    行動が早い人が、失敗するビジネスを選んでしまって力尽きた時と、

    じっくり腰を据えられる人が、失敗するビジネスを選んでしまった時です。

    ビジネスそのものは成果が出る要因が豊富なのに、組み合わせが逆なのに、

    成果が出る組み合わせに変えてもらえなかったときなんですよね。

    ということで今日は、そんな悔しい感じにすこしでもならないように、

    起業家のタイプ別に僕の思う相性のいいビジネスをお話ししてみたいと思います。

    今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

    番組無料登録はこちらから

    今すぐ聴くにはこちら

    • 32 分鐘
    「どこで売るか?」が「何を売るか?」より10倍重要な理由【第573回】

    「どこで売るか?」が「何を売るか?」より10倍重要な理由【第573回】

    「いったい何を売ればいいのか?」

    起業前の人からの相談では、この手のものがダントツで多いです。

    当然ですよね。

    起業するときには、これが一番悩むことだろうし、実際すごく大事。

    なぜなら、「何を売るか?」で商売はほぼ決まると言ってもいいから。

    毎日10時間働いていても1万円しか売れないか、

    毎日10時間働くと1000万円売れたりするくらい結果に差がでます。

    たとえば着物を海外に売るとしましょう。

    1着20万円以上するブランド着物を販売するのと、

    1着数千円の着物を海外に販売するパターンって両方存在しますが、後者のほうが100倍近い結果を出してます。

    このように、ビジネスが成功やすいかどうかは、ほぼ商材を選択した時点で決まると言ってもいいです。

    でもね、もう1つ売れやすくするために必要な要素が存在します。

    それは「どこで売るか?」ということです。

    なぜなら、売れる商材の中でも、この場所なら売れるけど、この場所だと売れないって特性があったりするからです。

    つまり、成功率をあげるには、

    売れる商材+売れやすい場所

    の組み合わせが達成できないとダメなんですよね。

    なので失敗する理由の中には商材は問題なかったのに、「売れやすい場所」で売ることができなかったからってことも結構多いです。

    売れる場所で「売らなかった。」を言い間違えたのではないですよ?

    売れる場所で「売れなかったんです。」

    そこで売れば売れるんだけど、あなたにはそこで売ることができなかったってことです。

    売れる場所が存在するけど、”そこにはあなたはリーチできない”ことがあるからなんです。

    この場合は、いくら売れる商品を持っていても、苦戦することになります。

    なんでこんなことが起こるかというと、

    まず売れる商材を決めて、次にそれが売れる場所を見つけて売ろうとするんだけど、

    そこでは売ることができないって条件が自分にあることに気がついてしまうって順序になっているからです。

    すっごい簡単に言いますよ?

    ディズニーランドの中で、ミッキーのボトルに入ったオレンジジュースを売れば絶対に売れることを知ったけど、

    あなたはディズニーランドでビジネスはできませんよね?

    極端に言えばこういうことが起こって失敗しているということなんです。

    逆に言えば、比較的楽に成果を出していくためには、売れてる商品を見つける前に、

    自分が条件面を楽にクリアできて「売ることができる場所」を見つけて、その場所で売れてる商品を見つけるって手順を踏むほうが失敗率が低いとも言えるわけです。

    意味伝わります?

    「売れる商品はなんだろう?」

    ばかりに気をとられるんじゃなくて、

    「売れてる場所はどこで、その場所で売りやすいものはなんだろう?」

    という順番の方が確実だって話です。

    とはいえ、例を出さないとわからないですよね。

    ということで今日はどこで売るか?がいかに大事なのかを例とともにお話しますね。

    あなたがもし今何かで苦戦しているなら、売る場所の問題を抱えてるかもしれないので、読んでみてください。

    今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

    番組無料登録はこちらから

    今すぐ聴くにはこちら

    • 33 分鐘
    業績が悪くて不安でやる気もなくした時どうするか?【第572回】

    業績が悪くて不安でやる気もなくした時どうするか?【第572回】

    「なんだか何もやる気が起きません。」

    コロナのご時世になってから、こういうたぐいの相談を幾度となく受けてきました。

    もちろんビジネスのお手伝いしている中で出てくる話ですから、

    原因はビジネスに起因することが多いです。

    ・業績が悪くなってしまった。

    ・何かの事件やトラブルが発生した。

    こういうとき。

    そして、何もやる気が出なくなるわけです。

    もちろん、たいていは、ほっといても、業績が元に戻ったり、

    逆に苦境にやる気が湧いてきて業績をまた伸ばすなんてことも起ることの方が多いんです。

    深刻そうに言ってた方も、聞いてた方にとっても「あれは、なんだったんだ?」こんな風に解決します。

    でも、ズルズルと引っ張ることもたまにはあると思うんです。

    不安が恐怖に変わり、そして手も足も動かなくなり、

    手も足も動かないんだから業績はもっと悪くなっていきます。

    もちろん僕はカウンセラーではないし、人生の機微をわかってる人間でもありませんから、

    大したことは言えないのですが、

    数多く人様の「やる気のなさ」を一緒に乗り越えてきた経験から、

    最大公約数的な解決策は持ち合わせているつもりです。

    ということで、今日は特にビジネスの「何か」が原因でやる気が出ないときの

    解決策的なものをいくつかお話してみますね。

    今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

    番組無料登録はこちらから

    今すぐ聴くにはこちら

    • 38 分鐘
    売上を伸ばしたいならお客さんにワイロを渡せ【第571回】

    売上を伸ばしたいならお客さんにワイロを渡せ【第571回】

    「顧客単価10万円くらいだけど、ほっといてもザクザクお客さんが集まる。」

    そんなビジネスをしている人がいます。

    僕の古いアメリカのクライアントさんの話です。

    あるサービスを提供しているのですが、顧客単価は10万円くらいの商材です。

    ここ何年もずっと業績が良いまま継続できています。

    業績が良い理由は、この方の会社のWebサイトの力が大きいです。

    ただ、このサイト、実は何も書いていません。

    あ。何も書いてないというか、コピーを何も書いていません。

    不思議ですよね?

    「ペン1本だけでビジネスは成功できる。」

    こう言われるくらい、ビジネスにおいて“言葉”“文章”はすごく大事。

    ネットビジネスでもWebサイトにどんな文章を書くか?

    SNSでどんな言葉を話すか?ということはビジネスの成否を決めるくらい重要です。

    どういう文章を書くべきか?という議論が至る場所で行われ、

    コピー講座があらゆる場所で行われてるわけです。

    なのに、“コピー”にまったくこだわらず、

    なんなら文章すらまともに書いてないのに成果を出している人もいたりします。

    僕の古いアメリカのクライアントさんもその一人。

    答えは簡単なので先に言ってしまいます。

    お客さんへ「なぜ申し込みしてくださったのですか?」と質問するとほぼ100%言われることが答えになってます。

    「大量にお客様の声が掲載されていて、自分と同じような人もたくさんいて、お願いするならココしか考えられなかった。」

    「大量の利用者の声が掲載されていて、信頼できたから。」

    もうおわかりですよね。

    このWebサイトはお客様の声が大量に掲載されているのです。

    もちろん写真や動画も掲載されています。

    数十名どころではありません。100名以上は掲載されています。

    逆にコピーライティングらしきものはどこにもありません。

    サイトのタイトルくらいはありますが、その程度。

    あとは全部お客様の声で埋め尽くされてるだけですね。

    コピーライティングのメソッドは有効なものがたくさんあります。

    どんなパーツを入れればいいか?どんな文章構成が最適か?

    保証はどうするか?ブレットはどのように入れるか?などなど。

    でも、最強のコピーは、コピーを必要とせず、ただひたすらお客様の声が掲載されてることだったりもします。

    変にデザインにこだわったり、コピーをこねくり回したりするより、最強なのはお客様の声なんですよね。

    じゃ、なんでみんなやらないか?

    別にこんなこと言われなくてもご存知だとも思うんです。

    それはたぶん、お客さんの声が集まるほどお客様がいないか、

    頼んでも断られてるか?といったあたりが理由だと思うんです。

    ということで今日は、お客様の声の重要性とともに、集め方についてお話していきます。

    今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

    番組無料登録はこちらから

    今すぐ聴くにはこちら

    • 28 分鐘
    しょぼいサービスにお客さんが集中する訳【第570回】

    しょぼいサービスにお客さんが集中する訳【第570回】

    「なぜ、こんな奴が繁盛してるんだろう?」

    昔、業績が上がらず、精神面でダークサイドに落ちてた頃の話です。

    僕は、ネットビジネスとかのコンサルやプログラムを販売する人たちのことを忌々しく眺めていました。

    「こんな適当なアドバイスで儲かるわけないのに詐欺じゃん!」

    とか憤ってみたり、

    「なんでお客さんはそれに気がつかないんだろう?俺の方が100倍誠実だし、良いサポートするのに!バカなの?」

    とか騙される人を馬鹿にしてみたり。

    今振り返っても、確かに当時忌々しく感じていた他社のサービスはお客さんを軽んじていたと思います。

    そして本気で「自分たちだけが儲かればいい。」というような悪いスタイルだったとは思います。

    とはいえ、関係ない僕からこんなこと言われる筋合いはまったくないし、そのサービスを使ってるお客さんにとっても余計なお世話でしかありません。

    それでも、未熟だった僕は真剣だったんですよね。

    ・なぜ俺の方が品質がいいのに選ばれないのだろう?

    ・なぜお客さんは“あんなしょぼいサービス”のほうがいいのだろう?

    こんな風にいつも悶々としていました。

    あなたも同業他社に対してこんな風な心理になることってありません?

    または、ありませんでした?

    「なぜ私の方が品質がいいのに、あんなしょぼいサービスのほうが儲かってるんだろ?」

    って心理状態になったことはないか?って意味です。

    ということで今日はあなたがなぜしょぼいサービスに負けるのか?のカラクリと、

    対処方法をお話ししたいと思います。

    なぜなら、「なぜしょぼいサービスのほうが自分より儲かってるのか?」ってことの正しい理由を知らないと、

    ずーっと同じことで悩んだり忌々しく思ったりする状態になって、人のことばっかり気にして業績が余計上がらないってことになり、

    いいことがひとつもないんですよね。

    今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

    番組無料登録はこちらから

    今すぐ聴くにはこちら

    • 34 分鐘

熱門商業 Podcast

聽眾訂閱的還有