1 小時 3 分鐘

「所属することの力」クリス・バロトン 励ましとリバイバルのメッセージ

    • 基督教

Power of Belonging - Kris Vallotton JAPANESE
同時通訳:相馬伸子

1サムエル22:1〜2、2サムエル23:8〜23  イザヤ62、ヨハネ4 
「所属することの力」というテーマのメッセージですが、「自分を守らず、心を開くことの力」というブルネ ブラウンさんという 社会学の研究者の女性がTEDトークで話したことを引用したいと思います。 彼女は「聖書の原則」を「バビロンの言語」で話していると感じます。
彼女は「人類はコネクトするための創造されていることが、脳科学から立証されている」と言いました。コネクトするとは、「つながる」関わることですが、彼女はコネクトするために造られたと言ったのです。
地上に多くの人が、「自分の人生の目的は何?」と探していますが、それは進化論でアメーバーから何十億年あれば、人間になったと教えるように神様から切り離しては、「人間の目的」はありません。
私達は「つながる」為にできているのですが、それは「所属する」「一員となる」ということですが、現在の多くの国々では同棲している家族があり、結婚の契約を結びません。そのゆえに「名前がない、アイデンティティーに葛藤する」ことや、少年がギャングに加わったり、少女が性的な関係に入ってしまうことの原因になっています。

父なる神は聖霊様を先におくったのではなく「御子」イエスが送られて来ました、それは家族ということを私達が知るためにです 
所属する為に、家族の一員になるために造られた、私達なので、私達が所属していない時には「本来の姿ではない」のです。

人類の最大の恐れは「コネクト」するために差し出した手を拒否されることです。ですから、私達は拒絶を拒絶して「自分は誰の意見も気にしない」と言ってしまうのです。私達には「知ってほしい、認めてほしい」という願いと「周りにあっていたい、フィットした」という2つの願いがあります。それは、生ける石として神様が私達を見ているところであり、生けるレンガとは書かれていないところです。石は形や大きさが全て異なっています。そして、あなたという生ける石の入るべき場所は、「本当のあなた」の形にできていて、あなたが受け入れられるために、他のような人になっている時のあなたの形ではないのです。

ダビデ王の30人の勇士達がいますが、最初には「困窮したもの、負債のあるもの、不満のあるもの」達でしたが、のちには、「ダビデの勇士」と言われるようになりました、
それは、彼らが所属したからです。ダビデのグループの一員になったからです。

日本語動画:https://www.youtube.com/watch?v=udnHWNpqyBg
英語音声:https://www.acast.com/krisvallotton/the-power-of-belonging-part-1

Power of Belonging - Kris Vallotton JAPANESE
同時通訳:相馬伸子

1サムエル22:1〜2、2サムエル23:8〜23  イザヤ62、ヨハネ4 
「所属することの力」というテーマのメッセージですが、「自分を守らず、心を開くことの力」というブルネ ブラウンさんという 社会学の研究者の女性がTEDトークで話したことを引用したいと思います。 彼女は「聖書の原則」を「バビロンの言語」で話していると感じます。
彼女は「人類はコネクトするための創造されていることが、脳科学から立証されている」と言いました。コネクトするとは、「つながる」関わることですが、彼女はコネクトするために造られたと言ったのです。
地上に多くの人が、「自分の人生の目的は何?」と探していますが、それは進化論でアメーバーから何十億年あれば、人間になったと教えるように神様から切り離しては、「人間の目的」はありません。
私達は「つながる」為にできているのですが、それは「所属する」「一員となる」ということですが、現在の多くの国々では同棲している家族があり、結婚の契約を結びません。そのゆえに「名前がない、アイデンティティーに葛藤する」ことや、少年がギャングに加わったり、少女が性的な関係に入ってしまうことの原因になっています。

父なる神は聖霊様を先におくったのではなく「御子」イエスが送られて来ました、それは家族ということを私達が知るためにです 
所属する為に、家族の一員になるために造られた、私達なので、私達が所属していない時には「本来の姿ではない」のです。

人類の最大の恐れは「コネクト」するために差し出した手を拒否されることです。ですから、私達は拒絶を拒絶して「自分は誰の意見も気にしない」と言ってしまうのです。私達には「知ってほしい、認めてほしい」という願いと「周りにあっていたい、フィットした」という2つの願いがあります。それは、生ける石として神様が私達を見ているところであり、生けるレンガとは書かれていないところです。石は形や大きさが全て異なっています。そして、あなたという生ける石の入るべき場所は、「本当のあなた」の形にできていて、あなたが受け入れられるために、他のような人になっている時のあなたの形ではないのです。

ダビデ王の30人の勇士達がいますが、最初には「困窮したもの、負債のあるもの、不満のあるもの」達でしたが、のちには、「ダビデの勇士」と言われるようになりました、
それは、彼らが所属したからです。ダビデのグループの一員になったからです。

日本語動画:https://www.youtube.com/watch?v=udnHWNpqyBg
英語音声:https://www.acast.com/krisvallotton/the-power-of-belonging-part-1

1 小時 3 分鐘

熱門基督教 Podcast