17 episodes

ジャズピアニスト、作編曲家 Masa Ishikawa によるポッドキャスト 。自身の作成した音楽作品の紹介、ソロピアノ演奏をはじめ音楽家、芸術家、又は様々な分野で活躍をしている方々を迎えてのインタビュー配信。

おとなふと‪き‬ Masa Ishikawa

    • Music

ジャズピアニスト、作編曲家 Masa Ishikawa によるポッドキャスト 。自身の作成した音楽作品の紹介、ソロピアノ演奏をはじめ音楽家、芸術家、又は様々な分野で活躍をしている方々を迎えてのインタビュー配信。

    第十七話『インタビュー:丹羽 悦子さん』

    第十七話『インタビュー:丹羽 悦子さん』

    皆さん、お聴きくださり大変ありがとうございます。

    第十七話はジャズギタリスト、作曲家であられる丹羽悦子さんをお招きします。

    悦子さん(インタビュー中では私は悦子さんのことを旧友としての親しみを込めて”えっちゃん”と呼ばせていただいております)と私は2003年のシアトルにある短期大学にて、音楽を一緒に学んだ際に出会いました。2019年に私が日本へ戻る機会があり、悦子さんと再開して以来、2年ぶりにインターネット上ではありましたが、お会いしてお話を伺う機会をいただきました。

    インタビューでは悦子さんの音楽、そしてジャズをはじめたきっかけについて、私どものシアトルでの学生時代のお話、その後の悦子さんのバークリー音楽大学でのご経験、ニワトリ(丹羽悦子トリオ)としてのご活躍、並びに2021年の5月に発表なさいましたご自身第一枚目のアルバム『Sceneries』についてお話を伺いました。


    下記に悦子さんの音楽作品、並びに関連リンクを掲載させていただきます。

    悦子さんのホームページ

    悦子さん1stアルバム『Sceneries』

    悦子さんのYoutubeのページ

    悦子さんのインスタグラム

    悦子さんへのロングインタビュー記事(ギタータウンより)

    悦子さんがインタビュー中にお話しなさっているWally's Jazz ClubのFacebookのページ
    *このジャズクラブはバークリー音楽院の近くにあり、同学院の多くの学生がジャムセッションを行なっている。


    丹羽悦子さんのプロフィール(悦子さんのホームページより抜粋)

    幼少の頃クラシックヴァイオリンを習い
    中学でロックに触れギターによるブルースやジャズに興味を持ち始める。
    高校卒業後、Berklee Summer Sessionに参加し、同学Professional Music科を卒業。
    2019年に、Jazzlife誌とクロサワ楽器店 G-CLUB TOKYO 合同企画のJazz Guitar Contest 2019 Sponsored By Gibson で審査員特別賞と奨励賞を受賞。
    2021年5月に矢堀孝一氏プロデュースによる1st Album [Sceneries]をVEGA Music Entertainmentより発表。

    • 1 hr 43 min
    第十六話『インタビュー:名雪 祥代さん』

    第十六話『インタビュー:名雪 祥代さん』

    皆さん、お聴きくださり大変ありがとうございます。

    第十六話はサックス奏者、作曲家、音楽教育家でもあられる名雪 祥代(さちよ)さんをお招きします。

    名雪さんとは2019年の12月に仙台でお会いしたのがきっかけでした。その節には仙台にお住まいのジャズの音楽家の方々と共に仙台市、そして会津若松市でコンサートをご一緒させていただきました。名雪さんと今回はインターネット上ではありましたが、1年と7ヶ月ぶりにお会いして、お話を伺う機会をいただきました。

    インタビュー本編では名雪さんの音楽、そしてジャズをはじめたきっかけについてのお話、名雪祥代さん(サックス)、大森聖子さん(ピアノ)、小美濃悠太さん(ベース)の御三方で結成なされた音楽グループ  ”旅する音楽トリオ" が今年(2021年)4月に発表なされた作品 『絵のない絵本』についてのお話を伺いました。また、現在そして今後、名雪さん個人で、そして "旅する音楽トリオ" として行う音楽企画の数々についてもお話しいただきました。


    下記に名雪さんの音楽作品、並びに関連リンクを掲載させていただきます。

    *名雪さんのホームページ

    *名雪さんのYouTubeのページ

    *名雪祥代さん(サックス)、大森聖子さん(ピアノ)、小美濃悠太さん(ベース)の御三方で結成なされた音楽グループ  ”旅する音楽トリオ" の『絵のない絵本』

    * "旅する音楽トリオ”、『絵のない絵本』プロモーションビデオ

    * 名雪さんが運営なさっている forest bird music office

    * 名雪さんのインスタグラム

    *名雪さんリーダー2nd アルバム『ピクチャレスク』

    *名雪さんリーダー1stアルバム『コンフォート』


    名雪 祥代さんプロフィール(forest bird music office ホームページより抜粋)

    宮城県美里町出身。
    昭和音楽大学、大学院でクラシックサクソフォンを学び、読売新人演奏会出演や、
    昭和音大オーケストラのコンチェルトソリストを務める等、クラシックプレイヤーとしての研鑽を積んだ。
    2004年定禅寺ストリートジャズフェスティバルを見て感銘を受け、ジャズへの転向を決意。故・岩浪洋三氏(ジャズ評論家)企画ライブ出演をきっかけに東京へも活動の枠を広げ、ウィリアムス浩子(Vo)のCD/LP「My Room」シリーズのレコーディングに参加するほか、数々の著名な演奏家との共演を重ねてきた。
    2016年9月自身の初リーダーアルバム「Comfort」並びに、2019年9月4日リリースの2nd アルバム「Picturesque」が発売日にAmazon CDランキング(J-Jazz部門)で第1位を獲得。航空会社Air Do!の機内ラジオ番組で使用された。
    2020年にはJULIANRECORDSから、「KANJI OHTA TRIO FEATURING SACHIYO NAYUKI」が発売、2021年夏~秋、2作目も発売予定。
    2021年4月7日にタイムマシンレコードより、大森聖子・小美濃悠太とのユニット「旅する音楽トリオ」でニューアルバム「絵のない絵本」をリリース。 九州・関東・関西・広島・東北へ旅する。
    現在、NHKラジオ第一「ゴジだっちゃ」水曜パーソナリティとしてレギュラー出演中。
    2021年6月 自身の音楽事務所 forest bird music office を仙台市内に開設。

    • 1 hr 23 min
    第十五話『ホタル』

    第十五話『ホタル』

    皆さん、お聴きくださり大変ありがとうございます。

    第十五話となる配信では私がネブラスカで2013年の夏に初めて見たホタルについてのお話です。今回の配信で紹介いたしました楽曲『ホタル』の音楽ビデオは以下のリンクよりご覧いただけます。

    『ホタル』https://youtu.be/VPXNgzMCzrY

    <訂正>本編で私は夕刻の事を英語で(Dawn)と言っておりますが、正しくは(Dusk)です。

    以下に私のホームページ並びに他のリンクを紹介させてください。

    *Masa Ishikawa ホームページ: www.masaishikawamusic.com

    *Masa Ishikawa Facebook: https://www.facebook.com/MasaIshikawaMusic/

    *Youtube Channel: https://www.youtube.com/channel/UCuUZLU9XzTMeK9evGndUUlg


    又、この配信内で扱ってほしいテーマがございましたら、私のホームページ、もしくはFacebookよりご連絡ください。

    • 20 min
    第十四話『インタビュー:佐藤 司美子さん』

    第十四話『インタビュー:佐藤 司美子さん』

    皆さん、お聴きくださり大変ありがとうございます。

    第十四話は作曲家、演奏家そして音楽教育者でもあられる佐藤 司美子(すみこ)さんをお招きします。

    司美子さんとは2020、2021年に開催されるSmile for Japan(シアトルで2012年より行われている東日本大震災で被災なされた方へのチャリティーイベント)で音楽をご一緒する予定でした。コロナウイルスの状況下で、残念ながらこれらのイベントは開催とはなりませんでしたが、司美子さんとはインターネットを通じて交流を深めてまいりました。

    今回のインタビューでは司美子さんの音楽との出会い、アメリカのワシントン大学で音楽を学ばれた思い出、ご自身の作成したアルバム『ロータス』、そして『幻日』の2作品についてお話を伺いました。


    下記に並びに関連リンクを掲載させていただきます。

    司美子さんのホームページ http://www.sumikosatomusic.com

    司美子さんのツイッター https://twitter.com/sumikosatomusic

    司美子さんが今年(2021)3月に発表いたしましたソロアルバム『幻日』が視聴できますBandcampのウェブサイト
    https://sumikosatomusic.bandcamp.com/album/parhelion

    司美子さんが2013年に発表なさったアルバム『Lotus』https://www.amazon.co.jp/-/en/さとうすみこTRIO-Sumiko-Sato-TRIO/dp/B00ELHSFC8/ref=sr_1_1?dchild=1&qid=1624213248&s=music&sr=1-1

    司美子さんが2017 年に発表した『南部酒屋唄プロジェクト』インタビューの模様
    https://www.youtube.com/watch?v=VbCha2MPrW0


    佐藤 司美子さんプロフィール(ご自身のホームページより抜粋)

    岩手県出身。ワシントン大学大学院音楽学部作曲科卒業。博士号(DMA)取得。
    国際ロータリー財団奨学生として渡米後、約9年間米国シアトルで作曲・ピアノを学ぶ。
    1994-95年 同校ティーチングアシスタントとして学部生に初等音楽理論を教える。

    多様なジャンルを織り交ぜつつ、簡素な表現で民俗的な要素をとり入れる現代の音楽の作曲、編曲と演奏活動を国内外で展開。2010年管弦楽曲「霧の安息所」がサナトポリスコンサート賞受賞。また、地元岩手の伝統音楽に焦点を当て、IAT岩手朝日テレビ・スーパーJチャンネルのテーマを民謡「チャグチャグ馬っこ」の旋律を用いて作曲。東日本大震災被災者への鎮魂の思いを表現したCD「ロータス」を2013年に発表、2015,16年にはジャック・ストロー財団よりASPレジデンシーを受け、消滅しかかっている旧南部藩(岩手)の酒造り作業唄を基に器楽六重奏を加えたCD「南部酒屋唄プロジェクトVol.1」を制作、2018年南部酒屋唄歌唱譜出版、2019年10月には朝日新聞文化財団助成事業「南部酒屋唄合唱版コンサート」を開催するなどその伝承に努めている。
    2021年3月11日東日本大震災後10年を記念し、岩手民謡を基にピアノソロCD「幻日」を制作し、発表した。

    オリジナル作品はノースウェスト交響楽団、ミネソタシンフォニア、グレーター・グランドフォークス管弦楽団、ノックス・ゲイルスバーグ管弦楽団、カナダのキッチェナー・ウォータールー管弦楽団、ラトゥール弦楽四重奏団、ブラジル・サンパウロのデュオ・アルティッソナ等によって公演されている。

    作曲をケン・ベンシューフ、リチャード・カーペン、ダイアン・ソーム、ピアノをパトリシア・マイケリアン、即興をスチュアート・デンプスター、ウィリアム・O・スミス各氏に師事

    • 1 hr 18 min
    第十三話『私のふるさと、会津若松』

    第十三話『私のふるさと、会津若松』

    皆さん、お聴きくださり大変ありがとうございます。

    第十三話となる配信では私の故郷、会津若松市を紹介いたします。また2019年・20年に開催いたしました同市でのコンサート、並びに私の小さい頃の思い出等もお話しいたします。

    *訂正*
    配信内で鶴ヶ城から飯盛山までの距離は1−2キロと申しておりますが、正しくは約3、8キロほどです。

    今回の配信で紹介いたしました楽曲『会津磐梯山』、並びに『偲ぶ』の音楽ビデオは以下のリンクよりご覧いただけます。

    『会津磐梯山』https://youtu.be/YLvyJ8bhHE8

    『偲ぶ』https://youtu.be/-hnRnsnrY9Y


    又、以下に私のホームページ並びに他のリンクを紹介させてください。

    *Masa Ishikawa ホームページ: www.masaishikawamusic.com

    *Masa Ishikawa Facebook: https://www.facebook.com/MasaIshikawaMusic/

    *Youtube Channel: https://www.youtube.com/channel/UCuUZLU9XzTMeK9evGndUUlg

    • 37 min
    第十二話『中国の思い出』

    第十二話『中国の思い出』

    皆さん、お聴きくださり大変ありがとうございます。

    第十二話となる配信では、私が2014年に文化交流の一環で訪れました中国、西安での思い出をお話しいたします。今年度の初めよりイタリア語と並行して中国語(北京語)を学んでおりまして2022年に中国、台湾を訪れることを目標に言語を学んでおります。

    今回の配信で紹介いたしました楽曲『Tuk Tuk』の音楽ビデオは以下のリンクよりご覧いただけます。

    『Tuk Tuk』https://youtu.be/l6oYfpf8QX4
    (私が西安のイスラム回民街、または古城壁で撮った写真を使用しております)


    又、以下に私のホームページ並びに他のリンクを紹介させてください。

    *Masa Ishikawa ホームページ: www.masaishikawamusic.com

    *Masa Ishikawa Facebook: https://www.facebook.com/MasaIshikawaMusic/

    *Youtube Channel: https://www.youtube.com/channel/UCuUZLU9XzTMeK9evGndUUlg

    • 28 min

Top Podcasts In Music