14 episodes

国内外の建築・都市・まちづくりに関するさまざまな話題をお届けしているウェブサイト「まち座」のポッドキャストです。気になる近刊・新刊の著者へのインタビュー、ニュースなど最新情報をお伝えします。

ウェブサイト「まち座」
https://book.gakugei-pub.co.jp/

運営:学芸出版社編集部
http://www.gakugei-pub.jp/

まち座ラジオ - Urban News Today from Japan 学芸出版社

    • Arts

国内外の建築・都市・まちづくりに関するさまざまな話題をお届けしているウェブサイト「まち座」のポッドキャストです。気になる近刊・新刊の著者へのインタビュー、ニュースなど最新情報をお伝えします。

ウェブサイト「まち座」
https://book.gakugei-pub.co.jp/

運営:学芸出版社編集部
http://www.gakugei-pub.jp/

    Author's Talk|“平和の道具”としての自治体の損益計算書(鈴木文彦さん『自治体の財政診断入門 「損益計算書」を作れば稼ぐ力がわかる』)

    Author's Talk|“平和の道具”としての自治体の損益計算書(鈴木文彦さん『自治体の財政診断入門 「損益計算書」を作れば稼ぐ力がわかる』)

    気になる書籍の著者に、本に込めた思いや執筆の裏話を尋ねるAuthor's Talk。
    今回は、企業の財務診断と同じ手法で地方自治体の財政を読みとく方法について解説した、『自治体の財政診断入門 「損益計算書」を作れば稼ぐ力がわかる』の著者で、大和総研金融調査部主任研究員の鈴木文彦さんをお迎えしました。

    【主な話題】

    ・自治体の損益計算書は「平和の道具」
    ・まちの「稼ぐ力」とは――経済の自立なくして財政の自立なし
    ・自治体財政の良し悪しは、特有の用語を知らなくてもわかる
    ・まちの財政を自分ごととして考えたいすべての人に読んでほしい一冊

    【出演】

    鈴木文彦

    大和総研金融調査部主任研究員
    1993年立命館大学卒、七十七銀行入行。2004年財務省出向(東北財務局上席専門調査員)を経て2008年から大和総研。中小企業診断士、FP1級技能士。日経グローカル「自治体財政 改善のヒント」、財務省広報誌ファイナンス「路線価でひもとく街の歴史」連載中。他執筆多数。共著に『地銀の次世代ビジネスモデル』(日経BP社、2020年)。

    (聞き手)

    松本優真

    学芸出版社企画編集部

    本書の企画編集担当。主な担当書に『SDGs×自治体 実践ガイドブック 現場で活かせる知識と手法』(高木超 著)、『実践から学ぶ地方創生と地域金融』(山口省蔵・江口晋太朗 著)

    【書籍詳細】

    『自治体の財政診断入門 「損益計算書」を作れば稼ぐ力がわかる』

    鈴木文彦 著

    黒字なのに破綻危機!? 市町村合併は成功だった? 小さな町の未来は?
    企業と同じ「損益計算書」を作ってみれば、その答えが全部わかる!
    自治体財務分析のプロが徹底解説。人口減少時代の行財政改革に向けた本格的な手引き。

    この本を読むと・・・
    ・財務状況を網羅した「決算統計」の見るべきツボ
    ・それを要約した「決算カード」の読み方と課題
    ・本邦初解説!「行政キャッシュフロー計算書」の活用法
    ・財政の実態を診断する検査値の種類とポイント
    ・診断結果を踏まえた収支改善の方策
    ・・・がわかります。

    体 裁 A5・208頁・定価 本体2500円+税
    ISBN 978-4-7615-2799-0
    発行日 2022-01-01
    装 丁 中川未子(紙とえんぴつ舎)

    https://book.gakugei-pub.co.jp/gakugei-book/9784761527990/

    • 15 min
    「第1章 地方財政の現状と既存指標の課題」『自治体の財政診断入門 「損益計算書」を作れば稼ぐ力がわかる』|学芸出版社クイックライブラリー

    「第1章 地方財政の現状と既存指標の課題」『自治体の財政診断入門 「損益計算書」を作れば稼ぐ力がわかる』|学芸出版社クイックライブラリー

    気になるあの本の一節を朗読でお届けする“学芸出版社クイックライブラリー”。

    今回は、企業の財務分析と同じ手法で地方自治体の財政を読みとく方法について解説した、『自治体の財政診断入門 「損益計算書」を作れば稼ぐ力がわかる』から、「第1章 地方財政の現状と既存指標の課題」をお届けします。

    本書の著者は、大和総研金融調査部主任研究員の鈴木文彦さんです。

    書籍詳細
    https://book.gakugei-pub.co.jp/gakugei-book/9784761527990/

    • 11 min
    「SDGsが目指すもの/SDGsの基礎知識」『SDGs×自治体 実践ガイドブック』|学芸出版社クイックライブラリー

    「SDGsが目指すもの/SDGsの基礎知識」『SDGs×自治体 実践ガイドブック』|学芸出版社クイックライブラリー

    気になるあの本の一節を朗読でお届けする“学芸出版社クイックライブラリー”。

    今回は、慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任助教の高木超さんによる『SDGs×自治体 実践ガイドブック 現場で活かせる知識と手法』から、「序章 SDGsと自治体」の一部(「SDGsが目指すもの」「SDGsの基礎知識」の2節)をご紹介します。

    書籍詳細
    https://book.gakugei-pub.co.jp/gakugei-book/9784761527327/

    • 11 min
    Vol.3|企業が主導するサステイナブルなまちづくり|世界のSDGs都市戦略-デジタル活用による価値創造

    Vol.3|企業が主導するサステイナブルなまちづくり|世界のSDGs都市戦略-デジタル活用による価値創造

    レジリエンスをキーワードに、世界20の都市戦略と実践から持続可能な街づくりのヒントを読み解いた『世界のSDGs都市戦略-デジタル活用による価値創造』が7/25に発売となります。

    20都市のとりくみから見えてきたことを、本書の著者であり国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授の櫻井美穂子さんにお話しいただきます。

    【主な話題】

    ・藤沢SSTまちびらきから7年、企業が主導するまちづくり
    ・SDGs採択以前から取組んできた、持続可能性への取り組み
    ・藤沢SST住民の関心のありよう:
    (1)環境への高い意識:HEMS、太陽光発電、蓄電池を用いたCO2排出量ネットゼロ、賢いエネルギー活用
    (2)街中の安全・安心、コミュニティ活動への取り組み:自発的なコミュニティ活動の発生

    【出演者プロフィール】

    ●解説

    櫻井 美穂子

    国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授。

    2005年慶應義塾大学総合政策学部卒業、2015年同大学院政策・メディア研究科博士課程修了。専門分野は経営情報システム。博士(政策・メディア)。慶應義塾大学大学院特任助教、日本学術振興会特別研究員(DC2)、アグデル大学(ノルウェー)情報システム学科准教授を経て、2018年より現職。

    ●ゲスト

    荒川 剛

    パナソニック㈱、藤沢SSTタウンマネジメント会社代表

    【書籍詳細】

    『世界のSDGs都市戦略-デジタル活用による価値創造』

    四六判・256頁・本体2400円+税

    https://book.gakugei-pub.co.jp/gakugei-book/9784761527839/

    【まち座ラジオについて】

    国内外の建築・都市・まちづくりに関するさまざまな話題をお届けしているウェブサイト「まち座」のポッドキャストです。気になる近刊・新刊の著者へのインタビュー、ニュースなど最新情報をお伝えします。

    ▼まち座 book.gakugei-pub.co.jp/

    ▼Twitter twitter.com/ToshiMachiTiiki

    ▼メールマガジン book.gakugei-pub.co.jp/mail-magazine/

    運営:学芸出版社編集部

    • 12 min
    「自然界の図となる色①」『色彩の手帳 建築・都市の色を考える100のヒント』|学芸出版社クイックライブラリー

    「自然界の図となる色①」『色彩の手帳 建築・都市の色を考える100のヒント』|学芸出版社クイックライブラリー

    気になるあの本の一節を朗読でお届けする“学芸出版社クイックライブラリー”。

    今回は、色彩計画家の加藤幸枝さんによる『色彩の手帳 建築・都市の色を考える100のヒント』から、1項目をピックアップし「自然界の図となる色①」をご紹介します。

    書籍詳細
    https://book.gakugei-pub.co.jp/gakugei-book/9784761527143/

    • 4 min
    「今求められる公民連携とは」『公民連携まちづくりの実践』|学芸出版社クイックライブラリー

    「今求められる公民連携とは」『公民連携まちづくりの実践』|学芸出版社クイックライブラリー

    気になるあの本の一節を朗読でお届けする“学芸出版社クイックライブラリー”。

    今回は、前大津市長で弁護士の越直美さんが、自治体による公民連携プロジェクト推進のノウハウを解説した『公民連携まちづくりの実践 公共資産の活用とスマートシティ』から、「Introduction:今求められる公民連携とは」をご紹介します。

    書籍詳細
    https://book.gakugei-pub.co.jp/gakugei-book/9784761527891/

    • 15 min