185 episodes

この番組は、本を書きたい方、本を読むのが好きな方に向けてお届けしています。この番組を毎週聞くことによって、もしかしたらあなたは1年後、作家として本を書いて、出版デビューしているかもしれません。

また、本好きな方がますます本を好きになり、その輪が日本中に広まっていけばこんなに嬉しいことはありません。

この番組では、毎週1冊、おすすめの本を取り上げて内容について深くお話しします。あなたが本を書くときのテーマのヒントも、必ず見つかると思います。たった一度の人生です。ぜひ、作家デビューにチャレンジしてください。

◆インタビュアー:倉島麻帆 NHKなどフリーアナウンサーとして活動。 夫の失業が転機となり、スピーチコンサルタントに。話し方・コミュニケーション研修を全国で実施しており、個人レッスンも大好評。著書『引きつける話し方が身につく本』など多数あり。

ジャイアン吉田の「本を出して夢を叶える‪」‬ 天才工場

    • Business

この番組は、本を書きたい方、本を読むのが好きな方に向けてお届けしています。この番組を毎週聞くことによって、もしかしたらあなたは1年後、作家として本を書いて、出版デビューしているかもしれません。

また、本好きな方がますます本を好きになり、その輪が日本中に広まっていけばこんなに嬉しいことはありません。

この番組では、毎週1冊、おすすめの本を取り上げて内容について深くお話しします。あなたが本を書くときのテーマのヒントも、必ず見つかると思います。たった一度の人生です。ぜひ、作家デビューにチャレンジしてください。

◆インタビュアー:倉島麻帆 NHKなどフリーアナウンサーとして活動。 夫の失業が転機となり、スピーチコンサルタントに。話し方・コミュニケーション研修を全国で実施しており、個人レッスンも大好評。著書『引きつける話し方が身につく本』など多数あり。

    【ジャイアン出版塾】体験セミナーを開催します!

    【ジャイアン出版塾】体験セミナーを開催します!

    本を出したい方の出版を実現するために、2021年6月より期間限定で、ジャイアン出版塾の体験講座を開催することが決まりました!

    ジャイアン出版塾は9年間で160名以上の卒業生を輩出している作家養成コミュニティです。

    体験講座では2時間半の講座の中で、「売れる出版企画書」をご作成いただけます。

    (コロナの状況を踏まえ、オンライン配信も行います!)

    本を出したい方は、ぜひ、ご参加ください!



    ■ジャイアン出版塾 体験講座募集■

    お申込はこちら⇒ https://g-juku.com/g10ki/tk_lp/

    第178回 「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本(武田友紀著)

    第178回 「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本(武田友紀著)

    著者は、日本では数少ないHSP専門カウンセラーです。

    大手メーカーで研究・開発に勤めた後、そこで培った分析力を活かしてカウンセラーに転身されました。

    自身もHSPであることから、HSPの心の仕組みを応用したカウンセリングが評判を呼び、日本全国から相談者が訪れています。

    日常で、他人よりも細かいところに気が付いてしまってストレスや疲れを感じることはありませんか?

    著者が専門とするHSP(Highly Sensitive Person)は、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」という意味で、日本人の5人に1人はHSPだと言われています。

    HSPの人は人間関係や周囲の環境による影響を受けやすく、相手の気持ちを考えすぎて意見が言えなかったり、他人がイライラしていると気になって集中できなくなったりします。

    本書は、そんな生きづらさを感じるHSP=繊細さんが自分の性質と上手く付き合っていく方法を伝える本です。

    HSPは病気ではなく、その人の「特性」です。

    繊細であることは普通の人が気付かない部分にも気配りができ、また、ものごとを深く考えることができるため、研究職や何かを突き詰める職業にも適性があります。

    このように、HSPは「治すもの」というより、コントロールすることで強みに変えることができるのです。

    本書では繊細さんが「あるある」となるようなエピソードや、刺激を受けた時の対処法がわかりやすく紹介されています。

    敏感であるが故に様々な場面でストレスを感じてしまう繊細さんな方はぜひ、今回のポッドキャストを聞いてみてください。

    • 19 min
    第177回 自己肯定感を上げるだけで最高の恋がすぐ叶いました。(YUKA&れいたま著)

    第177回 自己肯定感を上げるだけで最高の恋がすぐ叶いました。(YUKA&れいたま著)

    本書は、アメーバブログの恋愛カテゴリベスト3に何度もランクインする人気ブログを運営している、幸せ恋コンサルタントのYUKAさんとれいたまさんの共著です。

    辛い恋を何度も経験してきた2人が幸せな結婚を叶えた理由は「自己肯定感」です。

    辛い恋を経験する女性に多いのが、何でも彼に合わせて、彼好みの女性になってしまうことです。

    そこには、自分に自信がないために「彼に合わせないと嫌われてしまう」と考えてしまう自己肯定感の低さが隠れています。

    自分が良いと思っていないものを勧める人はいませんよね。

    自己肯定感が低いまま恋愛をするということは、「こんな自分ですが愛してください」と言っているのと同じなのです。

    どんなに優れた恋愛テクニックも、自己肯定感が低いままでは効果がありません。

    自分の魅力に気付き、自分自身がその魅力を受け入れることで初めて発揮されるのです。

    著書のメソッドでは、難しいテクニックは一切必要ありません。

    少し意識を変えるだけで自己肯定感は上がります。

    本書は、自己肯定感を高める方法はもちろん、愛される女性になるマインドセットや素敵な相手を見つけるためのアドバイス等、幸せな恋愛までのステップを分かりやすく伝えています。

    自分を愛することで最高の恋を叶えたい方は、ぜひポッドキャストを聞いてください。

    • 18 min
    第176回 メモの魔力 The Magic of Memos(前田裕二著)

    第176回 メモの魔力 The Magic of Memos(前田裕二著)

    著者は、仮想ライブ空間を提供する株式会社SHOWROOMの代表取締役です。

    本書は、メディア等にも出演し活躍中である著者の人生を変えた「メモを取る」ということについて語った2019年で一番売れたビジネス書です。

    みなさんはメモをどのような用途で使用しますか?

    人に何かを伝える、忘れないように書き留めておく等、記録としてメモをとる方が大半だと思います。

    しかし著者は、単なる記録ではなく、「知的生産」のためにメモをとっています。

    例えば、ヒットしている商品や広告を見て「なぜ売れているのか?」をメモに書き出していきます。

    そうすることで自らアイディアを生み出したり、曖昧な感覚や概念を言語化できるスキルが身につくのです。

    また、本書では、大切なことを記号化・色分けすることで見返した時に一瞬で重要度緊急度がわかるようにする等、

    メモをとるによって人生を変えた著者が実践している方法も紹介しています。

    この『メモの魔力』はビジネスマンはもちろん、受験や就活を控える学生にも有効です。

    紙とペン、そして本書があれば、限られた人生という時間を誰でも、より輝かせることができるのです。

    メモの力でビジネスや人生を向上させたい方は、ぜひポッドキャストを聞いてください。

    • 23 min
    第175回 リセットの法則 ~人生100年時代を生き抜く力~(オックスフォードタニグチ著)

    第175回 リセットの法則 ~人生100年時代を生き抜く力~(オックスフォードタニグチ著)

    著者はジャイアン出版塾9期生で、ライフリフォームコンサルタントです。

    工場作業員から航空システム設計士、途上国への政府開発援助等、様々な経験を積んだ後、現在は東京大学大学院で客員研究員をしています。

    本書は、「人生の仕切り直し」の方法を教える本です。

    人生100年時代と言われている現代では、今まで当たり前だった社会のレールや人生モデルは目指すべき指針ではなくなってきています。

    さらに、コロナウイルスによって世界が一変し、これまでの価値観が180度変わりました。

    急激な社会変容によって失意の中にいる方もいるかもしれません。

    しかし、そんな「失意のとき」こそ「リセットのチャンス」だと著者は言います。

    リセットとは、今置かれている好ましくない状況を自分のなりたい方向へ変えていくことです。

    人生100年時代と言われ、これまでの生き方も通用しなくなった現代では、「なりたい自分」でいることが大切です。

    そうでないと、長い人生では息切れしてしまうからです。

    人生の折々で「リセット」、つまり仕切り直すことでより良い、より幸福な人生を謳歌することができます。

    本書では人生をリセットするための「考え方」「捨て方」が著者の稀有な経験と、国際協力学という学問体系をもとにわかりやすく説明されています。

    人生100年時代を自分らしく幸せに生きたい方は、ぜひポッドキャストを聞いてください。

    • 17 min
    第174回 家族がメンタル疾患になったときに読む本(橋いづみ著)

    第174回 家族がメンタル疾患になったときに読む本(橋いづみ著)

    著者はジャイアン出版塾7期生で、産業カウンセラーです。

    自身の家族がメンタル疾患になった経験を活かし、支援する側・される側、両方の側面で心の病に苦しむ方々をカウンセリングしています。

    あなたは、実際にメンタル疾患になってしまった方を目の当たりにしたことはありますか?

    著者の夫はメンタル疾患にかかり、自身を傷つけたり、身だしなみを蔑ろにして、周囲に驚かれることもありました。

    心の病は目に見えませんが、そばにいる家族ほどそのマイナスの影響を受けやすいと言えます。

    この本では、著者の家族が実際にメンタル疾患になってから現在、社会復帰するまでの経緯を丁寧に描いています。

    大切な人が心の病になってしまった時に自分自身がどこまで支えることができるか、深く考えさせられる内容になっています。

    一般的に、まじめな人や優しい人、頑張っている人ほど、鬱になりやすい傾向があると言われています。

    しかし、コロナ禍や不景気で精神的に追い込まれ、憂鬱な気持ちを抱える人も多い現代においては、誰にでもメンタル疾患になってしまう可能性があるのです。

    本書では浪費症状や治療、薬、休職で経済的にも苦しかった実情や、メンタル疾患の方を支援する制度についても解説しています。

    著者自身の経験からなる「鬱を軽減させる方法」も科学や心理などの学術的な観点で紹介しているため、経験談でありながら、実用的な一冊です。

    大切な人が心の病にかかってしまったときそばにいる自分が慌てず、寄り添ってあげられるために、ぜひ今回のポッドキャストを聞いてください。

    • 16 min

Top Podcasts In Business

Listeners Also Subscribed To