215 episodes

この番組は、本を書きたい方、本を読むのが好きな方に向けてお届けしています。この番組を毎週聞くことによって、もしかしたらあなたは1年後、作家として本を書いて、出版デビューしているかもしれません。

また、本好きな方がますます本を好きになり、その輪が日本中に広まっていけばこんなに嬉しいことはありません。

この番組では、毎週1冊、おすすめの本を取り上げて内容について深くお話しします。あなたが本を書くときのテーマのヒントも、必ず見つかると思います。たった一度の人生です。ぜひ、作家デビューにチャレンジしてください。

◆インタビュアー:倉島麻帆 NHKなどフリーアナウンサーとして活動。 夫の失業が転機となり、スピーチコンサルタントに。話し方・コミュニケーション研修を全国で実施しており、個人レッスンも大好評。著書『引きつける話し方が身につく本』など多数あり。

ジャイアン吉田の「本を出して夢を叶える‪」‬ 天才工場

    • Business

この番組は、本を書きたい方、本を読むのが好きな方に向けてお届けしています。この番組を毎週聞くことによって、もしかしたらあなたは1年後、作家として本を書いて、出版デビューしているかもしれません。

また、本好きな方がますます本を好きになり、その輪が日本中に広まっていけばこんなに嬉しいことはありません。

この番組では、毎週1冊、おすすめの本を取り上げて内容について深くお話しします。あなたが本を書くときのテーマのヒントも、必ず見つかると思います。たった一度の人生です。ぜひ、作家デビューにチャレンジしてください。

◆インタビュアー:倉島麻帆 NHKなどフリーアナウンサーとして活動。 夫の失業が転機となり、スピーチコンサルタントに。話し方・コミュニケーション研修を全国で実施しており、個人レッスンも大好評。著書『引きつける話し方が身につく本』など多数あり。

    第207回 図解 身近にあふれる「神社と神様」が3時間でわかる本(後藤泰弘著)

    第207回 図解 身近にあふれる「神社と神様」が3時間でわかる本(後藤泰弘著)

    著者は、ジャイアン出版塾の8期生で、倭文神社の神主であり、出雲大社与謝分祠の神主です。

    日本人のいちばん身近にある宗教、それは神道です。

    皆さんもお正月に初詣へ行ったり、旅行で神社へ行ったりしていませんか?

    そして、お賽銭を投げ入れ、お祈りをし、おみくじを引いているのではないでしょうか。

    しかし、神様についてはあまり知らない人がほとんどです。

    なぜなら、日本人は本格的に宗教を信仰する文化が乏しいからです。

    本書は八百萬の神といわれる、日本古来から信仰されている神様のことが、イラストと共に学べる本です。

    天照大御神(あまてらすおおみかみ)や倭健命 (やまとたけるのみこと)などの、古事記や日本書紀に登場する有名な神様はもちろん、トイレやきのこに関わるマイナーな神様まで知ることができます。

    さらに、歴史上の人物が神様として祀られている神社や、家庭祭祀のやり方など、神様に関わりがあることも学べます。

    なかなか知ることが出来ない神様と神社のことを知りたい方は、ぜひポッドキャストを聞いてみてください。

    第206回 ランドセルが教えてくれたこと(中谷昌文著)

    第206回 ランドセルが教えてくれたこと(中谷昌文著)

    著者は、社会貢献活動家であり、国際ビジネスホールディングスグループの創立者です。

    国際ビジネス大学校の理事長なども務めています。

    タイガーマスクに憧れて、25年間休むことなく、地道にランドセルを子どもたちに手渡しし続けてきました。

    1994年に難病の少年に手渡した1個のランドセルがきっかけとなり、1996年より「タイガーマスク運動 ランドセル基金」が始まりました。

    これまで手渡してきたランドセルの数は1000個、海外には10万個のランドセルを寄贈しています。

    数々のビジネスオーナーを続けながら、社会貢献活動を行ってきた軌跡が1冊の本にまとまっています。

    また、本書1冊ごとに収益の一部が、「タイガーマスク運動 ランドセル基金」に寄付されます。

    誰でも今日から参加できる「社会貢献」のヒントが知りたい方は、ぜひポッドキャストを聞いてみてください。

    第205回 死という人生の贈り物(田頭真一著)

    第205回 死という人生の贈り物(田頭真一著)

    著者は、社会医療法人葦の会オリブ山病院理事長であり、読谷バプテスト伝道所牧師です。

    本書は、現代の死に方の問題について、小説の形式と医学的な説明が織り交ぜ、分かりやすく納得できる1冊です。

    章ごとに解説が入る構成となっており、小説での物語の進行にあわせた、死にまつわる問題を考えられるようになっています。

    他者を赦し死を受容するために、宗教嫌いの主人公がキリスト教の教えと向き合っていく姿に目が離せません。

    安らかな気持ちで余生を過ごしたい方は、ぜひポッドキャストを聞いてみてください。

    第204回 がん患者の品格(谷口友孝著)

    第204回 がん患者の品格(谷口友孝著)

    著者は、ジャイアン出版塾の9期生で、東京大学医学部付属病院内研究員です。

    本書は、自ら血液のがんを宣告されたがん研究者の「がんとの付き合い方」を解説した1冊です。

    日本人の2人に1人が、がんに罹る時代。

    しかし、医療技術の進歩で、必ずしも「がん=死」ではなくなりました。

    著者もまた、血液の進行がんを宣告されながら、抗がん剤を使用せずに、“人間らしく"生き延びられた患者の1人です。

    手術や抗がん剤などで、患者ががんを攻撃すれば、がんも報復してきます。

    この応酬の連鎖で双方が死に至ります。

    そこで大切なのが、患者が「品格」を持つことです。

    心に余裕ができれば、治療を考える時間にも余裕が出ます。

    患者の命は患者のもの。医者任せにせず、がん治療は患者が決めていい。

    今、「品格」のある行動こそが、がんとの共存を可能にするのです。

    品格を持ってがんを制する、がんとの付き合い方に興味のある方は、ぜひポッドキャストを聞いてみてください。

    第203回 新しい地域ネットワークの教科書(伊藤幹夫著)

    第203回 新しい地域ネットワークの教科書(伊藤幹夫著)

    著者は、町内会会長、成田ニュータウン自治会連合会事務局、自主防災組織会長など、多くの地域支援活動に向き合っている方です。

    みなさんは『ご近所』という言葉に対して、どんなイメージを持っていますか?

    「町内会のこと?」なんて思ったり、「なんとなく怖い、関わりたくない」と思う方もいるでしょう。

    実際に「ご近所」とはなんなのか。

    それはすべての日本人に共通する、最も身近なコミュニティなのです。

    家庭や仕事、学校以外のコミュニティに属することで、人生の楽しみを増やし、生き方を考え直すことにつながります。

    本書では、地域支援活動に向き合い続けた著者が、ご近所相互扶助のパワーと今後の展望について分かりやすく説明しています。

    ご近所と共生して、超高齢社会を生き抜きたい方は、ぜひポッドキャストを聞いてみてください。

    第89回 年収300万円時代に成功するビジネス戦略 TARGET SHIFT(湯浅浩一郎著)

    第89回 年収300万円時代に成功するビジネス戦略 TARGET SHIFT(湯浅浩一郎著)

    著者は、VFR株式会社の代表取締役社長であり、株式会社瀬戸内未来デザインの創業者です。

    2000年代からトレンドの1つになっているのが、「富裕層ビジネス」です。

    価値があると納得すれば青天井にお金を払う彼らに対して、ビジネスをする経営者が増えました。

    しかし、コロナの影響で「富裕層ビジネス」は崩壊しました。

    では、アフターコロナ時代に経営者はどんな戦略を取るべきか?

    それこそが「ターゲットシフト」であると著者は語ります。

    限られた富裕層ではなく、「年収300万円台の所得層」が満足する商品やサービスの開発にシフトすることが重要な戦略になります。

    本書では若者マーケティングへのアプローチの方法やブームの作り方、その先にある「ハピネス・フォワードの時代」について、分かりやすく解説されています。

    ターゲットシフトで新規顧客を獲得したい経営者の方は、ぜひポッドキャストを聞いてみてください。

Top Podcasts In Business

Ramsey Network
iHeartPodcasts
NPR
Jocko DEFCOR Network
Her First $100K
Pushkin Industries

You Might Also Like

アイウエオフィス
TOKYO FM
文化放送PodcastQR
文化放送PodcastQR
文化放送PodcastQR
ニッポン放送