第204回 がん患者の品格(谷口友孝著‪)‬ ジャイアン吉田の「本を出して夢を叶える」

    • Business

著者は、ジャイアン出版塾の9期生で、東京大学医学部付属病院内研究員です。

本書は、自ら血液のがんを宣告されたがん研究者の「がんとの付き合い方」を解説した1冊です。

日本人の2人に1人が、がんに罹る時代。

しかし、医療技術の進歩で、必ずしも「がん=死」ではなくなりました。

著者もまた、血液の進行がんを宣告されながら、抗がん剤を使用せずに、“人間らしく"生き延びられた患者の1人です。

手術や抗がん剤などで、患者ががんを攻撃すれば、がんも報復してきます。

この応酬の連鎖で双方が死に至ります。

そこで大切なのが、患者が「品格」を持つことです。

心に余裕ができれば、治療を考える時間にも余裕が出ます。

患者の命は患者のもの。医者任せにせず、がん治療は患者が決めていい。

今、「品格」のある行動こそが、がんとの共存を可能にするのです。

品格を持ってがんを制する、がんとの付き合い方に興味のある方は、ぜひポッドキャストを聞いてみてください。

著者は、ジャイアン出版塾の9期生で、東京大学医学部付属病院内研究員です。

本書は、自ら血液のがんを宣告されたがん研究者の「がんとの付き合い方」を解説した1冊です。

日本人の2人に1人が、がんに罹る時代。

しかし、医療技術の進歩で、必ずしも「がん=死」ではなくなりました。

著者もまた、血液の進行がんを宣告されながら、抗がん剤を使用せずに、“人間らしく"生き延びられた患者の1人です。

手術や抗がん剤などで、患者ががんを攻撃すれば、がんも報復してきます。

この応酬の連鎖で双方が死に至ります。

そこで大切なのが、患者が「品格」を持つことです。

心に余裕ができれば、治療を考える時間にも余裕が出ます。

患者の命は患者のもの。医者任せにせず、がん治療は患者が決めていい。

今、「品格」のある行動こそが、がんとの共存を可能にするのです。

品格を持ってがんを制する、がんとの付き合い方に興味のある方は、ぜひポッドキャストを聞いてみてください。