5 episodes

まちおこし・観光・不動産に関連する「まちおこし」のニュースを平日午前に配信します。47都道府県、網羅しています。

遊都総‪研‬ 株式会社遊都総研

    • Business

まちおこし・観光・不動産に関連する「まちおこし」のニュースを平日午前に配信します。47都道府県、網羅しています。

    NTT都市開発、大阪市中央区淡路町で計画建物の新築工事に着手、建物の名称を「アーバンネット御堂筋ビル」に決定 大阪府大阪市

    NTT都市開発、大阪市中央区淡路町で計画建物の新築工事に着手、建物の名称を「アーバンネット御堂筋ビル」に決定 大阪府大阪市

    「NTT都市開発、大阪市中央区淡路町で計画建物の新築工事に着手、建物の名称を「アーバンネット御堂筋ビル」に決定 大阪府大阪市」 2021年07月27日NTT都市開発株式会社(東京都千代田区、辻上広志社長)は、大阪市中央区淡路町で計画建物の新築工事に着手、建物の名称を「アーバンネット御堂筋ビル」に決定した。竣工は2023年12月の予定。同計画地は、ビジネス集積地の淀屋橋~本町エリアの中心に位置し、大阪のメインストリート「御堂筋」に面した立地。建物規模は、地上21階・地下2階、延床面積約4万2,362㎡を予定しており、低層部には御堂筋将来ビジョン(2019年3月:大阪市策定)等の上位計画を踏まえた、御堂筋の上質なにぎわいに貢献する店舗・多目的ホールを、中・高層部にはテナント専用ラウンジや屋上テラス等の共用スペースを備えた賃貸オフィスを計画している。地下には自走式の駐車場(平置き41台、2段式46台予定)や車寄せを計画しているという。開発コンセプトは「ポストコロナ時代に求められる新しい働き方の発信地~オフィスに来る意味をつくる御堂筋の次世代ワークプレイス~」。多様で充実した共用スペースにより、ビジネス等の交流・発信、ワーカーの生産性向上、オフィスコスト効率化が実現できる次世代ワークプレイスを整備し、テレワークが進む新しい働き方の中で「オフィスに来る意味」をつくるとしている。「アーバンネット御堂筋ビル」の所在地は大阪市中央区淡路町4丁⽬30番2(地番)、交通は大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋」駅より徒歩4分、大阪メトロ各線「本町」駅より徒歩3分。敷地面積は約2,770㎡、延床面積は約4万2,362㎡、賃貸オフィス面積は約2万3,238㎡。構造・規模はS造(CFT構造)・一部SRC・RC造、地上21階・地下2階・塔屋1階。着工は2021年7月、竣工は2023年12月(予定)。

    スーパーホテル山口湯田温泉、コロナ禍で影響を受けている地元の飲食店と提携し、選べるディナー付プランを販売 山口県山口市

    スーパーホテル山口湯田温泉、コロナ禍で影響を受けている地元の飲食店と提携し、選べるディナー付プランを販売 山口県山口市

    「スーパーホテル山口湯田温泉、コロナ禍で影響を受けている地元の飲食店と提携し、選べるディナー付プランを販売 山口県山口市」 2021年07月27日「スーパーホテル山口湯田温泉」(山口県山口市、九谷直樹総支配人)はこのほど、コロナ禍で影響を受けている地元の飲食店と提携し、「おいしいを探せ!選べるディナー付プラン」の販売を開始した。同プランは、地域を盛り上げるための3,000円分・5,000円分の夕食券を付けた宿泊プラン。「湯田温泉に呼ぶ」「街を歩くきっかけを作る」ことをテーマに、ホテルがハブとなることで、湯田温泉活性化のきっかけを作るプランを考案したという。通常、同ホテルが「おすすめ」する飲食店数は、近隣の3~5店舗で、多くても10店舗ほどだが、同プランは、今年4月末に湯田温泉の料飲組合に協力を申し込み、本格的にスタートした6月21日現在で26店舗。提携店舗の募集は継続しており、今年度中に他に類を見ない提携数100店舗という圧倒的な提携店舗数を目指すという。また同ホテルでは、提携店舗の中から好みの飲食店を簡単に見つけられるように、専用のグルメサイトを制作している。利用客目線で、紙のマップでは実現できなかった利便性を追求。ホテル予約時から計画を立てやすくなるほか、到着後もその日の気分で気軽に飲食店を選ぶことが出来るようになるとしている。提携店の掲載料は無料。「スーパーホテル山口湯田温泉」の所在地は山口県山口市湯田温泉4-1-5、交通はJR山口線「湯田温泉」駅より徒歩約9分。宿泊予約はスーパーホテル山口湯田温泉

    三井不動産と富山大学、「三井アウトレットパーク北陸小矢部」内でデザインワークショップやギャラリーを展開するアート&デザイン コミュニティスペースを8月3日にオープン 富山県

    三井不動産と富山大学、「三井アウトレットパーク北陸小矢部」内でデザインワークショップやギャラリーを展開するアート&デザイン コミュニティスペースを8月3日にオープン 富山県

    「三井不動産と富山大学、「三井アウトレットパーク北陸小矢部」内でデザインワークショップやギャラリーを展開するアート&デザイン コミュニティスペースを8月3日にオープン 富山県小矢部市」 2021年07月27日三井不動産株式会社(東京都中央区、菰田正信社長)と国立大学法人富山大学(富山県富山市、齋藤滋学長)は、「三井アウトレットパーク北陸小矢部」(富山県小矢部市、運営:三井不動産商業マネジメント株式会社)内で、デザインワークショップやギャラリーを展開するアート&デザイン コミュニティスペース「MeetsGEIBUN」を2021年8月3日にオープンする。同スペースを活用した学生作品の展示やデザインワークショップの開催等により、商業施設内のパブリックスペースを通じ、アート&デザインの観点から地域での魅力的な場づくりと文化創造の活性化を目指す。なお、今年度は、「アート&デザインによる魅力の場創りと文化創造活性化の研究」と題した共同研究を行う。同社と同大学は、2018年より三井アウトレットパーク北陸小矢部で連携した取り組みを開始。2019年には組織的連携協力協定を締結、地域の発展・活性化を目的とした共同研究・調査を行っている。これまでに計4名の教授・准教授が、学生と共に実証実験や研究発表を実施してきた。今回は、連携を強化するとともに、地域に開かれた魅力的な場づくりをしたいという思いから、年間を通じて様々な研究・イベントを行うことができる同スペースをオープンする運びになったという。同企画の推進にあたっては、同大学芸術文化学部の内田和美教授、渡邉雅志准教授がコーディネート・監修を担当。スペース内は、企画展・ワークショップ・研究会や公開授業など、様々な活動を展開する場として、3つのエリア(ギャラリーエリア・フリーエリア・情報エリア)で構成する。

    センターポイント・ディベロップメント、特定目的会社を通じマルチテナント型物流施設「CPD西淀川」の開発用地を取得、7月15日に着工 大阪府大阪市

    センターポイント・ディベロップメント、特定目的会社を通じマルチテナント型物流施設「CPD西淀川」の開発用地を取得、7月15日に着工 大阪府大阪市

    「センターポイント・ディベロップメント、特定目的会社を通じマルチテナント型物流施設「CPD西淀川」の開発用地を取得、7月15日に着工 大阪府大阪市」 2021年07月27日株式会社センターポイント・ディベロップメント(東京都千代田区、吉川陽介代表)は、同社がアセットマネジメント業務を受託する西淀川ロジスティクス特定目的会社を通じ、マルチテナント型物流施設「CPD西淀川」(大阪市西淀川区)の開発用地を取得、7月15日に着工した。竣工は2022年9月末の予定。同施設は、大阪~神戸間を結ぶ国道43号線至近の立地。阪神高速3号神戸線と同5号湾岸線の両高速を利用した広域配送も期待できる他、伊丹空港・大阪港・神戸港へのアクセスにも恵まれているという。また、大阪中心部の梅田エリアまでは約7km、新大阪エリアまでは約10km圏と近接しており、阪神なんば線「出来島」駅より徒歩約10分、阪神本線「千船」駅より徒歩約12分と通勤利便性が高く、周辺には豊富な労働人口を抱える住宅エリアが広がることから、雇用確保にも優位性があるとしている。同施設の建物は地上4階建で、1フロア約2,350坪(賃貸区画)を有し、床荷重1.5t/㎡、柱スパン11.2m×10.4m、梁下天井有効高5.5mと、最新型物流施設の仕様とした。1階には計22台のトラックバースを設置、庫内には荷物用エレベーターを2基・垂直搬送機を5基設置することで、多様な荷物に対応し、貨物の搬送および保管の効率化を実現するとしている。また同施設では、外壁に断熱性能の高いサンドイッチパネルを採用、全館LED照明を備えるなどの省エネ対策を施し、環境負荷低減に配慮した施設として大阪府のCASBEE(建築環境総合性能評価システム)で「Aランク」の評価を得ているほか、施設で働く人々の職場環境にも配慮し、休憩室・喫煙スペース・ドライバー用トイレなども設置するという。「CPD西淀川」の所在地は大阪市西淀川区佃五丁目8番1他。敷地面積は1万5,336.10㎡、延床面積は3万1,136.81㎡。構造・規模は鉄骨造・4階建。

    定山渓温泉の章月グランドホテル、日帰り昼食の新メニューで「白老牛釜炊き御膳」の提供を開始 北海道札幌市

    定山渓温泉の章月グランドホテル、日帰り昼食の新メニューで「白老牛釜炊き御膳」の提供を開始 北海道札幌市

    「定山渓温泉の章月グランドホテル、日帰り昼食の新メニューで「白老牛釜炊き御膳」の提供を開始 北海道札幌市」 2021年07月27日定山渓温泉の「章月グランドホテル」(札幌市南区、村田初美支配人)は7月26日、日帰り昼食の新メニューで「白老牛釜炊き御膳」の提供を開始した。同ホテルは、今年4月29日にリニューアルオープン。7月1日より日帰り昼食(和食会席弁当)の提供を開始している。今回新たに提供を開始した「白老牛釜炊き御膳」は、北海道白老町の有名ブランド牛「白老牛」を釜めしで楽しめるというもの。「お造り」「揚げたての天ぷら」なども添え、充実した内容になっているという。料金は1人3,400円(税込・入湯税100円含む)。予約は前日の18時まで(基本平日の提供)。「章月グランドホテル」の所在地は札幌市南区定山渓温泉東3-239、交通はJR各線「札幌」駅より定山渓直通バスで約80分の「定山渓神社前」バス停下車後すぐ。日帰り・デイユース・宿泊予約は章月グランドホテル

Top Podcasts In Business