75 episodes

 ●今回は、楕円形太陽光熱集束装置の吉延映輔(55歳)さん。●子供のころ虫眼鏡で遊んだ楽しさが忘れられず、太陽光熱を集める装置の研究に情熱を傾けている。●このレンズの特徴は、?複数のレンズと組み合わせて大きな一枚のレンズと同じ効果を発揮させ、持ち運びに便利で、破損してもパーツの入れ替えで修理ができる。?ガラスではなく、プラスチックで作ったことで大幅なコスト削減が可能となった。?円ではなく楕円形レンズである事で、焦点が二つでき、それぞれの焦点から熱を取ることができる。●机上からでなく、常に実践で研究を積み重

夢をつむぐ人々 SCIENCE CHANNEL

    • Science

 ●今回は、楕円形太陽光熱集束装置の吉延映輔(55歳)さん。●子供のころ虫眼鏡で遊んだ楽しさが忘れられず、太陽光熱を集める装置の研究に情熱を傾けている。●このレンズの特徴は、?複数のレンズと組み合わせて大きな一枚のレンズと同じ効果を発揮させ、持ち運びに便利で、破損してもパーツの入れ替えで修理ができる。?ガラスではなく、プラスチックで作ったことで大幅なコスト削減が可能となった。?円ではなく楕円形レンズである事で、焦点が二つでき、それぞれの焦点から熱を取ることができる。●机上からでなく、常に実践で研究を積み重

    • video
    夢をつむぐ人々  (1)太陽を手に入れた男~吉延映輔さん

    夢をつむぐ人々  (1)太陽を手に入れた男~吉延映輔さん

    1999年 29分 夢をつむぐ人々

     ●今回は、楕円形太陽光熱集束装置の吉延映輔(55歳)さん。●子供のころ虫眼鏡で遊んだ楽しさが忘れられず、太陽光熱を集める装置の研究に情熱を傾けている。●このレンズの特徴は、?複数のレンズと組み合わせて大きな一枚のレンズと同じ効果を発揮させ、持ち運びに便利で、破損してもパーツの入れ替えで修理ができる。?ガラスではなく、プラスチックで作ったことで大幅なコスト削減が可能となった。?円ではなく楕円形レンズである事で、焦点が二つでき、それぞれの焦点から熱を取ることができる。●机上からでなく、常に実践で研究を積み重

    受賞作品
    ドキュメンタリー
    人物

    • 29 min
    • video
    夢をつむぐ人々  (2)自転車は夢を乗せて

    夢をつむぐ人々  (2)自転車は夢を乗せて

    1999年 29分 夢をつむぐ人々

     ●今回は、競輪用自転車のフレームビルダー(フレーム製作者)松田純男さん。●町工場が並ぶ荒川区の日暮里で、自転車業を営む松田さん。一見ごく普通の町の自転車屋さんだが、遠方から訪ねてくる一流の競輪選手は非常に多い。松田さんは、通常の自転車販売の傍ら、日本でもトップクラスの競輪フレーム製作者(フレームビルダー)として活躍している。●あらゆる選手に合わせたオーダーメードのフレームを作り続けて20年。ブランド名「LEVEL」のフレームを使用するトップクラスの競輪選手は非常に多い。●80年代はじめまでフレームの設計

    受賞作品
    ドキュメンタリー
    人物

    • 29 min
    • video
    夢をつむぐ人々  (3)パソコンは視覚障害者の夢の機械

    夢をつむぐ人々  (3)パソコンは視覚障害者の夢の機械

    1999年 29分 夢をつむぐ人々

     ●今回は、障害者用パソコンソフト開発の望月優さん。自ら全盲者である望月さんは、高校の英語教師をしていた時代にパソコンと出会い、夢をみつけた。●自らの体験を元に1996年視覚障害者用音訳ソフト「ヨメール」。このソフトは普通の文字をスキャナーにかけることで音声として読み上げ、それをテキストファイルとして保存できるという視覚障害者にとっては夢の機械。●「ヨメール」の新バージョンも開発中で、銀行や郵便局の通帳を高い精度で読みとれるというもの。晴眼者に読み上げてもらい辛いプライベートな情報もこれで解決が出来る。●

    受賞作品
    ドキュメンタリー
    人物

    • 29 min
    • video
    夢をつむぐ人々  (4)燃費の世界チャンピオンを目指せ!

    夢をつむぐ人々  (4)燃費の世界チャンピオンを目指せ!

    1999年 29分 夢をつむぐ人々

     ●今回は、ハイブリッドカー開発の福尾幸一さん。子供の頃から自動車が大好きだったという福尾さんがホンダに入社したのは、今から20年前。●入社面接の時、既にハイブリッドカーを作りたいと言って入社試験をパス。エンジニアとして、これまで「ホンダシティーターボ」など様々な車の開発に携わってきている。 現在は、チーフエンジニアとして、デザイン専門やエンジン専門のあらゆるエンジニアたちを人選し、まとめ、設計から製品化まで全ての面において携わっている。●今人気のトヨタプリウスは、電気を極力使い、ガソリンエンジンの使用を

    受賞作品
    ドキュメンタリー
    人物

    • 29 min
    • video
    夢をつむぐ人々  (5)CG(コンピュータグラフィック)で創る夢の世界

    夢をつむぐ人々  (5)CG(コンピュータグラフィック)で創る夢の世界

    1999年 29分 夢をつむぐ人々

     ●今回は、CG製作の小高金次さん。子供の頃からゲルマニウムラジオなどが大好きだったという小高さんは、高校の頃コンピュータと出会い、その虜となった。●テレビの編集の世界に飛び込みその中で、コンピュータグラフィックを知る。30歳も過ぎたという決して早くないスタートを踏みだし、アメリカのシカゴへ留学。本格的にCGを学び、帰国後独立。現在では、CMのCGを年間100本以上のプロデュースする、日本CMCG界の第一人者。●現在彼が熱心に取り組んでいるのが、「アニマルプロジェクト」。動物をまるで生きているかのように描

    受賞作品
    ドキュメンタリー
    人物

    • 29 min
    • video
    夢をつむぐ人々  (6)バイオで作る奥多摩やまめ

    夢をつむぐ人々  (6)バイオで作る奥多摩やまめ

    1999年 29分 夢をつむぐ人々

     ●今回は、バイオ技術で通常の3倍もの大きなやまめの開発に従事する城 智聡さん。子供の頃から父親に連れられて行っていた「つり」に影響されこの仕事を選んだ城さん。●バイオテクノロジー応用研究で生まれた「奥多摩やまめ」。通常やまめは産卵して2年で死んでしまうが、バイオ技術により産卵せず、3年も5年も寿命を延ばすことが可能となった。これにより、産卵で栄養を取られることもなく、成長し続け、通常の3倍もの大きさに成長することができる。●城さんは、地域の人々と密着し、共にこの「奥多摩やまめ」を名産にしようと奮闘中。通

    受賞作品
    ドキュメンタリー
    人物

    • 29 min

Top Podcasts In Science

More by SCIENCE CHANNEL