2 episodes

 チュヴァシ民族出身の詩人ゲンナジイ・アイギは、ロシア語の詩作品を通してその名が広く知られるようになりました。その一方で、彼は母語であるチュヴァシ語でも創作を続け、これら二つの言語を使って、それぞれ異なる作風の詩を書き分けていました。セミナーでは、アイギのことをよく知るアトネル・フザンガイ氏が、詩人の二言語使用にいたるいきさつや、用いられる言語と詩の世界の関係について、詳しく解説します。

詩人ゲンナジイ・アイギと言語の境界(2011‪)‬ Hokkaido University

    • Society & Culture

 チュヴァシ民族出身の詩人ゲンナジイ・アイギは、ロシア語の詩作品を通してその名が広く知られるようになりました。その一方で、彼は母語であるチュヴァシ語でも創作を続け、これら二つの言語を使って、それぞれ異なる作風の詩を書き分けていました。セミナーでは、アイギのことをよく知るアトネル・フザンガイ氏が、詩人の二言語使用にいたるいきさつや、用いられる言語と詩の世界の関係について、詳しく解説します。

    • video
    詩人ゲンナジイ・アイギと言語の境界 (1/2)

    詩人ゲンナジイ・アイギと言語の境界 (1/2)

    GCOE総合博物館市民セミナー

    • 1 sec
    • video
    詩人ゲンナジイ・アイギと言語の境界 (2/2)

    詩人ゲンナジイ・アイギと言語の境界 (2/2)

    GCOE総合博物館市民セミナー

    • 1 sec

Top Podcasts In Society & Culture

More by Hokkaido University