83 episodes

カナダ・バンクーバー郊外ホワイトロックから日本のみなさんにお届け。30年間日本でクリティカルシンキングを指導した後カナダに移住。カナダ目指してやってくる優秀な日本の若者を応援するための、現実の情報を現地カナダから。「カナダ有名大学に進学する方法」「カナダ高校留学の実態eBook」など、エージェントの大嘘がまかり通っている「カナダの留学」の驚くべき真実も語ります。University of British Columbia, Harvard Universityで学んだ”Psychology” “Fundamentals of Neuroscience”などをベースに頑張る日本の若者への応援エピソードも込めて。

カナダにいらっしゃい‪!‬ 大澤眞知子 Machiko Osawa

    • Education
    • 5.0 • 2 Ratings

カナダ・バンクーバー郊外ホワイトロックから日本のみなさんにお届け。30年間日本でクリティカルシンキングを指導した後カナダに移住。カナダ目指してやってくる優秀な日本の若者を応援するための、現実の情報を現地カナダから。「カナダ有名大学に進学する方法」「カナダ高校留学の実態eBook」など、エージェントの大嘘がまかり通っている「カナダの留学」の驚くべき真実も語ります。University of British Columbia, Harvard Universityで学んだ”Psychology” “Fundamentals of Neuroscience”などをベースに頑張る日本の若者への応援エピソードも込めて。

    「自分の未来は自分で作る」日本人生徒を育てるカナダクラブ

    「自分の未来は自分で作る」日本人生徒を育てるカナダクラブ

    パンデミックの煽りでしょうかねぇ。
    世界を見なくっちゃぁ!と自分の未来への視点をぐ〜んと広げたのでしょうか。
    それとも、日本のコロナ対応に少々疑問を持ったのでかな?


    いずれにしても、本当に真面目に頑張り、潜在能力のある高校生からのカナダクラブ参加希望者が増えています。
    カナダクラブ主催者としては嬉しい限りですが、来年早々の大学留学希望の生徒には「なぜもっと早く来なかったの?」と必死でパワー全開で取り組む毎日です。


    そんな今だからこそ、興味のある方にカナダクラブの存在を知っていただこうと
    今日のPodCastのテーマに選びました。


    (カナダクラブとは? 詳しくはPodCastで。)


    日本で始めた「カナダクラブ」の前身は、個々の特性を見つけ、伸ばすカナダの教育を日本の子供たちにと。
    カナダのカリキュラムを応用し、指導したのが最初のカナダクラブでした。


    そして今、カナダから日本に向けて発信を続けるカナダクラブ。


    日本の子供たちの目を世界に開かせ、大きな基礎学力をつけ、そして、今、世界の自由主義をリードするカナダから、日本の子供たちに同じメッセージを届けている私とロバートです。


    Wanna join Canada Club?     ご連絡下さい。


    そして、カナダにいらっしゃい!
    __________________________
    「カナダ大学正式留学」eBook 
    Pandemic禍の留学Support Group   Canada Club
    「カナダ高校留学実態総集編」eBook 
    「カナダ高校留学アセスメント」テスト
    カナダ発日本人のための本格的英語学習サイト UX English 
    わかりやすいクリティカルシンキング講座
    「クリティカルシンキングがわかる」eBook
    Podcast [カナダにいらっしゃい!] 

    • 14 min
    「留学相談コーナー」で見かける凄すぎる質問

    「留学相談コーナー」で見かける凄すぎる質問

    いくつか、ネットの相談コーナーの回答を担当しています。
    担当は「留学」そして「コーチング」とやら。
    留学は、40年近いカナダでの経験とつながりをそのまま。
    コーチングには、 多岐に渡る分野のPsychologyと、脳科学から科学的な回答をしています。


    でも、留学相談コーナーでは100ある質問のうち、まぁ5本くらいですかね、回答するのは。
    「あ、こんな真面目な子がいい加減な回答(多いです)に惑わされることのないように、」と、思わず書いてしまいます。
    そこから密着サポートまで発展したケースも過去に数件ありますので、『よかった!」と。


    後の95件の相談?
    Well,一緒に驚いてみますか?
    質問を見てみましょうか。


    例えば
    「英語をあまり話せない人が海外の大学に入ったら、卒業は難しいですか?」


    ん?


    (PodCastをどうぞ)

    • 12 min
    カナダ大学の勉強量とレベル半端ないよ〜(大学留学中ゲストTalk)

    カナダ大学の勉強量とレベル半端ないよ〜(大学留学中ゲストTalk)

    カナダの大学で凄まじい勉強量の中、頑張る留学生ゲスト第3弾。
    大学での勉強の難しさ、そして、パンデミック真っ只中のカナダで感じていることを語ってもらいました。


    日本の高校を卒業後、2020年5月からの大学正式留学を予定していた愛媛県今治市出身のまゆさん。
    パンデミックのせいで入学を2021年1月に遅らせ、そして!
    その期間を「あ〜あ」と過ごしてしまったのではなく、カナダ大学の単位先取りという裏技を使い
    難し〜いPsychologyの単位を見事取得し、カナダに


    数少ない選別された留学生として奨学金も獲得し
    現在は、ひっそりとした大学の寮から見えるカナダの自然を慰めに
    日々、孤独にオンラインの勉学に励む毎日です


    「カナダの大学を目指して猛勉強している後輩たちにアドバイス」と
    実際の体験、熱い体温まで感じそうな話をしてくれました


    カナダ大学留学目指して日本で頑張る高校生・中学生のみなさん
    とってもためになる話です


    じっくり聞いて下さい(PodCast)


    そして
    いっぱい準備して


    カナダにいらっしゃい!
    _________________
    「カナダ大学正式留学」eBook 
    Pandemic禍の留学Support Group   Canada Club
    「カナダ高校留学実態総集編」eBook 
    「カナダ高校留学アセスメント」テスト
    カナダ発日本人のための本格的英語学習サイト UX English 
    わかりやすいクリティカルシンキング講座
    「クリティカルシンキングがわかる」eBook
    Podcast [カナダにいらっしゃい!] 

    • 16 min
    高校留学は反対ですが子供がどうしても行きたいというので。。。

    高校留学は反対ですが子供がどうしても行きたいというので。。。

    論理的に考えると「あれ?」とすぐわかる変テコな理由だと気がつきますか?
    実は、高校留学のご相談をいただく中でダントツに多いのがこのパターンなんです。


    言い出しっぺは子供さんというのが多く、それを聞いた親は少しだけネット検索をし、エージェントとコンタクトを取る。
    エージェントの甘い甘い砂糖ジュースのような話を聞き、賢明は親は「あれ?こんなうまい話ある?ちょっとおかしいな。」と思います。
    ……..


    「おかしいな」と思った後、もっと気合入れてネットで調べ、実は否定的な情報がいっぱいあることに気がつきます。
    やっぱり。。。と思い、子供と話をしますが子供は一度留学熱に浮かされ、夢の留学世界に浸ってしまうともうそれだけしか考えることが出来なくなっています。 親子喧嘩が始まるのがこの段階です。
    ……..


    でも親としてはもっと情報が必要だと、更に調べているうちに、「カナダ高校留学の実態」eBookに出会い衝撃を受けます。
    受けて下さい。 事情はこのパンデミックでもっともっと悪化していますから。
    PodCastもお聞きになり、親は子供を守らなくちゃ!と、私にメールが届くこととなります。


    ……..


    そして最後は「子供がどうしても行きたいというので」と。


    ……….(PodCast で詳細を)


    高校留学の欠陥を理解出来た親のみなさん。
    子供さんの能力・適性、そして将来の目的をすべて総合的に考え、それが「高校留学の負」に勝ると思ったら、どうぞ踏み切って下さい。


    カナダの高校では子供さんが一体どんなレベルになるか?
    そこがはっきりすると、子供さんへの説得も簡単ですよね。


    そのために、カナダ高校留学アセスメントテストを公開しています。
    大学進学組と、そうでないカナダの高校生を選別するために政府が行っているテストです。
    Grade9でのレベルを測ります。
    「カナダでどんな留学生活が待っているか」のかなり正確な目安となります。
    採点も政府基準に忠実に行い分析しています。
    https://uxenglish.org  から。


    テストの客観的結果は大いに役に立つはず。
    「高校留学はさせるべきではないと思っていますが、子供がどうしても行きたいというので。。」がひとつでも減る日を願って、今日もアセスメントテスト受験者の採点を頑張ります。


    賢明に自分の能力を判断し、カナダにいらっしゃい!
    _______________________
    「カナダ大学正式留学」eBook 
    Pandemic禍の留学Support Group   Canada Club
    「カナダ高校留学実態総集編」eBook 
    「カナダ高校留学アセスメント」テスト
    カナダ発日本人のための本格的英語学習サイト UX English 
    わかりやすいクリティカルシンキング講座
    「クリティカルシンキングがわかる」eBook
    Podcast [カナダにいらっしゃい!] 

    • 15 min
    カナダ高校卒業成績インチキ嵩上げ横行- 今後大学落第者急増か

    カナダ高校卒業成績インチキ嵩上げ横行- 今後大学落第者急増か

    続々ホラーストーリーのようなデータが出現している大問題。
    コラム「カナダ高校留学-州試験なしの大学進学を喜ぶのはちょっと待って」をより詳細にお話します。
    https://profile.ne.jp/pf/machiko-osawa/c/c-219129/


    2年連続し、大学の合否を決める大切な州最終試験がコロナにより中止となっています。
    つまり、難しい州試験なしで大学出願、合否が決まるというままごとのような大学進学プロセスが目の前で繰り広げられているカナダです、
    従来は、例えばGrade12の学校の成績と州のGrade12試験の成績とを合わせたものが最終成績として大学に送られ、それが入学選抜の重要な基準となるのがカナダの大学入学方法です。


    パンデミックのため、まともな教育不在の高校から、大学に向かう生徒たちが、今年の卒業生です。
    しかも、本当の実力を測るGraduation Assessment Final Examなしで大学に入ってしまう生徒たち。
    例えばオタワ大学に合格したGrade12のレベッカ。
    「何も努力もしてないのでAがつく。こんな学校は大学への準備などになっていない。ここでAをもらっても、大学では通用しないことはわかってるのに。」
    このようないい加減な評価をもらう生徒は、現実の実力と、評価との差に迷い、現実と自分の将来とが繋がらなくなる精神的不安状態に陥る可能性が大です。
    。。。。。。。(PodCastで詳細をどうぞ)


    もちろん、大学も絵をこまねいているわけではありません。
    どの高校がInflated gradesをつけているかの調査を行いリストを公表したり、選考過程に各高校のInflated率を加えたりしています。
    そして!すごい資料を見つけました。
    BC州各高校のInflated Gradeがどこまではびこっているのかのデータが並んでいます。
    (UBCなどはとっくに気がついていたみたいですけどね)
    特に留学生〜〜〜とヨダレを垂らしている学区が軒並みひどいです。
    学校の成績と、Diploma Examとの差が驚くほど大きい高校が並んでいます。


    近日概要を公開出来ると思います。
    どの高校が腐っているか、学費を払う価値がない!かが日本の親の目にやっとさらされますね。


    今高校留学中、来学年Grade12のEnglishを履修予定の人。
    一番貧乏くじを引いてしまいましたね。 EN10,11はパンデミックでほぼ教育なし。
    ところが、じゃ〜んと来年には州試験が戻ってきます。 
    すでに州は日程まで決めているようです。
    いくら高校でInflated成績をもらっていても、州試験はそうは行きません。
    準備はいいですか。


    これが高校留学の実態です。


    あなたが優秀であればあるほど、カナダには大学からいらっしゃい!
    ________________________________________
    「カナダ大学正式留学」eBook 
    Pandemic禍の留学Support Group   Canada Club
    「カナダ高校留学実態総集編」eBook 
    「カナダ高校留学アセスメント」テスト
    カナダ発日本人のための本格的英語学習サイト UX English 
    わかりやすいクリティカルシンキング講座
    「クリティカルシンキングがわかる」eBook
    Podcast [カナダにいらっしゃい!] 

    • 15 min
    子供がカナダ高校留学中でとても心配です

    子供がカナダ高校留学中でとても心配です

    「子供がカナダ高校留学中です。とても心配です。」
    というご相談が5月になり増えて来ました。
    すべてのご相談に丁寧に対応しておりますが、なかなか親子の状況認識の食い違いが多いようです。


    「子供は頑張っていると言うのですが、様子はよくわからず、エージェントは何の助けにもならず、学校に相談しようにも敷居が高く。 子供には助けを求めることに抵抗があるようで、どうしたものかと悩んでいます。」


    いただいたご相談を要約すると上記のような状況です。


    親子の認識がかけ離れているのは当然だと思います。


    子供はどんな状況であれ、カナダの学校、カナダ社会の中で暮らし、またパンデミックに対してのカナダ政府の対応に流されている状態。
    親は、日本から日本の目でカナダを想像するのみ。 学校・社会のあり方がいかに日本と異なるか、パンデミックの様子がどれだけ日本とかけ離れているかなどを本当に理解することは不可能です。


    ですから、親が心配し色々な手立てをし、何とか子供を助けようとしても、その意図が子供に伝わるのは難しいでしょうね。
    子供は子供で、とにかく一生懸命頑張っていると思います。
    余りにも心配されると、自分が頑張って来たことが否定されたような気にもなるかも知れませんし、「親はカナダの自分がわかってない」という親子の意志が切り離されてしまう結果にもなるケースを観察して来ました。


    そんな方へのアドバイス。


    カナダを向いた親としてどう優先順位をつければいのか、いっぱいお話しています。
    ぜひ参考になさって下さい


    (PodCast  をどうぞ!)


    その中でのひとつの提案。


    〈カナダ高校留学アセスメント〉を受けてもらって下さい。
    カナダのGrade9の優秀な生徒が80%取れるテストです。
    カナダの高校で何年経過しようが、おそらくこのテストで80%以上取れる日本人高校留学生は少ないですから。


    取れた%の内容を分析すると、自分に何がかけているのか子供さんにも否応無しに見えるはず。
    そこからですね。
    やる気を出してもらうのは。


    うまく行ったらご連絡下さい。


    頑張れ、日本のお母さん、お父さん。
    応援しています。
    困ったらいつでもご連絡下さい。


    カナダでまってま~す!
    __________
    「カナダ大学正式留学」eBook 
    Pandemic禍の留学Support Group   Canada Club
    「カナダ高校留学実態総集編」eBook 
    「カナダ高校留学アセスメント」テスト
    カナダ発日本人のための本格的英語学習サイト UX English 
    わかりやすいクリティカルシンキング講座
    「クリティカルシンキングがわかる」eBook
    Podcast [カナダにいらっしゃい!] 

    • 13 min

Customer Reviews

5.0 out of 5
2 Ratings

2 Ratings

Top Podcasts In Education