36本のエピソード

あなたの暮らしに東京の木を。
をテーマに活動するLove! Tokyo Forestのメンバーのkayo and asaが立ち上げた、ラジオ部。気張らずゆるっと木のことを話しています。ほぼ毎週月曜日の朝、更新中です。
※本収録はビデオ会議サービスなどを使用しているため、一部聞き取りづらい箇所があります。
sound: Syunsuke RAKUI
https://www.ptree.jp/archives/category/special/love-tokyo-forest

Love! Tokyo Forestらじお部~がんばらない木のはなし‪~‬ kasa

    • 社会/文化

あなたの暮らしに東京の木を。
をテーマに活動するLove! Tokyo Forestのメンバーのkayo and asaが立ち上げた、ラジオ部。気張らずゆるっと木のことを話しています。ほぼ毎週月曜日の朝、更新中です。
※本収録はビデオ会議サービスなどを使用しているため、一部聞き取りづらい箇所があります。
sound: Syunsuke RAKUI
https://www.ptree.jp/archives/category/special/love-tokyo-forest

    vol.34 「檜原 森のおもちゃ美術館」の親善大使!/A Goodwill Ambassador of the Hinohara Toy Museum!

    vol.34 「檜原 森のおもちゃ美術館」の親善大使!/A Goodwill Ambassador of the Hinohara Toy Museum!

    檜原 森のおもちゃ美術館が2021年11月3日にオープンします。

    その親善大使に我らがkayoさんが就任しました!!

    どんな人に来てほしい?どんな人にアピールしていきたい?夢と希望がいっぱいです。

    今後の活動をお楽しみに♪

    ---

    収録した日 2021年6月14日(月)

    • 52分
    vol.33 東京美林倶楽部体験記(後編)/Experience note of TOKYO BIRIN CLUB. (2st half)

    vol.33 東京美林倶楽部体験記(後編)/Experience note of TOKYO BIRIN CLUB. (2st half)

    nikoディレクターの岡部圭子さんのお供で、東京美林倶楽部の植樹体験に行ってきました。

    niko moku の活動の一環で、東京チェンソーズの東京美林倶楽部に参加している岡部さん

    その手で植樹したスギの木が、桧原村の山で成長する30年間が始まるその瞬間に、kayoとasaも立ち会ってきました。

    植樹した日 2021年4月10日(土)

    収録した日 2021年4月19日(月)

    ---

    Guest:nikoディレクター岡部圭子さん

    instagram https://www.instagram.com/nikonikonikonn/

    • 39分
    vol.32 東京美林倶楽部体験記(前編)/Experience note of TOKYO BIRIN CLUB. (1st half)

    vol.32 東京美林倶楽部体験記(前編)/Experience note of TOKYO BIRIN CLUB. (1st half)

    nikoディレクターの岡部圭子さんのお供で、東京美林倶楽部の植樹体験に行ってきました。

    niko moku の活動の一環で、東京チェンソーズの東京美林倶楽部に参加している岡部さん

    その手で植樹したスギの木が、桧原村の山で成長する30年間が始まるその瞬間に、kayoとasaも立ち会ってきました。

    植樹した日 2021年4月10日(土)

    収録した日 2021年4月19日(月)

    ---

    Guest:nikoディレクター岡部圭子さん

    instagram https://www.instagram.com/nikonikonikonn/

    • 32分
    vol.31 Guest: Tokyo Forest Lovers!【メダカのがっこう 中村陽子(後編)】

    vol.31 Guest: Tokyo Forest Lovers!【メダカのがっこう 中村陽子(後編)】

    メダカの学校、今年度の取り組み/2本柱の1つ目は!/『タネからはじまる1年』/在来種の種/とてもよい種/大豆の在来種のタネ/種は農家の熱意と腕の産物/大豆は土壌改良できる/在来種はその土地に合うように自分を変化/在来種は強くて育てやすい/適応力がある/登録品種は、農薬や肥料ありき/種子法廃止/農家は自分で品種改良/自家採取/許諾制/種苗法改正/土やタネが身近じゃない現状/食べてるお米はイネのタネ/小麦粉もタネ/梅干しもタネ/菜種油もタネ/味噌も醤油もタネ/タネを意識する日本人へ/タネフェス!/タネのカルタ作成中/遊びながらタネを身近に感じる/怒りから希望へ/北風から太陽へ/プラスのことで一緒に活動したい/楽しい企画がたくさん/タネって、普通に買うと外国産?/タネの産地/在来種のタネはどこで買えるの?/イベント出店予定の「じねん堂」さん/公益財団法人 自然農法センター公益財団法人 自然農法国際研究開発センター)/野口種苗/日本有機農業研究会/種苗交換会/鶴頸種苗流通プロモーション/中学生で起業した小林宙さん/買えるところはたくさん/広島県のジーンバンク/タネを集めてミニ・シードバンクをしたい/地域のタネを守る/FAXですら展示物/筑波にもジーンバンクはあるが遺伝資源・・・/広島のジーンバンクにはタネ博士が!?/継承していかなくては!/食べるものがどこから来たか/広島のジーンバンクはよいお手本/前例はある/全国どこでもできるよ/これからはタネも意識/タネのカルタはまだまだ募集中!!/タネフェスでも応募できるよ!/タネフェス2021には、ラブフォレも出店【2021年4月11日(日)11時~17時】/遊びに来てね♪/2本柱の2つ目!/『子どもたちの給食をオーガニック和食に』/オーガニックにするだけではない/フランスの成功事例/材料がオーガニックになると、調理方法も変わる/素材の味を味わう/伝統和食系にしていきたい/現状だと西洋料理が多い/アトピーやアレルギー/特別支援学級の増加/いろいろな問題の改善が期待できる/制度の改正で、食材の品質が影響を/子どもたちの健康/味噌汁を飲もう!!/腸活には味噌とたくあん/糠漬けも/日本の伝統的な食事はミネラルが豊富/6週間で実感/血液が入れ替わる?/血液も腸から/食事次第で病気にも健康にも/グルテンフリー実験中/効果を実感/食べなくても平気になる/素材の味を教えてあげられる/義務教育の子どもたちへの食育/オーガニック給食は環境にもまちにもよい/1日1食だけでも、よいものを/大量によいものを出荷できる/市の方針にすると、影響力が増/有機農業をやる人が増える/有機農業の技術が育ってきている/技術研修をしていきたい/行政にも支援してほしい/いすみ市が始めた有機米給食/転入者が増えた/子育て支援政策/まちづくりにつながる/給食は義務教育とセット/給食で食育をする/給食の教育力/貧困層の子どもたちを支援/忙しいママたちも支援/毎日お味噌汁を食べて/仲間づくりの広がり/入口を知ること/ママ以外も応援・参加/100年後の未来を想像/ママになる前から/これからの動きも追っていきます!

    • 56分
    vol.30 Guest: Tokyo Forest Lovers!【メダカのがっこう 中村陽子(前編)】

    vol.30 Guest: Tokyo Forest Lovers!【メダカのがっこう 中村陽子(前編)】

    祝!30回/メダカのがっこう/NPO法人メダカのがっこう/西荻窪と吉祥寺の真ん中あたり/田んぼカフェ/炭の入ったお茶/ラブフォレとの出会い/給食をオーガニックに、という活動/100年の森のイラストに感銘/オーガニック給食の必要性を説明するために作ったイラスト/無理難題をいう主婦ではない/ビジョンを共有/ただ体にいいだけではない/まちづくりにつながる/対立関係ではない/田んぼは自然の中の一か所/田んぼは人間が作ったもの/どんな田んぼを作るかで川上も川下も変わる/シーズン以外に水を抜いてしまうと沈黙の田んぼになってしまう/生き物の繁殖地帯/鳥のレストラン/生き物の通り道/12月に水を張ってみたら2月にアカガエルがきた!/用水路にはメダカ/自然はたくましい/実はあっという間に再生できる/レイチェル・カーソン/沈黙の春/絶望しなくていい/戻るのは意外と早い/U字溝/メダカも秒速5センチメートル/カエルの産卵率/生き物に配慮する農家を育てたい/地域の田んぼの先生/地域の生き物の先生/地域の子どもに慕われる農家/自然の再生力ってすごい/がっかりする必要はない/環境さえ整えば、案外すぐ戻ってくる/通年ビオトープ/ちょっとした配慮/生き物調査で成果を実感/農家さんと一緒に育ってきた/都会でそういう農家さんのお米を選ぶ/山でも下草刈りをするとすぐに絶滅危惧種が出てくる/里山っておもしろい/カタクリの田んぼ/草を刈ったら自然とカタクリが出てきた/楽しみながら活動/生業を支える/田んぼの生業/今はお米が安すぎる/今は1俵(60kg)1万円くらい/よいお米をそれなりの価格に設定/稼げる農家/農家さんの後継ぎをふやす/買って支えたい人/アトピーやアレルギーでいい食材が欲しい人/お買い物は投票!/エシカル消費/民意が反映されやすい/売れるものを作る/消費者が賢くなる/田んぼカフェを作ったら、6時間でモノサシトンボが来てくれた/水が張ってあることが大事/田んぼにはまってる/国土の7%は田んぼ/人間がつくったもの/同じ浅さの環境は自然界にはあまりない/田んぼは日本の宝/イトミミズの数を数えた/ユスリカもカウント/イネの栄養になると思って糠を巻いていた/でもイネは糠を吸収できない/イトミミズが分解することで吸収可能に/ダニも分解者/田んぼは地球の腸/田んぼは人工物/人工物なのに生き物も合わせてきた/人間も田んぼの生き物/雑木林も田んぼと似た立ち位置/人工物だけど/生産者はお米を売る/消費者はお米を食べる/生き物は暮らしやすくなる/生き物調査は息抜き/植生調査もする/田んぼの多面的機能/「多」に含まれる要素の多さ/蒸散するから雨が降る/「都市農村提携型自給自足体制」/農家が加工して売れる/都会の人には自給自足生活を/味噌も醤油も、みんなで一緒に作る/昔は小さな村の中で行われてきたこと/今は全国、どこでも気軽に繋がれる/村仕事を楽しむ/人のために作業/人にやってもらう作業/誰かの役に立てること/地産地消/地産都消/都市部で消費する・できる/自然の一部と感じられる/消費するときの指標や選択肢が増える/生産のプロセスを知る/農家さんに感謝して「いただきます」/知っている農家さんの顔を思い浮かべて「いただきます」/後編につづく

    • 39分
    vol.29 Guest: Tokyo Forest Lovers!【ランドスケープデザイナー Natsu(後編)】

    vol.29 Guest: Tokyo Forest Lovers!【ランドスケープデザイナー Natsu(後編)】

    枯らしちゃう悩み/枯らしちゃってもいい/「ボタニカル・ライフ―植物生活―」/いとう せいこう/植物男子ベランダー/過程を楽しむ/枯らしちゃうこと=失敗 ではない/一番気楽なペット/切り花/枯らしてしまうのが悲しい/ドライフラワーにする?/枯れゆく姿もよい/生きてる感/すごく長持ちな花束/生き物感がない/本来の姿/ドライフラワーもいいね/春夏秋冬の移ろい/木製品のキズ/プリザーブドフラワー/枯れない花/枯れてゆく様をも楽しむ感覚/アンチエイジングについて/腐らない木/切り花を長持ちするコツ/こまめに水に浸しながら切る/枯れてしまった花びらを小まめにとる/一番モチベーションが上がるのは/家庭菜園/収穫の楽しみ/トライしやすい野菜は?/夏野菜/キュウリ/トマト/ゴーヤ/ナス/夏野菜は育てやすい/水を上げないといけない/長雨で病気/冬野菜は難しい/ブロッコリー/はつか大根/ネギ/成長がゆっくり/夏野菜より刺激が少ない/大豆推し/ベランダで菜園/毎日コツコツ/上質な土がある/ダイソーのプランター/かわいいお値段で/手入れのいらないハーブ/乾燥に強い種類/名前を付けてかわいがる/気がいかなくなる/目の端でいつも気にしてる/気にかける相手がいる/気を持ち続けるには/食べ物という付加価値/収穫祭を楽しみに/食育としても効果的/庭が必須という人もいる/家庭菜園でダイコンや小松菜/庭から食材を採ってくる/キッチンガーデン/エディブルガーデン/コンポスト/食べるものを自分で作れる喜び/農家さんはすごい!/小学校でお米を育てる/おにぎりにして食べる/イネは白い花が咲く/結局、土のはなし/野菜を育てていくと、土を入れ替えないといけない/野菜に興味を持つと、興味の方向が土にたどり着く/食べるのが好き/料理が好き/農業や土に目が向くようになる/土の入れ替え/都心の方だと土もゴミとして出す/土の産地/土を消毒して販売/家の中のプランターだと、虫が湧くとちょっとつらい/土をつくりたい!/シイタケの菌床の産地を表示/土のふるさと/食と土/大豆で土壌改良/土を育てたい/何に使うかによって育て方が変わる/腸内環境を整える/土を食べる!?/暮らしの中に緑を/庭がある人は庭のお手入れ/ベランダがある人はプランターで/切り花を愛でる/自粛生活のお供に/植物とコミュニケーション/これからもリスナーでいてね

    • 35分

社会/文化のトップPodcast