17 episodes

『イーストコースト・ベースボール・フリークス』メジャーリーグ、ア・リーグ東地区球団のボストン・レッドソックス、およびMLBで活躍する日本人選手達の情報をボストンの藤原大湖と東京の仲野博文が不定期に更新する野球ニュース。

MLB情報 JapaneseBallPlayers.com Radio メジャーリーグ野球とレッドソックス Daigo Fujiwara and Hirofumi Nakano

    • Sports
    • 5.0 • 2 Ratings

『イーストコースト・ベースボール・フリークス』メジャーリーグ、ア・リーグ東地区球団のボストン・レッドソックス、およびMLBで活躍する日本人選手達の情報をボストンの藤原大湖と東京の仲野博文が不定期に更新する野球ニュース。

    JBP188 笑えない球団記録を樹立した憲伸 「新時代」の完全試合 スタインブレナー氏の功績と功罪

    JBP188 笑えない球団記録を樹立した憲伸 「新時代」の完全試合 スタインブレナー氏の功績と功罪

    JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 188

    By 藤原大湖&仲野博文(収録 2010年7月21日)



    * 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」収録148回目

    * 日本もアメリカも暑い日が続きますが、炎天下のテキサスやフロリダで(時には掟破りのブブゼラ音も聞きながら)試合をこなすメジャーリーガーってやっぱりスゴイ?

    * ・もしかして厄年?どうしたんでしょうか、今シーズンの日本人メジャーリーガー…。イチロー選手以外は期待通りの活躍を披露できていない今シーズン、新天地ピッツバーグ・パイレーツでの活躍が期待されていた岩村明憲選手はまさかの戦力外通告。

    * 投手陣の不振も深刻です…。アトランタ・ブレーブスの川上憲伸投手は開幕からまさかの9連敗(球団ワースト記録)。そんな中、ニューヨーク・メッツの高橋尚成投手が頑張りを見せているのはうれしいニュース。

    * トレードのデッドラインが迫りつつある中、今年は大物ピッチャーの移籍に注目。シアトル・マリナーズに鳴り物入りで入団したクリフ・リー投手は早くもシアトルの町に別れを告げ新天地へ。

    * 数年に一度あるかないかという貴重なパーフェクトゲーム。今年は誤審でフイになったものを含めると、すでに3つも記録されているんですが、急増した背景には何があるんでしょうか?アメリカ・メディアは「ポスト・ステロイド時代の到来」によってメジャーリーグ全体が投高打低へと変化したのではないかと指摘。

    * ジョージ・スタインブレナー氏が心臓発作のため死去。賛否両論ある人でしたが、自分のチームに対する愛情は本物だったはず。時代の移り変わりを象徴するようなニュースでした。

    * 今回の音楽:ニュージーランドのシンガーソングライター Edwin Derricutt で「30 Seconds」。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems

    * JBP188.mp3

    JBP187 ストラスバーグはドラフト1位指名のジンクスを打ち破れるか? マリナーズへの高評価は今年もマヤカシ?それとも本物?今年のレッドソックスは守備的な野球を展開? 

    JBP187 ストラスバーグはドラフト1位指名のジンクスを打ち破れるか? マリナーズへの高評価は今年もマヤカシ?それとも本物?今年のレッドソックスは守備的な野球を展開? 

    JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 187

    By 藤原大湖&仲野博文(収録 2010年3月31日)



    * 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」収録147回目

    * 気がつけばもうメジャーリーグの2010シーズンがスタートしますね。今年初のポッドキャストとなりますが、どうぞよろしくお願いいたします。昨年のワールドシリーズはフィラデルフィア・フィリーズとニューヨーク・ヤンキースの決戦となりましたが、今年はどのチームがファンを喜ばせ(悲しませ)、そして驚かせる(失望させる)のでしょうか?

    * ナショナル・リーグ東地区ではアトランタ・ブレーブスとワシントン・ナショナルズに期待の大型新人が。特にナショナルズのステファン・ストラスバーグ投手はMAX165キロの速球とチェンジアップをおりまぜた投球が売りのルーキー。一部のアメリカ・メディアは早くも殿堂入りを予測していますが、実はドラフト一位指名の選手にはジンクスもあるんです。

    * 松井秀喜選手がロサンゼルス・エンゼルスに加入したこともあり、同じアメリカン・リーグ西地区のシアトル・マリナーズに所属するイチロー選手との対戦も今シーズンの楽しみの一つ。ただ、今年のマリナーズは各ポジションにいい選手が揃っており、クリフ・リーも加わった投手陣の活躍も期待度大!ただ、シーズン前のマリナーズへの期待の高さは毎年恒例のこと。はたして、今年は期待に応えられるんでしょうか?

    * 新球場でプレーするアメリカン・リーグ中部地区のミネソタ・ツインズは、今年もジョー・マウアーのチーム。ケガに悩まされてきたフランシスコ・リリアーノ投手も先発ローテに復帰する予定で、昨シーズンよりもいい成績を残すのでは?しかし、新球場(ドームじゃありません)でワールドシリーズをやる場合、ファンはカイロとブランデーが絶対必要です…。

    * ある意味でノマー・ガルシアパーラ選手の現役引退が象徴するように、アメリカン・リーグ東地区のボストン・レッドソックスは数年前までの伝統をひっくりかえすように、「打」のチームから「投」のチームへ変身中。3点取られても4点取り返す野球ではなく、投手陣のクオリティ最大限活かした野球が今年もメインになる模様。でも、エルスベリーはレフトで起用されるらしく、どうなんでしょうか?

    * 今回の音楽:テネシー州のシンガーソングライターGeoff Smith

    で「Digg The Code」。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems

    * JBP187.mp3

    JBP186 フィリーズとヤンキースが対戦するワールドシリーズ、最後に笑うのは?

    JBP186 フィリーズとヤンキースが対戦するワールドシリーズ、最後に笑うのは?

    JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 186



    By 藤原大湖&仲野博文(収録 2009年10月27日)



    * 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」収録146回目

    * 御無沙汰しています。久しぶりの収録です。今年のワールドシリーズはフィラデルフィア・フィリーズとニューヨーク・ヤンキースの決戦となりましたが、最後に笑うのははたしてどちらのチームなんでしょうか?

    * 日本球界への復帰が決まった元シアトル・マリナーズの城島健司選手、来シーズンから阪神タイガースでのプレーが決定。「ジョー」というニックネームでも知られる城島選手ですが、そういえば阪神タイガースの真弓監督のニックネームも「ジョー」。真弓監督は現役時代にアメリカでこのニックネームがついたそうです。

    * 抑えの不振が目立った今シーズンのプレーオフ。レギュラーシーズンに活躍を見せていた各チームのクローザーが、相次いで救援失敗。いったい何があったんでしょうか…。

    * ワールドシリーズでフィリーズとヤンキースが対戦するのは1

    * 950年以来。その時はジョー・ディマジオやヨギ・ベラを擁するヤンキースが4連勝でスイープを達成。今年はいったいどんな結果が?

    * 今回の音楽:シカゴのシンガーソングライター Todd Carey で「Ain’t Got Love」。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems

    * JBP186.mp3

    JBP185 イチロー選手が教えてくれた「継続」の偉大さと難しさ 今年のエンジェルズは一味違う? ナ・リーグを制するのは安定感のあるカージナルス?

    JBP185 イチロー選手が教えてくれた「継続」の偉大さと難しさ 今年のエンジェルズは一味違う? ナ・リーグを制するのは安定感のあるカージナルス?

    JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 185



    By 藤原大湖&仲野博文(収録 2009年9月22日)

    「イーストコースト・ベースボール・フリークス」収録145回目(「最終回」?)

    リスナーの皆様、この3年間本当にありがとうございました。今回の放送を最後に、「イーストコースト・ベースボール・フリークス」は毎週のエピソード配信をストップします。これまでに多くのリスナーから、本当にたくさんのメッセージやメールをいただき、それが僕たちの喜びかつモチベーションとなっていたわけですが、お互いの仕事や時差の関係(これって、意外と大変なんです…)もあって、ウイークリーとしてのポッドキャスト配信を卒業させていただくことにしました。

    しかし、

    そう、しかしなんですが、

    最後の収録を行う前に、いつものようにスカイプで世間話をしていた仲野と藤原が、「これからも何らかの形でポッドキャストを続けていこう」と意気投合!隔週や毎月1回など、いろいろと可能性を2人で考えてみたのですが、まだ定期的にそれだけのスケジュールを確保できるかどうかが微妙な事もあって、大きなイベントがあるたびに、その周辺で収録の時間を作ってみることにしました。

    というわけで、次回はワールドシリーズ直前に収録をしようと考えています。基本的にはワールドシリーズに出場するチームについて話をしたり、今シーズンの総括や、MLBのトリビアなどについて話をしようと考えていますが、リクエスト等があれば御連絡ください。全てにおこたえできるかは分かりませんが、必ず参考にさせていただきます。

    大きなイベントというと、新シーズンの開幕やワールドシリーズ、オールスター・ゲームといったところでしょうか?ただ、スケジュール的に問題なければ、それ以外の時期にも収録を行いたい考えはありますので、時々サイトを覗いていただければ幸いです。その他のイベント…、どういったものでしょうかね?年末年始やスプリング・トレーニングといったものかな?日本人選手のメジャーへの移籍もあれば、イチロー選手の記録更新も、タイミングとしてはいいかもしれないですね。某選手があと10キロくらい減量した時には、間違いなくやります(笑)!

    なんだか長くなってしまいましたが、今日もしっかりとメジャーリーグのニュースは収録していますので、最後まで楽しんでくださいね。イチロー選手の9年連続200本安打達成のニュースや、全体的に不振が続いた日本人投手たちの話、そしてプレーオフに進みそうなチームについても話をしています。

    毎週の収録作業は今回でひとまず卒業させていただきますが、今後とも何卒よろしくお願いいたします!



    * 今収録の音楽:グラミー賞も受賞したカリフォルニア州出身のシンガーソングライター、Tom Waits(トム・ウェイツ)の「Hold On 」(1999年のアルバム『ミュール・ヴァリエイションズ』より。)Wikipedia JP

    * JBP185.mp3

    • 1 hr 6 min
    JBP184 飲酒騒動のハミルトンが謝罪 落ち着きある投球術が印象に残った田沢のメジャー初勝利 ブチ切れフィルダーが試合後に起こした騒動

    JBP184 飲酒騒動のハミルトンが謝罪 落ち着きある投球術が印象に残った田沢のメジャー初勝利 ブチ切れフィルダーが試合後に起こした騒動

    JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 184



    By 藤原大湖&仲野博文(収録 2009年8月12日)



    * イーストコースト・ベースボール・フリークス」収録144回目

    * ドラッグ中毒とアルコール依存症を克服したと思われていたテキサス・レンジャーズのジョッシュ・ハミルトン選手、今年1月にアリゾナ州で友人と飲酒していたことが判明。ハミルトン選手は家族やファンに謝罪のコメントを発表。

    * ボストン・レッドソックスの田沢純一投手が11日の対デトロイト・タイガース戦でメジャー初先発し、5回3失点で勝利投手に。7日に3Aから緊急昇格し、その日に行われたニューヨーク・ヤンキースとの試合では延長14回にメジャー初登板をはたした田沢投手。11日の試合では乱闘劇などのハプニングも発生する中で、3回からは落ち着きを取り戻して好投を見せた田沢投手は注目度大です。

    * 7日の試合では延長15回にアレックス・ロドリゲス選手にサヨナラ2ランを浴びて敗戦投手となってしまった田沢投手。しかし、ボストンレッドソックスの歴史の中で延長時にメジャー初登板をした投手は田沢投手を含めて2人しかおらず、これはやはり首脳陣の期待のあらわれ?

    * 11日の試合ではレッドソックスのケビン・ユーキリス選手のヘルメット投げ(これが、なんとなく可愛らしいんです)とタックルが話題になりましたが、その約1週間前に行われたロサンゼルス・ドジャーズとミルウォーキー・ブリュワーズの試合では、デッドボールを受けたブリュワーズのプリンス・フィルダー選手が怒りのおさまらない状態で、試合後にドジャーズのクラブハウスに殴りこみに行く一幕も。

    * 今週の成績上位者チェック

    * ベースボール・フリークス・カレンダー:今週中にもヒューストン・アストロズの松井稼頭央選手が日米通算2000本安打を達成か?

    * 今週の音楽:ニューヨークのロックバンド The Bathtub Marys で「Stop and Start」。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems

    * JBP184.mp3

    • 40 min
    JBP183 オルティスの名前まで浮上したドーピング騒動 マニーとビッグ・パピの大活躍はクスリのおかげ? トレードの勝ち組はフィリーズか?

    JBP183 オルティスの名前まで浮上したドーピング騒動 マニーとビッグ・パピの大活躍はクスリのおかげ? トレードの勝ち組はフィリーズか?

    JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 183



    By 藤原大湖&仲野博文(収録 2009年8月5日)



    * 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」収録143回目

    * 今年初の甲子園球場での野球観戦をアメリカ人の友人と堪能したヒロ。タイガースはジャイアンツに勝利。球場の雰囲気にあらためて感動!アメリカの友人は球場で食べるお寿司にえらく感動したようで、試合中も食べ物の話ばかりでした…(笑)。

    * 「あなただけはと信じていたのに…」と、多くのレッドソックス・ファンを失望させたニュースが。ボストン・レッドソックスのデービッド・オルティス選手が2003年に実施されたドーピング検査で陽性反応だったとニューヨーク紙。また、禁止薬物使用で今シーズン序盤に50試合の出場停止処分を受けたマニー・ラミレス選手も2003年の検査で陽性だったとの報道。

    * ミッキー・マントルとロジャー・マリスの現代版とも言われたオルティスとラミレスの2人がレッドソックス時代(2003年から2007年)で打ったホームランは実に380本以上。クスリの力だったのでしょうか?そして、2003年から2007年までの間にアメリカンリーグで最も多くのホームランを記録した3人の選手が現在ドーピング疑惑の渦中にいるというショッキングな現実。

    * トレード・デッドラインも終了し、効果的な補強をしたチームもいくつかあるようです。フィラデルフィア・フィリーズやセントルイス・カージナルスは、補強によってチームの勢いをさらにつけて終盤戦を戦い抜く模様。レッドソックスはついにバリテックの後継者となりうるキャッチャーを獲得!

    * 今週の成績上位者チェック

    * ベースボール・フリークス・カレンダー:今週木曜日からレッドソックスは首位奪還をかけてブロンクスでヤンキースと4連戦。来週月曜日からはサンフランシスコでジャイアンツとドジャーズの3連戦も。

    * 今週の音楽:ボストンのポップロックバンドScamperで「Sophie」。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems

    * JBP183.mp3

    • 45 min

Customer Reviews

5.0 out of 5
2 Ratings

2 Ratings

OKAJI NIPPON-ICHI ,

130 Pitches of Lester

I watched it, no-no of Lester, at Fenway Park. It is my first time to watch no-no at Baseball Park. My friend who came from Japan and I were very excited and happy.
Tomorrow I will go to Fenway to watch Dice-K. I expect that I can watch consecutive no-no. Hey Dice-K, I believe you!!

Top Podcasts In Sports

Listeners Also Subscribed To