31 episodes

このラジオは少し変わった経歴の料理人兄弟がたべものの知られざる世界を
ちょっと変わった視点から学んでいく食のエンタメラジオ番組です。
【毎週火曜・金曜更新】

兄:武藤太郎 弟:武藤拓郎
店:掛茶料理むとう

食を面白く学ぶたべものラジオ(たべものRADIO‪)‬ たべものRADIO

    • Arts
    • 5.0 • 1 Rating

このラジオは少し変わった経歴の料理人兄弟がたべものの知られざる世界を
ちょっと変わった視点から学んでいく食のエンタメラジオ番組です。
【毎週火曜・金曜更新】

兄:武藤太郎 弟:武藤拓郎
店:掛茶料理むとう

    #28(s4-6)【お米が変えた○○】生活、人口、文化、通貨、日本史(たべものラジオ)

    #28(s4-6)【お米が変えた○○】生活、人口、文化、通貨、日本史(たべものラジオ)

    ずーーーーーーーーーーーーーーっっっっっと長い間お米作りをしてきた日本人。

    その結果、お米があったからこそ成り立った過去や、今の日本が見えてきた。





    日本を支えてきたのはお米だったよね。きっと。

    • 37 min
    #27(s4-5)【お米の調理法】日本人は5000年間米の食べ方を開発し続けている特殊な民族!!(たべものラジオ)

    #27(s4-5)【お米の調理法】日本人は5000年間米の食べ方を開発し続けている特殊な民族!!(たべものラジオ)

    日本人は数千年間ずっとお米を食べ続けてきました。

    縄文弥生時代から始まり、今も残る食べ方や道具による米文化の変遷を話していきます!



    はじめちょろちょろなかぱっぱ。

    あの呪文は羽釜の○○が変わったからできた調理法だった!

    • 40 min
    #26(s4-4)【水の国、日本の奇跡と軌跡】なぜ日本人はお米を選んだのか?(たべものラジオ)

    #26(s4-4)【水の国、日本の奇跡と軌跡】なぜ日本人はお米を選んだのか?(たべものラジオ)

    陸稲(りくとう)と水稲(すいとう)



    水田は元気玉のおかげで・・・・



    そして水田と町の広がりは密接な関係があった・・・のだろうか?

    • 27 min
    #25(s4-3)【お米の植物学】お米は突然変異!一体どうやってお米となった?植物面からみるお米と日本文化。(たべものラジオ)

    #25(s4-3)【お米の植物学】お米は突然変異!一体どうやってお米となった?植物面からみるお米と日本文化。(たべものラジオ)

    いつもと視点を少しずらして植物としてのお米を見ていきます!



    時は3万年前!?

    日本への米伝来のお話と

    お米を作るために集団化していく話が中心となりました!

    • 34 min
    #24(s4-2)【お米の栄養学】江戸では糠が重要。炭水化物は敵なのか?糖質抜きダイエットの危険性。(たべものラジオ)

    #24(s4-2)【お米の栄養学】江戸では糠が重要。炭水化物は敵なのか?糖質抜きダイエットの危険性。(たべものラジオ)

    江戸の魚が有名なのは米ぬかが関係あった!

    玄米と精製米の栄養の違いから、うわさの糖質抜きダイエットについて、日本人と外国人の体質の違いや栄養素の働きについて掘り下げています!



    ご意見、ご感想はTwitter「たべものラジオ@公式」までお願いいたします!

    • 38 min
    #23(s4-1)日本の文化を作ったお米!(江戸で寿司が流行るまでの流れも解説)

    #23(s4-1)日本の文化を作ったお米!(江戸で寿司が流行るまでの流れも解説)

    (※冒頭のファイルが一部破損していました。修正しました。)



    今回は現代のお茶業事情を話しました!



    いつものたべものラジオと比べると随分と異色の回になりました。



    前半は深蒸し茶がなぜできたのか、なぜペットボトルのお茶に深蒸し茶が使われるのかなど。



    後半はお茶の取り組み、お茶の原理原則、そして掛川で制定された日本初「緑茶で乾杯条例」の誕生裏話などなど盛りだくさんです。



    最終回は盛りだくさんですが、今までと毛色が違うお話が多いのでおっかなびっくりで配信していますが

    最後までお聞きいただければ幸いです。



    お茶シリーズ最終話をお楽しみください。

    • 42 min

Customer Reviews

5.0 out of 5
1 Rating

1 Rating

Top Podcasts In Arts

You Might Also Like