111 episodes

『必ずものになる話すための英文法 STEP 7 [上級編]』は「英文法を知っているだけでなく、使い切るようにする」という黄金のメソッドを実践する本シリーズの最終巻です。「超入門編」「入門編」「初級編」「中級編」とステップアップしてきた学習者だけでなく、中上級レベルの総仕上げの一冊としても最適です。この最終巻では、やや高度な使役動詞、感覚動詞、未来表現、動名詞、強調表現、分詞構文、仮定法などの文法事項もしっかりと使いこなせるようになります。本ポッドキャストでは書籍に収録された英語例文の全音声を配信しています。

必ずものになる話すための英文法 STEP 7 [上級編] 研究社

    • Language Learning

『必ずものになる話すための英文法 STEP 7 [上級編]』は「英文法を知っているだけでなく、使い切るようにする」という黄金のメソッドを実践する本シリーズの最終巻です。「超入門編」「入門編」「初級編」「中級編」とステップアップしてきた学習者だけでなく、中上級レベルの総仕上げの一冊としても最適です。この最終巻では、やや高度な使役動詞、感覚動詞、未来表現、動名詞、強調表現、分詞構文、仮定法などの文法事項もしっかりと使いこなせるようになります。本ポッドキャストでは書籍に収録された英語例文の全音声を配信しています。

    111 Review Section

    111 Review Section

    Review Section

    • 11 min
    110 【110】if not...「…しないまでも」

    110 【110】if not...「…しないまでも」

    【110】if not...「…しないまでも」

    • 49 sec
    109 【109】現在の事実の反対を述べる場合と、過去の事実の反対を述べる場合の Without...,「もし…がなかったら」

    109 【109】現在の事実の反対を述べる場合と、過去の事実の反対を述べる場合の Without...,「もし…がなかったら」

    【109】現在の事実の反対を述べる場合と、過去の事実の反対を述べる場合の Without...,「もし…がなかったら」

    • 41 sec
    108 【108】条件節も帰結節も過去の事実の反対の内容を述べる If + 主語 + 過去完了..., 主語 + 助動詞 + have + 過去分詞... 「もし…であったら…だったでしょう[できたでしょう]」

    108 【108】条件節も帰結節も過去の事実の反対の内容を述べる If + 主語 + 過去完了..., 主語 + 助動詞 + have + 過去分詞... 「もし…であったら…だったでしょう[できたでしょう]」

    【108】条件節も帰結節も過去の事実の反対の内容を述べる If + 主語 + 過去完了..., 主語 + 助動詞 + have + 過去分詞... 「もし…であったら…だったでしょう[できたでしょう]」

    • 51 sec
    107 【107】仮定の意味を含んだ would「~だったら…でしょう」

    107 【107】仮定の意味を含んだ would「~だったら…でしょう」

    【107】仮定の意味を含んだ would「~だったら…でしょう」

    • 35 sec
    106 【106】現在の事実の反対の内容を述べる If + 主語 + were..., 「もし…であったら」

    106 【106】現在の事実の反対の内容を述べる If + 主語 + were..., 「もし…であったら」

    【106】現在の事実の反対の内容を述べる If + 主語 + were..., 「もし…であったら」

    • 43 sec

Top Podcasts In Language Learning

Listeners Also Subscribed To